アニメ見どころ

境界のRINNEのアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説

境界のRINNE

境界のRINNEは2015年4月~9月に第1期、2016年4月~9月に第2期、2017年4月~9月に第3期がNHK他で放送されたアニメです。

原作は高橋留美子さんで小学館発行の少年サンデーで2009年から2017年まで連載されていました。

このページでは境界のRINNEのあらすじや見どころを多少のネタバレありでご紹介します。

アニメを見逃してしまった方のために無料で見られるVODもご紹介。

高橋留美子作品が好きな方、ラブコメディが好きな方、ファンタジー系が好きな方は是非チェックしてくださいね。

境界のRINNEのあらすじ

幼少期にあの世でもこの世でもない輪廻の輪と呼ばれる境界に迷い込んでから幽霊が見えるようになってしまった真宮桜。

真宮桜はある日、全く登校してこないクラスメイトの六道りんねが除霊をしているところに遭遇してしまいます。

桜がりんねに何をしてるのか問うとその答えは、六道りんねは死神であり、この世にさまよう霊を成仏させるのが仕事とのでした。

しかし、六道りんねは様々な事情からとても貧乏な生活を送っていて、除霊するために必要な道具を買うために桜にお金を借りる始末。

そんなことから始まった二人の出会いがとても大切な出会いとなり、様々な人と出会いながらドタバタな毎日を過ごしつつ、二人の仲が進展していくラブコメディ作品となっています。

境界のRINNEの原作者

原作者はあの有名な高橋留美子さんです。

高橋留美子さんは1978年から漫画家としてデビューされ、各年代ごとに大ヒットを記録されて来ました。

代表作は「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」などが有名ですね。

様々な賞も受賞されていて、2018年には漫画家の殿堂とも呼ばれるアメリカのアイズナー賞も受賞されました。

現在は週刊連載はされてないのですが、不定期連載で高橋留美子劇場がビッグコミックオリジナルに掲載されています。

メインキャラクター

六道 りんね(ろくどう りんね)

CV:石川界人

本作の主人公で、高校1年生の男子。

人間と死神の混血であり、現世でさまよう霊を成仏させる死神の仕事をしている。

性格は非常に真面目で優しく霊に対しても贔屓目無くきちんと接するなどできた人間ではあるが、お金が関わると非常に弱く流されやすくなる。

そもそも、幼少期はそれなりに裕福な家庭で育っていたが、祖父が亡くなり、実の父が作った多額の借金が原因で極貧生活を強いられることになる。

真宮 桜(まみや さくら)

CV:井上麻里奈

本作のヒロインで六道りんねのクラスメイトの女の子。

幼少期に輪廻の輪と呼ばれるあの世とこの世の境界に連れて行かれ、そこで売っていたものを食べてしまったことにより霊が見えるようになる。

普段から霊を見て育ったせいか非常に落ち着いていて、作中でも驚く姿はほとんど見られない。

作中では数少ない常識人で、様々な事柄に冷静な目線で淡々とツッコミを入れる役割を担う。

あわせて読みたい
井上麻里奈
井上麻里奈の出演作を無料で見る方法!マリーナの魅力を解説このページでは人気声優・井上麻里奈の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、井上麻里奈ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

六文(ろくもん)

CV:生天目仁美

りんねの契約黒猫で、いつも傍で支えている。

本来はりんねの祖母である魂子の契約黒猫となるはずだったが、能力の低さから解雇になり、押し付けられる形でりんねの元へ来た。

主人であるりんねが貧乏なこともあり、六文も貧乏癖が付いてしまって、金や高級な食品には目がない事が多々ある。

基本的には年齢の割に優秀な黒猫であるが、強い相手だとわかると逃げ出すなど未熟な面もまだまだ目立つ。

魂子(たまこ)

CV:ゆきのさつき

りんねの祖母であり、優秀な死神に与えられる称号、名誉死神のひとり。

死神としては非常に優秀な存在で、死神の講師も務めるほど。

若々しい見た目をして入るが、りんねの祖母ということもあり実年齢は100歳を越えている。

しかし、孫であるりんねからおばあちゃんと呼ばれると怒りをあらわにする。

十文字翼(じゅうもんじつばさ)

CV:木村良平

りんねのクラスメイトで、代々伝わるお祓い屋の息子。

真宮桜に恋をしていて、りんねと桜のことをいつも邪魔している。

りんねと違いお祓いはあくまでボランティアであり、採算は度外視で請負って道具を使いまくっているが、実際は桜に良いところを見せるために張り切っているだけという。

鳳(あげは)

CV:村川梨衣

死神の女の子で、りんねに恋をしている。

実家は由緒正しきエリート家系であるが、姉が詐欺集団の堕魔死神カンパニーに入ってしまい、そのことから堕魔死神カンパニーの社長であるりんねの父を恨んでいる。

お嬢様であることから金銭感覚がおかしく、度々りんねから羨ましさ半分呆れ半分の対応をされている。

四魔 れんげ(しま れんげ)

CV:大西沙織

りんねの学校に転校してきた女の子。

元々はかなり優秀でエリート街道を歩んでいたが、高校入試の日にりんねの父である鯖人のトラブルに巻き込まれ受験できず、そのことで人生が転落して堕魔死神カンパニーに所属することになる。

鯖人のせいで受験できなかったことから、その息子のりんねのことを逆恨みしている。

給料未払いが多い堕魔死神カンパニーのため、りんねほどではないが貧乏な生活を送っている。

魔狭人(まさと)

CV:柿原徹也

背中にコウモリの羽根のようなものがある悪魔。

非常に器量の狭い男であり、小さなことをいつまでもグチグチと根に持っている。

小学校の時にりんねに宿題の妨害されたことを今も根に持っていて、いつも登場してはりんねに復讐しようと試みているが、だいたい返り討ちにあっている。

六道 鯖人(ろくどう さばと)

CV:山口勝平

りんねの父であり、様々な人間の人生を狂わせてきた堕魔死神カンパニーの社長。

実の息子を連帯保証人にしたり、女性が大好きだったりと散々な父親。

悪徳商品を大量生産して売りさばいたりして人を騙してお金を稼ぐのが堕魔死神カンパニーであり、それをまさに体現したような存在であると言える。

境界のRINNEの見どころ

高橋留美子さんの作品としては少し珍しく、1話の中で1~3個のショートストーリーで構成されていることが多くなっています。

コミックスで40巻、アニメも3期まで放送されている人気作品の境界のRINNE、その見どころをご紹介いたします。

高橋留美子作品

やはり高橋留美子さんという知名度や実績の凄さから、高橋留美子さんが原作というだけで注目してしまいますよね。

そして、いざ蓋を開けてみるとまさに高橋留美子ワールド全開で、高橋留美子さんファンなら納得の作品だと思います。

逆に、これまで留美子さんの作品に触れてこなかった方でも、境界のRINNEを留美子さんの作品に触れる最初の作品にするのも良いと思います。

ただ、今までの高橋留美子作品とは少しだけ違う点があって、今までの作品はヒロインが比較的男勝りだったり独占欲が強かったりとした面が目立っていましたが、今作に関してはヒロインにそういった面はありません。

斬新な設定

主人公が死神、というだけだったら今までも多分似たような作品はあったと思いますが、その死神が超がつく貧乏で、500円を借りたりするなどやはり一線を画していますね。

ヒロインに関しても、派手めなヒロインが多い昨今の中で、逆に三つ編みという比較的地味な髪型のヒロインというのもとても斬新だと思います。

他にも様々な目新しい設定も細かく散りばめられていて、何十年も一線で活躍されている高橋留美子さんの力量の凄さが伝わる作品だと思います。

りんねと桜

主人公とヒロインの二人の距離感がまた見ていてとてももどかしいのがこの作品の特徴のひとつですね。

お互い好意を持っているのは端から見ても明らかなんですが、当の二人が気付いてないというこのもどかしさ。

周りから付き合ってるのか聞かれても即答で付き合ってないと答えてしまう始末。

しかし、そんな桜ですが、鳳がりんねにもう近づくなと言われたらきっぱりと断り、心の中ではそれは嫌だと思うなど本当に少しづつですが自分の気持ちに気付いていきます。

そんな二人のとてもゆっくりでありながら、だからこその少しの進展がとてもドキドキするのもこの作品の素晴らしい魅力ですね。

どの層が見ても楽しめる

境界のRINNEの凄いところは、アニメ好きが見ても、アニメにあまり興味がない人が見ても楽しめる内容だと思います。

決して浅い内容というわけではないですが、変に凝りすぎているわけでもなくとても見やすい作品だと思います。

全体を通してとてもわかりやすい内容で作られているので、あまり考え過ぎることもなく楽な気持ちで見られるので、そういう作品を求めている方にはおすすめです。

ギャグのレベル

こういう言い方をしたら失礼かもですが、高橋留美子さんはすでに60歳を迎えられている方です。

ですが、それでも高橋留美子さんがいまだに大ヒットを飛ばせるのは境界のRINNEを見ればとてもよくわかります。

今どきの子から少し年齢層が上の方まで、誰が見ても笑えるようなギャグが沢山散りばめられていて、とても楽しく見ることができます。

真面目すぎてもギャグ一辺倒でも見る人によっては疲れてしまうと思いますが、境界のRINNEはまさにその真ん中の絶妙なところで見事に描かれています。

そういった意味でも今どきの笑いから上の層向けの笑いまで書くことが出来る高橋さんは本当に素晴らしい漫画家さんだと境界のRINNEを見て改めて実感させていただきました。

実力派声優の起用

メインキャラの声優さんは今人気の若手から中堅声優が起用されていますが、どれもみんな実力派が揃えられていて、キャラに合った声優さんが使われています。

そして、留美子作品のファンなら嬉しい起用も盛りだくさんです。

鯖人役の山口勝平さん、魂子役のゆきのさつきさん、りんねのお母さん役の林原めぐみさん、桜のお母さん役の平野文さんなど、わかる方はもうわかりますよね?

そうです、過去に高橋留美子作品で主人公やヒロインを演じた方々が大集合されているんですよ。

そんなサービス精神旺盛なところもこの作品の本当に素晴らしいところですよね。

更には、次回予告では声優さんが過去に演じた作品のキャラで喋ってくれたりと本当にファンからしたらたまらない演出もしてくれています。

是非RINNEを見る際はそういった部分にもご注目ください。

境界のRINNEを無料で見るには

境界のRINNEは残念ながら2017年の9月でアニメの放送は一旦終了してしまっているのですが、それでもRINNEを見てみたいと思った方にはVODがおすすめです。

境界のRINNEを見るなら下記二つのVODがおすすめです。

dアニメストアではお試し期間中の30日間でしたら全話無料で見られますが、期間終了後は月額400円で見放題となっています。

U-NEXTでも同様にお試し期間中でしたら無料で見られますが、期間終了後は月額1990円で見放題となっています。

それでは、是非境界のRINNEをチェックしてくださいね。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。