おすすめVOD

ビデオマーケットの無料期間や特徴を解説!新作の配信が早いVOD

ビデオマーケット

ビデオマーケットは、株式会社ビデオマーケットが運営するVODサービスです。

このページではビデオマーケットの特徴やおすすめポイント、デメリットについて詳しく解説します。

無料でアニメを観るための注意点についてもわかりやすくご説明しますので、ビデオマーケットが気になっている方は、ぜひご覧ください。

ビデオマーケットの基本情報

まずはビデオマーケットの基本情報を以下の表に整理しました。

ビデオマーケットの基本情報
利用者数 約700万人
コンテンツ数 20万本以上
サービス開始日 2014年1月
取扱いジャンル 海外映画・ドラマ、国内映画・ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー など
月額費用 500円(ポイント制)
980円(ポイント制+見放題)
支払方法 クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)
キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)
無料期間 1ヶ月
付帯サービス 特になし
視聴方法 可(Fire TV Stick、Amazon Fire TV、Chromecast、Android TV、Nexus Player)
パソコン:可
スマホ:可(iOS、Android)
ダウンロード 不可

ビデオマーケットは、20万作品以上の多彩なラインナップが魅力のVODサービスです。

特に国内ドラマ・アニメジャンルが強く、NHKや民放からアニメの提供も受けているため、最短で地上波で放送された翌日には最新アニメを楽しむことができます。

他のVODサービスのように見放題ベースではなく、ポイント購入制がベースとなっておりそこに見放題プランを加えるか選ぶというシステムも特徴的です。

ビデオマーケットの運営会社

ビデオマーケットの運営会社
社名 株式会社ビデオマーケット
設立 2005年6月
本社 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7階
資本金 9,000万円
代表者 高橋利樹
従業員数 131名

ビデオマーケットを運営する株式会社ビデオマーケットは「music.jp」などのサイト運営で知られるMTIの関連会社。

2005年に世界初の携帯電話向け長尺ストリーミングサービスを開始するなど、かなり早い段階からVODサービスに参入してきた企業です。

株式会社ビデオマーケットは、他に「minto」や「デジタルスクリーン」といったVODサービスも運営しています。

ビデオマーケットの主な特徴

おすすめポイント

  • 作品数が豊富で、特に国内作品が充実
  • 画質の選択が可能
  • 会員種別が2種類から選択可能

ビデオマーケットの最も魅力的な点は、コンテンツ数が20万本以上と非常に豊富なことです。

特に国内作品の映画・ドラマ・アニメなどが充実していて、地上波放送の番組は最短で放送翌日、映画は劇場公開から半年以内の最新作も配信されています。

「デジタル先行配信」といって劇場公開終了後・DVDやBD発売前の映画も配信されているので、劇場では見逃したけれどDVDの発売まで待てない!といったニーズにも対応しています。

画質の選択が可能

ビデオマーケットの配信作品は、視聴時に「標準画質」と「高画質」から選ぶことができます。

そのため、映像の色彩や臨場感を楽しみたい時は高画質で、回線が不安定な時は標準画質でなど、自分の都合に合わせて柔軟に楽しむことができます。

パソコンで視聴する場合は、視聴中にも画質を簡単に切り替えられます。

会員種別が2種類から選択可能

基本情報の項目でもご紹介した通り、ビデオマーケットはには月額コースが2種類あり、視聴スタイルに合わせて選ぶことができます。

まず1つ目は、月額500円でPPV作品に使えるポイントが540ポイント付与され、それを使って見たい作品を購入するプレミアムコースです。

2時間ほどの映画が1本324〜432ポイント、30分ほどのアニメが1話108〜216ポイントになっていることが多いので、月額料金内では映画なら1本、アニメなら2〜5話ほど見られる計算です。

少ないようにも思えますが、劇場公開から間もない映画も432ポイントで配信されていることを考えると、映画館へ足を運ぶよりビデオマーケットで見た方がお得とも考えられるのではないでしょうか。

付与される以上のポイントは、その都度追加料金で購入して使うことができます。

月額980円のプレミアム+見放題コースでは、月に540ポイント付与されるのはプレミアムコースと同じですが、2万本以上の無料作品が見放題になります。

無料作品の中には、旧作映画をはじめ地上波で放映されたアニメやドラマの見逃し配信も含まれるので、それだけでも十分楽しむことができます。

注意点・デメリット

  • PPV1作品ごとの必要ポイントが高め
  • 見放題作品が少ない
  • オフライン再生ができない
  • テレビが推奨端末に入っていない

ビデオマーケットでは、最新映画の多くが432ポイントで配信されています。

これは現金に換算すると400円相当ですが、他のVODサービスでは同じ作品でも200〜300円相当のポイントで視聴できるケースもあるため、ビデオマーケットは少し割高な価格設定です。

また、月額料金分を超えるポイントはその都度購入して使用することになるため、見たいPPV作品が多いといつの間にか月額料金が嵩んでしまうということも考えられます。

見放題作品が少ない

ビデオマーケットで配信している見放題作品は、約25,000本です。

これは他のVODサービスの見放題作品の数(Hulu40,000本、U-NEXT80,000本)と比べると少ないため、見放題作品に期待して契約するとがっかりするかもしれません。

ビデオマーケットはPPVポイントを使う前提で、最新作を楽しむ目的で契約した方が楽しめるでしょう。

オフライン再生ができない

ビデオマーケットは、オフライン再生に対応していません。

そのためビデオマーケットを視聴するときには、常にある程度安定したインターネット接続が必要です。

画質の選択によってある程度データを軽くすることはできますが、回線が不安定だったり速度制限されている場合などは快適に視聴できない場合も出てくるでしょう。

テレビが推奨端末に入っていない

ビデオマーケットは、Fire Stickなどの専用機器があればテレビでも視聴可能です。

しかし、テレビはビデオマーケット公式ページの推奨機器には含まれていないため、アップデートなどにより見られなくなる可能性があります。

ビデオマーケットの申込方法

ビデオマーケットの申し込みは、「初月¥0プレミアムコース」または「初月¥0プレミアム&見放題コース」から始めます。

ビデオマーケットのトップページ

どちらを選ぶかにより、トライアルできるコース内容が違うため注意しましょう。

コース選択画面

また、無料期間終了後に手続きをしないでいると、このとき選択したコースに自動で加入されます。

コースを選んだら、次のページで個人情報を入力します。

個人情報の入力画面

必要なのは、メールアドレス・パスワード・決済方法です。

次のページでコース内容・入力内容の確認があるため、問題なければ「利用規約に同意して進む」を押します。

入力内容の確認画面

次のページで、無料期間についての説明があります。

キャンペーンに関する注意書き

よく読んで「次へ」を押しましょう。

支払い方法の選択画面

最後に支払い情報を入力し、下の「登録する」ボタンを押して申し込み完了です。

最終の登録画面

無料期間についての注意点

しかめっ面でパソコンを眺める女性

ビデオマーケットの月額料金は、毎月1日に加算されます。

そのため、初月無料期間をお得に楽しむためにはなるべく月初に契約をするのがおすすめです。

また、無料期間内に解約手続きをしないと、月が変わった時点でそのまま有料期間に移行します。

有料期間が始まってすぐに解約手続きをしても、料金は日割り計算にはならないため注意しましょう。

ただし、有料期間・無料期間問わず、月の途中で解約してもその月の末まではサービス利用可能、付与されたポイントも180日間は利用可能です。

解約に必要な手続き

ビデオマーケットの解約は、ウェブ版のビデオマーケットを開いて行います。

画面右上の「マイページ」を選択し、自分のアカウントを開きます。

画面右側に「ユーザーメニュー」というボタンが現れるため、そちらを開きましょう。

自分の契約しているコース欄に「登録解除」ボタンがあるため、そちらを選びます。

次のページで登録解除ページに飛ぶため、利用規約を読んで「利用規約に同意して解除」ボタンを押します。

これで解約は完了です。

ビデオマーケットはこんな人におすすめ

スーツ姿でアニメを見ている痩せた男性

ビデオマーケットは、最新の映画やアニメをどこよりも早く楽しみたいという方におすすめです。

他社のVODサービスから頭一つ出た豊富なコンテンツ数と、非常に早い配信スピードがビデオマーケットの強みです。

少しPPVポイントが割高な部分もありますが、映画館で見たりDVDを購入するよりはお得なため、最新アニメや映画を楽しみたい方にはビデオマーケットがおすすめです。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。