人気声優の魅力

ベテラン声優・大塚明夫の魅力を解説!出演作を無料で見る方法

大塚明夫

大塚明夫の代表作といえば、どんな作品が最初に浮かびますか?

アニメ・ゲームを嗜む人であれば、誰もが真っ先に『メタルギア』シリーズの主人公であるスネークの名前が思い浮かぶはず!

世界的にも有名なゲームシリーズで看板声優として活躍していますが、もちろんアニメへの出演もコンスタントであり、言わずもがなベテラン声優と呼ぶに相応しい人物です。

このページでは声優として活躍する大塚明夫のプロフィールや魅力、出演した代表作について、詳しく紹介していきます。

また最後には、大塚明夫が出演している作品を無料で見る方法も紹介!

大塚明夫の大ファンという方や、演技や声に魅了されている方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

大塚明夫のプロフィール

大塚明夫は1959年11月24日生まれで、マウスプロモーションに所属する男性声優。

父親は同じ声優として『ルパン三世』石川五エ門や『ゲゲゲの鬼太郎』ねずみ男などのキャラクターを務めた大塚周夫で、他にも吹き替えの現場でも活躍していました。

今でこそベテランかつ人気声優の名前をほしいままにしている大塚明夫ですが、役者の道を進むまでは父親との関係が悪く、大学を中退して23歳までトレーラー運転手をしていた時期があります。

しかし好意を寄せていた女性から「夢があるほうが素敵」と言われたことをきっかけに、父親と同じ役者の道を進むことを志して、劇団や養成所などに入っていくことに。

ところが順風満帆とは言えずくすぶっていたところ、声優の仕事を父親から紹介してもらったことで、それから大塚明夫は声優活動を中心に役者としての道を歩んでいきます。

それまで悪かった父親との関係も、声優活動を通していくことにより修復され、いつしか互いに何か芝居を創りたいまで言い合えるほどの仲にもなっていくのでした。

その中で大塚明夫は、『メタルギアソリッド4』などで親子共演を果たしており、2015年1月25日に放送された『SMAPの中間管理職・稲垣&草彅コンビ初MC「1位じゃなくっていいじゃない」』で父親とナレーションで共演。

2015年1月15日に大塚周夫は他界し、それまで父親が演じてきた役柄を引き継いでおり、大塚明夫は父親に残してもらったものを噛みしめながら、声優活動に精を出しています。

独特の低い声質でナレーションなども数多く担当

大塚明夫の魅力は独特の低い声質で、女性ファンはダンディでカッコいい、男性ファンからもダンディで憧れるといった憧れの念などを抱いているでしょう。

洋画の吹き替えでは、スティーヴン・セガールやニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントンといった人物を選任しており、その他のハリウッドスターの吹き替えも担当しています。

主にシリアスなシーンや展開が連続していく作品、俳優やキャラクターがダンディであれば、まず大塚明夫の声がハマるのは間違いありません。

しかしその他にも、コミカルな役柄を演じることもあり、渋い声と内容のギャップで、視聴者を笑いに誘ってくれるのもしばしば。

大塚明夫の代表作とも言える『メタルギアソリッド』は、潜入ゲームで緊張感が漂っているにもかかわらず、コミカルなシーンが多く含まれているため、該当シーンを見るだけで笑みがこぼれるのは間違いありません。

父親のエピソードは涙なしにはいられない!

大塚明夫と父親の大塚周夫は、あまり関係が良いとは言えない間柄でしたが、大塚明夫が役者の道を進みだしてからは、少しずつ修復されていったと語られています。

大塚周夫も息子とどのように接すればいいのか悩んでいた節もあり、しかし互いに声優という共通点ができたことで、何気ない会話をする機会も増えていきました。

そんなある日に大塚周夫は、息子である大塚明夫に対して「(財産もなしに)何も遺してやれなくごめんな」と語りかけたといいます。

しかし大塚明夫は咎めることもなければ、「俳優として一番大切なものを遺してもらった」と語り、そのまま「血だ」と答えると、大塚周夫は感動せずにはいられませんでした。

その後もインタビューでやり取りを語り続けている様子があり、息子がかけてくれた言葉がどれほど嬉しかったのかを窺うことができます。

大塚明夫もまた、父親と比較され続けた苦境も味わっていたでしょうが、大塚周夫という役者を誇らしく想っていることが分かり、亡くなった父親が務めていた役柄を引き継ぎながら、声優活動に精を出しています。

大塚明夫が出演した代表作

それでは具体的に、大塚明夫が出演したアニメ作品を紹介していきましょう。

ベテラン声優として非常に多くの作品に出演しており、その中で名言を残しているキャラクターを数多く演じているのもまた事実。

多くの方が『メタルギアソリッド』スネークのイメージを持っているでしょうが、ここで紹介する作品を知ってもらうことで、新しいイメージが生まれるきっかけとなれば幸いです。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』は全3シリーズが展開されており、さらには人気シリーズ「笑い男編」を集めた総集編や劇場版『イノセンス』などが制作されています。

さらにはスカーレット・ヨハンソン主演の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』が2017年3月に全米で公開されるなど、日本が誇るジャパニメーションの一つとして、世界中に知られているアニメ作品です。

大塚明夫は公安9課所属のバトーを演じており、『イノセンス』では主役を務め、物語の多くに関わる中心人物を担当しています。

現場に急行して活躍する主要人物の1人

公安9課に所属する1人であるバトーは、ほぼ全身義体化を施したサイボーグで、過去にレンジャーに所属していた名残をそのまま残して、日本における犯罪に立ち向かっています。

主に現場に駆けつけて捜査や犯人との戦闘を繰り広げるシーンが多く、小火器から重火器まで様々な武器の扱いに長けていて、その様子は各エピソードで色濃く描かれています。

上司である草薙 素子に対して特別な感情を抱いている様子があり、普段こそ「少佐」と呼んでいるものの、狙撃されて死んだと思われた際には「素子ぉ!」と感情をむき出しにして叫んでいる様子がありました。

劇場アニメ『イノセンス』でもまた素子の手掛かりを追っており、相棒であるトグサとともに、少女型ガイノイド「ハダリ」の暴走事件を調査していきます。

『攻殻機動隊』の物語はシリアスで緊張感のあるシーンが多く、その中で戦闘シーンが数多い区用意されているため、大塚明夫の演技力が随所で光っています。

任務遂行中におけるバトーの姿もカッコよく、また声をあてている大塚明夫の演技にも注目してみることで、より緊迫感のある内容に見えてくるでしょう。

特定のタチコマへ愛情を注ぐ

見た目こそ強面なバトーですが、任務がないときはメンテナンスルームでタチコマとふれあっている様子があり、特定の1機に天然オイルを与えるなど、可愛がっている様子が描かれています。

彼らと過ごしているバトーは親の顔そのものであり、汎用性のある機械に対して個人的な情を持って接している姿は、『攻殻機動隊』において印象深い場面となっています。

その時の大塚明夫の演技は、戦闘時のシリアスは一切なく、多少コミカルよりに演技をしているため、彼の違った一面を垣間見ることができるでしょう。

他にも素子やトグサといった9課メンバーと話している様子も、冗談をほのめかすといった様子が描かれており、どこか憎めないキャラクターとして見ることができます。

あわせて読みたい
攻殻機動隊
攻殻機動隊のアニメを無料で見る方法!あらすじや世界観を解説このページはアニメ「攻殻機動隊」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャストの声優、アニメを無料で見るための方法も説明します。「攻殻機動隊」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

BLEACH

『BLEACH』は2004年10月~2012年3月まで放送されたアニメで、大塚明夫は護廷十三隊の一番隊隊長・京楽 春水を演じています。

原作漫画は週刊少年ジャンプで長期間にわたって連載された作品で、長らく同誌の看板コンテンツとして、盛り上がりに貢献していた作品でもあります。

複数の劇場版作品からゲーム、さらには実写映画化もされるといったメディアミックス展開がされ、多くのアニメファンを虜にしたことは間違いありません。

飄々とした性格で確かな実力を持つ人物

護廷十三隊隊長格の人物の中でも古参メンバーの1である京楽 春水は、隊長の羽織の上にさらに女性の着物を羽織っていて、派手な格好をしているのが目を惹きます。

それでいて飄々とした性格をしており、比較的ものごとを楽観視する傾向にありますが、真実を見通す力に優れていて、冷静かつ的確な判断を下せる目を持っています。

また過程よりも勝利という結果を重視する人物でもあり、戦闘時に見せる本気の表情には普段の飄々さがなく、極めて冷徹な表情を見せることも。

大塚明夫が演じてきたメインキャラクターの中でも、比較的ゆるく過ごしているキャラクターになりますが、やはり戦闘を始めとしたシリアスな場面では真剣さを如実に表しています。

大きな物語の境目では、それぞれの日常シーンがまとめられた物語が展開されており、そこで大塚明夫はコミカルな様子を多くの表現しているため、少し彼に対するイメージが変わってくるかもしれません。

ひと言で言えば「おっさん」と形容することができ、演じるキャラの見た目と本人の実年齢がマッチしていることから、大塚明夫の日常のように感じる方もいるでしょうね。

あわせて読みたい
BLEACH
BLEACHのアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説このページはアニメ「BLEACH」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャスト、アニメを無料で見るための方法もご説明。「BLEACH」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

Fate/Zero

『Fate/Zero』は第1期が2011年10月~12月、第2期が2012年4月~6月まで放送されたアニメで、人気アニメ『Fate/stay night』より過去の聖杯戦争が描かれています。

大塚明夫は召喚されたサーヴァント・ライダーを演じていて、他に召喚された英霊たちと譲れない戦いを繰り広げては、迫力あるシーンを作り上げています。

確かな芯を持った王の中の王

大塚明夫が演じているのは、真名は征服王の異名を持つイスカンダルで、再びこの世を支配し征服することを望んでいるライダーのサーヴァント。

『Fate/stay night』にも登場するアーチャーのサーヴァント・ギルガメッシュの好敵手であり、所有している固有結界「王の軍勢(アイオニオン・ゲタイロイ」は、彼に脅威を与え対抗できる宝具とされています。

ギルガメッシュを同じ支配する者として認めている様子がありますが、一方でブリテンの王であるセイバーに関しては、戦士としては評価するものの、王の器には足りない存在として、さらに悲壮な王道を哀れんでいます。

豪傑という言葉が最もよく似合う男で、見た目からも感じられる力強さを見事なまでに表現しているのが大塚明夫で、絵を見ずとも大男であることが分かるでしょう。

その一方で王として確かな芯を持っており、現代文化に順応しては近代兵器などを欲するなど豪快な様子も描かれており、その随所でイスカンダルの人柄を窺い知ることができます。

大塚明夫以外に適役がいるのかと思うほどであり、笑い方から憂いている時の様子など、大塚明夫が培ってきた演技経験が集約されているような、見事な仕上がりを堪能することができるでしょう。

あわせて読みたい
Fate/Zero
Fate/Zeroを無料で見る方法!あらすじや時系列を解説このページはアニメ「Fate/Zero」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャストの声優、アニメを無料で見るための方法も説明します。「Fate/Zero」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』は、1991年から1992年にかけて、前13話が制作されたOVA作品となっています。

そこで大塚明夫はジオン軍残党勢力「デラーズ・フリート」の一員で、ソロモンの悪夢という異名を持つエースパイロットのアナベル・ガトーを担当。

ファーストガンダムの世界線で繰り広げられた戦いに、大塚明夫はどのようなキャラクターを演じ、どのような演技を披露しているのかを見ていきましょう。

武人と呼ぶに相応しいジオンのエースパイロット

アナベル・ガトーは「ソロモンの悪夢」という異名を持つジオン残党のパイロットで、撃墜数が200機を超えるなど、地球連邦軍兵士も恐れる人物です。

対してジオン内部では、義を重んじる実直な性格をしており武人とも呼べる人柄であることから、多くの部下から信頼を得ていました。

ジオン再興のために全てを注いでおり、ガンダム試作2号機の強奪や敵パイロットであるコウ・ウラキを圧倒するなどの戦いぶりを見せています。

宇宙に上がると大破したガンダム試作2号機に代わって、ノイエ・ジールへと登場しますが、そこでも連邦軍艦隊の3分の2以上を航行不能にするといった活躍が描かれており、地球連邦軍にとって強大な敵として立ちはだかることに。

ライバルであるコウ・ウラキとは一騎打ちの戦いで負傷し、さらにその後とどめを刺すことも可能でしたが、少しでも多くの連保軍兵士を倒すことを優先します。

その結果、ボロボロになった期待を敵巡洋艦へ衝突させるため特攻し、最後までジオンの兵士として戦い抜いては、その身を捧げていくのでした。

戦いにおいては一切ぶれることなく、連邦軍の脅威となり続けたガトーを演じている大塚明夫は、男らしさを感じるキャラクターを演じていて、はまり役と言えるでしょう。

また女性に対して気を使う様子も紳士的であり、男の中の男と呼ぶに相応しくもあります。

ガンダム全シリーズで屈指の名言を残している

これまで『機動戦士ガンダム』シリーズは様々な作品が誕生していますが、各作品の中ではいずれも名シーン・名セリフが残されています。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』でも同様に、ガンダムファンの中で語り継がれている名言が、「ソロモンよ、私は帰ってきた!」というセリフでしょう。

デラーズ・フリートと地球連邦軍の最終決戦において、かつて「ソロモンの悪夢」として戦った場所に帰ってきたことを心から喜んでいる様子です。

そして何より散っていった兵士たちの思いを成就させるために戦うことを改めて決意するシーンでもあるため、とても印象深いシーンに仕上がっています。

ことの時の大塚明夫の演技にも気迫を感じられるものとなっているため、初めて聞けば鳥肌が立ってしまうのは必然ではないでしょうか?

また、『メタルギア』シリーズの制作を手掛ける小島秀夫が、スネーク役に大塚明夫を抜擢した理由がアナベル・ガトーの演技だったと告白しており、大塚明夫にとっては大きな意味を持つキャラクターと言えるかもしれません。

VODで大塚明夫の出演する作品を見よう

「大塚明夫の『待たせたな!』以外の名言を知りたい!」

「最近のアニメにも出ているなんて知らなかった!」

紹介した作品でこのような感想を持った方、懐かしく感じてもう一度見てみたいという方は、VOD(ビデオ・オン・デマンド)の利用がおすすめ!

AmazonプライムやU-NEXTを使えば、いつでも大塚明夫の出演作品を視聴することができ、さらに利用するVODによっては、スマホにダウンロードしてどこでも見ることができます。

お試し期間を設けているVODは多いですので、実質的にアニメを無料で見放題に!

ぜひVODを利用して、大塚明夫の出演作品を楽しみましょう、

ABOUT ME
みつお
みつお
コーラとポテチうすしお味は最強の組み合わせ!中学時代からアニメ・ゲームの魅力に溺れてしまい、今や2次元に触れなければ禁断症状が出てしまうように。近所のコンビニで一番くじが一瞬で無くなったら、きっとそれは私の仕業です。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。