人気声優の魅力

実力派声優・関智一の魅力を解説!主な出演作を無料で見る方法

関智一

実力派人気声優、関智一の代表作と言えばあなたはどんな作品が思い浮かびますか?

多くの主役級キャラクターを演じている彼だからこそ、思い当たる作品も多い傾向にあるのではないでしょうか?

こちらではそんな声優:関智一のプロフィールや魅力、出演した代表作に関して詳しくご紹介します。

高い演技力を誇り第一線で活躍し続ける彼の魅力を、ぜひこちらのページから感じ取ってみてください。

関智一のプロフィール

関智一は1972年9月8日生まれで、東京都出身の声優。

1991年に声優としてデビューし、1993年には初めてレギュラー役を獲得、着実に知名度と実力を高めていきました。

2000年から現在までアトミックモンキーに所属していますが、声優としての活動に留まらず舞台俳優や漫画原作者、歌手としての側面もあり多彩な人柄が見受けられるのではないでしょうか。

さらに、イベントで共演し出演した作品の関係もあり、落語家である立川志ら乃に弟子入りし、落語家としての実力も磨いている関智一。

彼が落語家として噺す姿が公式Twitterから覗けますので、彼の近況と併せてその貫禄ある姿をチェックしてみてはいかがでしょうか。

男らしい雄叫びが魅力

そんな多彩な活動を続ける関智一ですが、彼の魅力と言えば男らしくかっこ良い雄叫びを上げるシーンではないでしょうか。

悪役を演じることもあれば、キワモノ扱いされる役柄を演じることもある関智一ですが、自在性のある高い演技力と併せて、力強さを感じさせる声質は彼の代表的な魅力と言えるでしょう。

声優としての知名度を上げた役柄も男らしい役柄であり、彼の力強い演技には根強いファンが多く見受けられるのではないでしょうか。

出演した代表作については後述致しますが、彼の魅力的な声質を備えた上で出演作をチェックしてみてください。

関智一が出演した代表作

それではここから具体的に、関智一が出演した代表作についてご紹介します。

彼の男らしい雄叫びが楽しめる作品はもちろんのこと、クールな役柄から非常に特徴的なキャラクターなど、高い演技力が光る作品をピックアップしました。

ストーリー展開も思わず釘付けになってしまう作品ばかりですので、未視聴のアニメがありましたらぜひ見てみてください。

機動武闘伝Gガンダム

機動武闘伝Gガンダムは1994年から放送されたアニメで、香港をモデルとしたネオ・ホンコンを舞台に繰り広げられるガンダムの熱い戦いが魅力的な作品。

それまで放送されていたガンダム作品とは一線を画し、泥臭いバトル展開がメインとなっていて当時の流行も垣間見える作品と言えるのではないでしょうか。

そんな機動武闘伝Gガンダムで、関智一は主人公のドモン・カッシュを演じています。

関智一の出世作である作品

関智一の出世作とも言える作品ですが、CVを担当しているドモンは極度の熱血漢。

バトルで苦境に立たされたとしても気合と根性で何度でも立ち上がり、相対する敵に立ち向かっていくキャラクターです。

関智一の魅力的な雄叫びも作中で何度も堪能できますし、彼のことを詳しく知りたいと考えている方には最初におすすめしたい作品と言えるでしょう。

ドモンと必殺技がとにかくかっこ良い

そんな当作品で特に見どころとして注目していただきたいのが、ドモンと彼が搭乗するガンダムのかっこ良さです。

特に男性ウケが強い作品と言えるかもしれませんが、白熱するバトル展開が多いことから、ドモンの男らしい性格とめげない気質が非常に目立ちます。

また、戦いを繰り返すほどに彼自身も彼が搭乗するガンダムもパワーアップしていき、途中で操縦するガンダムが変わる点も魅力的な要素と言えるでしょう。

さらに、ガンダムシリーズのなかでも希少な部類に入ると思いますが、Gガンダムは必殺技をドモンがはっきりと口にする点も惹き込まれる要素と言えるのではないでしょうか。

ガンダムシリーズで有名な作品は数多くありますが、ガンダムシリーズのなかでもっとも有名な必殺技と言っても過言ではない技が当作品で披露されます。

中盤までドモンはシャイニングガンダムというモビルファイターに搭乗しガンダムバトルを繰り返しますが、シャイニングフィンガーという必殺技を披露。

「俺のこの手が光って唸る、お前を倒せと輝き叫ぶ!」

とドモンが前口上を発してから発動されますので、厨二心がくすぐられること間違いありません。

物語後半からはシャイニングガンダムではなくゴッドガンダムという後継機を操縦する形になりますが、シャイニングフィンガーをより強化した必殺技・ゴッドフィンガーを操ります。

「俺のこの手が真っ赤に燃える、勝利を掴めと轟き叫ぶ!」

とシャイニングフィンガーとは違うセリフから燃え盛るゴッドガンダムの手刀を敵に突き刺し、「ヒートエンド」の雄叫びと同時に敵を爆砕して葬り去ります。

シャイニングフィンガーとゴッドフィンガー以外にもかっこ良い必殺技は多く見受けられますが、Gガンダムと言えばこちらの必殺技がとにかく思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

関智一の雄叫びが多く楽しめる名作

必殺技を放つ関智一の雄叫びも非常に聞いていて胸を熱くしてくれて、ロボット作品に関係なくバトル作品が好きな方にはおすすめできる作品と言えるでしょう。

彼の代表作として恥じない魅力が数多く見受けられる名作ですので、ぜひ関智一演じるドモンの活躍を目にし、作中を彩る必殺技に魅了されてください。

はじめの一歩

はじめの一歩は2000年から放送されたアニメで、ボクシングを題材とした本格的な試合展開が魅力的な作品。

原作も既刊100冊を超える長大作となっていて、長年多くのファンに愛され続けている少年漫画と言えるのではないでしょうか。

そんな当作品において、関智一は主人公:幕之内一歩のライバルである宮田一郎を演じています。

クールで口数が少なめなキャラクター

力強く男らしいキャラクターを演じ、力強い雄叫びが1つの魅力となっている関智一ですが、宮田はそんな彼の印象とは正反対にあるようなキャラクター。

ボクシングという血と汗が飛び交う格闘技において、女性ファンを多く作るほどの甘いルックスとクールな言動が目立つ男性です。

口数は決して多い方ではありませんが、関智一の幅広い役柄を演じ切る特徴が覗けるキャスティングと言えるのではないでしょうか。

見どころは二期の序盤

見どころとして特におすすめしたいのが、関智一演じる宮田が東洋太平洋チャンピオンに挑む二期の序盤。

試合中でありながら対戦相手が宮田の姿を見失うほどの軽快なフットワークと鋭い攻撃で、序盤から東洋太平洋チャンピオンを圧倒する宮田。

彼の十八番とも呼べるクロスカウンターを繰り出し試合を決定づけようとしますが、東洋太平洋チャンピオンがそうやすやすと敗れるはずもありません。

ブラッディクロスと呼ばれる、宮田のクロスカウンターを封じる奇策を用意し、試合展開は一転して宮田が窮地に陥ります。

劣勢に追い込まれた宮田ですが、土壇場でブラッディクロスを封じる新しい技:ジョルトカウンターを生み出し、見事東洋太平洋チャンピオンの座を奪取します。

クールな宮田が感情をむき出しにし、力強く相手をリングに叩きのめす姿は見ていて圧巻と言えますし、試合終了後のガッツポーズも非常に絵になると言えるでしょう。

数少ない宮田の試合はファン必見

主人公のライバルであり、序盤に一度挫折を味わったことから武者修行をしている期間が長く、宮田が試合をするシーンは作中でそこまで多くはありません。

二期の序盤は数少ない宮田がメインとなる試合展開が楽しめますので、関智一ファンなら必見のストーリー展開と言えるのではないでしょうか。

ボクシングに詳しくなくても思わず見入ってしまう魅力的なアニメである当作品。

関智一演じる宮田の試合に影響を受けて、ストーリーを網羅して見ても充分に楽しめるのではないでしょうか。

STEINS;GATE

STEINS;GATEは2011年から放送されたアニメで、作中に散りばめられた伏線を回収していく流れがとにかく見事な作品。

2018年9月執筆現在、二期が放送中で多くのファンが楽しんでいる人気アニメと言えるのではないでしょうか。

そんな当作品において、関智一は橋田至のCVを担当。

関智一が演じているとは思えないダルの声

ダルというあだ名で主人公である岡部倫太郎に呼ばれている太った男性ですが、ダルの声を聞くと多くの方が

「これ、本当に関智一が演じてるの!?」と感じるのではないでしょうか?

ダルは太った外見に見合う曇った声をしていて、多くの方が想像する「太っている人」の声質をそのまま発しているようなキャラクター。

相撲取りの話し方と言えば、作品を見ていない方でも想像できるのではないでしょうか。

男らしくかっこ良い声質を誇る関智一らしい声質は影を潜め、彼が演じているとはすぐに気付けない方が多くても無理はないでしょう。

しかし、ダルのような声で演技をする点も関智一の1つの魅力と言えるのではないでしょうか。

当作品以外にも、関智一が演じているキャラクターのなかには、彼の声質とは思えない役柄が多く見受けられます。

ドラえもんに登場する有名脇役、スネ夫などはその代表的な例と言えるでしょう。

二期でも関智一の高い演技力が楽しめる

関智一の高い演技力が当作品でも非常に楽しめますし、二期でもダルがメインとなり、未来における自身の娘と邂逅するシーンも関智一ファンなら必見の内容だと思います。

彼の男らしいだけではない、高い演技力を楽しみたいという方は作品の素晴らしいストーリー展開と併せてダルの発言にも注目してみてください。

あわせて読みたい
STEINS;GATE
STEINS;GATEを無料で見る方法!ストーリーや見どころを解説このページはアニメ「STEINS;GATE」の見どころについてまとめています。作者やメインキャストの声優まで解説。パソコンやスマホで無料で見るための方法もご説明。「STEINS;GATE」のことが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中は2016年から放送されたアニメで、作中における有名落語家の半生と、その落語家に弟子入りし落語家としてステップアップしていく青年の成長を描いた作品。

関智一が落語家:立川志ら乃に弟子入りするきっかけにもなった作品と言えるのではないでしょうか。

そんな当作品において、関智一は主人公の与太郎を演じています。

主人公なのに一期の出番は少なめ

関智一の演技を楽しみたい方でしたら、第一期の内容は少し物足りなく感じられるかもしれません。

というのも、一期の大部分は与太郎が弟子入りする落語の師匠である、八代目八雲の半生を描いたストーリー展開が織りなされます。

しかし、石田彰山寺宏一が本格的な落語を披露する点が非常に見どころとして挙げられますし、落語に興味がない方でも落語を聞きに行ってみたいと思える魅力があるのではないでしょうか。

ただ、関智一演じる与太郎の活躍を楽しみたい方は、二期からの放送分をメインに考えたほうが良いでしょう。

一期から見たほうが作品自体を楽しめますので、二期からではなく最初から作品を楽しむことをおすすめしますが、一期とは打って変わって二期では与太郎の活躍が非常に多くなります。

与太郎が成長していく姿を絶妙に表現

元チンピラで刑務所に服役していた経験のある与太郎が、刑務所内で耳にした落語に感銘を受けその噺家である八雲の元に弟子入り。

彼に少しずつ落語を教わることになるのですが、作品を見ているだけで与太郎が着実に落語家として成長していく姿が楽しめるのは、当作品特有の魅力と言えるのではないでしょうか。

関智一が絶妙な演技でその成長まで表現し尽くしているとしか思えないほどに、落語家として噺をするのが回を重ねるごとに上手くなっているように感じるのです。

実際に関智一自身が落語家として弟子入りしている関係から、彼自身の噺家としての実力が同時期に成長していた可能性も否めませんが、個人的には彼の高い演技力によるテクニックだと思います。

落語という珍しい題材でありながら、多くのアニメファンを虜にして高い評価を集めた当作品。

一期で石田彰や山寺宏一が織りなすストーリー展開と落語を楽しみながら、与太郎がメインとなる二期を心待ちにしてみてはいかがでしょうか?

年齢層問わず、思わず落語を聞きに行ってみたくなりますよ。

VODで関智一の出演作を見よう

「Gガンダムとか懐かしい!また見たくなってきた」

「昭和元禄落語心中って話題になったよね?今でも見られるかな?」

ご紹介いたしました関智一の出演作で、見てみたい作品がありましたらぜひVODサービスを利用してみてください。

Amazonプライムビデオやdアニメストアを利用すれば、彼の出演作がいつでもどこでも楽しめます。

無料期間なら見たいアニメが無料で見放題。

スマホやタブレットでたくさんのアニメが楽しめるVODを利用して、関智一の活躍を堪能してみてください。

ABOUT ME
8110
8110
アニメやゲーム、ライトノベルが大好きなライター。将来は犬や猫をたくさん飼って、ペットと遊びまくる毎日を夢見ています。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。