アニメ見どころ

ローゼンメイデンのアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説

ローゼンメイデン

ローゼンメイデンは2004年10月〜12月までTBSで放送されたアニメです。

原作は幻冬舎コミックスから出版された同名のコミックで、作者はPEACH-PIT。

今作は製作会社ノーマッドの初出作品でもあります。

放送は当初1クールでしたが、第二期が2005年10月〜12月に、特別編が2006年12月に放送されました。

その後も新アニメ版と題し2013年7月から放送されています。

ローゼンメイデンという生きたドール達が活躍する話ですが、このドール達が皆とても魅力的で、当時の2chではAAがたくさん創られていました。

またアニメ内のBGMもマッチしており、シリアスな時に流れる曲は妖しげな雰囲気があります。

このページでは、そんな「ローゼンメイデン」のあらすじや、原作コミックとの違いについて詳しく解説していきます。

またテレビ放映を見逃してしまった方に向けて、無料で見る方法もご紹介。

「ローゼンメイデン」が好きな方、気になっていた方、ぜひチェックしてみてくださいね。

ローゼンメイデンのあらすじ

主人公桜田ジュンは、学校でおきたとある事件により不登校に。

ひきこもりになってしまったジュンの趣味は、通販サイトで買った怪しげな商品を期限ギリギリでクーリングオフするのが大好きという、ちょっとだけ罰当たりな子であった。

そんな生活を続けるある日、手紙が届き、その手紙には「まきますか? まきませんか?」と書かれていた・・・

ローゼンメイデンの作者

原作コミック「ローゼンメイデン」の作者は、PEACH-PIT。

女性二人組の漫画家でPEACH-PITは共同のペンネーム。

今作では第二期より監修に参加している。

デビュー当初はブロッコリー原作のコミカライズを担当。

後にオリジナル作品DearSを連載し、ローゼンメイデンと同時期にアニメ化されている。

その後に今作の連載を開始しこちらもアニメ化され、その後も続編が作られ、ゲーム化もされた。

なお今作は当初、幻冬舎から刊行されていたが、2007年7月に一旦連載が終了されている。

その後に週間ヤングジャンプにて続編を連載するが、こちらの方は別の世界線の話になり、
ストーリー的には分岐した物語となりアニメ版とはつながっていない。

こちらも2013年にアニメ化されている。

メインキャスト(桜田家)

桜田 ジュン(さくらだじゅん)

CV:真田アサミ

この物語の主人公の繊細な少年。

学校でおきた晒し上げにより不登校になった少年。

引き篭もりのせいか性格はひねくれており、趣味がクーリングオフという、根暗な趣味をもつ。

作中で姉に強く当たるなど、癇癪持ちな部分が見られるが、今の自分の境遇に思うところがある様で、真紅に図星を指され、反論することもある。

真紅のミーディアム。

桜田 のり(さくらだのり)

CV:ゆきのさつき

ジュンの姉。ジュンのことを一番に考えており、たびたび更生させようとするが、押しが弱く何時も言い返されている。

しかし真紅を見ても平然としているなど、弱気なように見えて根が強い性格をしている。

メインキャスト(ローゼンメイデン)

水銀燈(すいぎんとう)

CV:田中理恵

ローゼンメイデンの第1ドール。

好戦的な性格であり、特に真紅に対し憎悪を燃やす。

サディスティックな一面が目立つが、何らかの目的意識を持つ。

人工精霊はメイメイ。

金糸雀(かなりあ)

CV:志村由美

ローゼンメイデンの第2ドール。

自らを頭脳派と称する、自信家。

しかしながら、知性より腕力が物をいう姉妹達の間で、尊重されることはない。

人工精霊はピチカート。

翠星石(すいせいせき)

CV:桑谷夏子

ローゼンメイデンの第3ドール。

蒼星石とは双子の姉であり、かなり特徴的な喋り方をしている。

見た目から清純派を気取るときがあるが、腹黒いところがあり、毒舌家。

人工精霊はスィドリーム。

蒼星石(そうせいせき)

CV:森永理科

ローゼンメイデンの第4ドール。

翠星石とは双子の妹であり、戦うことを肯定している。

見た目が男装した麗人であり、性格も姉とは違い、王子様然としている。

人工精霊はレンピカ。

真紅(しんく)

CV:沢城みゆき

ローゼンメイデンの第5ドール。

姉妹の中では雛苺の次に新しいドールだが、尊大な性格。

ジュンと契約を交わし下僕扱いをするが、ときおり諭すなど、気にかけている。

人工精霊はホーリエ。

あわせて読みたい
沢城みゆき
人気声優・沢城みゆきの魅力を解説!出演作を無料で見る方法このページでは人気声優・沢城みゆきの詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、沢城みゆきファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

雛苺(ひないちご)

CV:野川さくら

ローゼンメイデンの第6ドール。

姉妹の中では後に産まれたほうで、容姿が最も幼い。

甘えん坊であり、やや幼稚なところがある。

うにゅーなる食べ物が好き。

人工精霊はベリーベル。

ローゼンメイデンの見どころ

原作コミックとテレビアニメ版の違い

今作のアニメ化においては、原作から改変がなされた所が多く存在します。

ノーマッドにとって初の自社アニメだったことを加味しても、納得するのは難しいです。

もっとも原作が連載途中であったことで、四苦八苦した場面もあるかと思いますが、一部キャラクターの設定を変更したことは改悪と思われても仕方ないでしょう。

今回は紹介しませんでしたが、今作で批判があったせいか、新アニメ版では、キャラデザインを含め設定面でも原作よりに戻されています。

少し擁護するならば、原作とアニメが設定に食い違いを起こすことは、よくあることです。

1クールのアニメでは限られた話数の中で着地点を探さなければいけなかったり、逆に原作の進捗分を食ってしまい、オリジナルの話をいれて回を稼いだり、さらに酷い時は二週に一回の放送になったりもします。

これらのオリジナル要素がひどい時には叩かれることもありますが、よりよい方になることもあり、その時は賞賛されたりもします。

今作では、原作コミックの読者からの批判がありましたが、アニメから入った人からの批判は、そうなかったように記憶しています。

このような作品の見方として、アニメの原作を知っている方も、逆にアニメのコミカライズを読んだ方も、自分の中で別のストーリーだと考えたほうが、作品を楽しく見ることができます。

ひとつ蛇足になりますが、当時こちらの原作はいまほどの知名度は無かったと思います。

その知名度を引き上げることに貢献したことを考えれば、評価を一段上げても良い気がします。

今作においては、原作ファンからは改変された所が目に付きますが、その設定を活かして新たな魅力を見出すこともできるかとお思います。

今作を初めて見る方にも、ありのままにオススメできるアニメです。

アリスゲームについて

今作においてローゼンメイデン達が戦う理由となる、アリスゲームについて説明いたします。

作中で行われるアリスゲームですが、端的にいえばローゼンメイデン達の核となっている、ローザミスティカの争奪戦です。

無論のこと核となるローザミスティカがなくなれば、ただのドールになってしまいます。

では何故、姉妹同士で戦う必要があるのかというと、彼女らローゼンメイデン達が呼ぶ、「お父様」の影がちらつきます。

彼女達の製作者であるローゼンは偉大な錬金術師で哲学者だったそうです。

しかし彼はローゼンメイデンを作り上げた後に姿を消してしまいます。

その明確な意図は今作では明かにされませんが、彼女達は究極の少女、アリスになることで、お父様と再会が出来ると信じています。

なので好戦的なものは、そのままの意味で戦い、姉妹同士での戦いを憂慮する者たちは別の道を模索しています。

しかしながら作中で、アリスゲームに別の意義を見出している者もいて、一筋縄ではいきません。

作中ではアリスゲームをキーワードに展開が進みます。

その中において、彼女達は「お父様」と逢うことができるのか?

それは物語の結末で語られることになります。

ローゼンメイデンを無料で見る方法

ローゼンメイデンの放送は終了しておりますが、2013年には新たに新アニメ版が製作されるなど名作であることから、各種媒体で視聴することができます。

「名前は聞いたことあるけど見たことが無い」というときは、VODがおすすめ。

一部の動画サイトでアニメを観ることもできますが、違法アップロードされた動画は絶対に見ないようにしましょう。

Amazonプライムをはじめ、dアニメストアなら無料で見ることができますよ。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。