人気声優の魅力

置鮎龍太郎の魅力を解説!イケボを堪能できる作品を無料で見る方法

置鮎龍太郎

人気声優である置鮎龍太郎の代表作と言えば、あなたはどんな作品が思い浮かびますか?

数多くの作品に長期間出演していることから、思い当たる作品がたくさんある方も多いでしょう。

こちらではそんな声優:置鮎龍太郎のプロフィールや魅力、出演した代表作について詳しくご紹介します。

彼の代表作を無料で見る方法も併せてお伝えしますので、彼のファンもそうではない方もぜひチェックしてみてください。

置鮎龍太郎のプロフィール

置鮎龍太郎は1969年11月17日生まれで、福岡県出身の声優。

声優としてのデビューは1989年で、大手有名事務所である青二プロダクションの養成所を卒業後、同事務所に所属。

その後ラジオCMやテレビアニメの端役を担当しつつ、着実に知名度と実力を高めていきます。

女性声優と二度結婚していることも広く知られていて、前妻は永澤菜教、現在の妻は前田愛と話題性がありながらも充実したプライベートを送っていると言えるでしょう。

そんな置鮎龍太郎ですが、ベテラン声優にしては珍しくTwitterの投稿頻度が高く、彼の親しみやすい人間性が多く見受けられます。

役柄に縛られていない、素の彼がどんな人間なのか気になる方はぜひ一度覗いてみてください。

艶のあるかっこ良い声に憧れる

そして置鮎龍太郎の魅力と言えば、何と言っても艶のあるかっこ良い低音ボイスですよね。

男性で憧れを抱く方も多いでしょうし、女性も代表的なイケボ声優として彼の名前を挙げる方が多いのではないでしょうか。

特にジャンプ作品がアニメ化された際には高い頻度で主要人物を演じている経歴もあり、ジャンプアニメには欠かせない存在と言われています。

二枚目役やクールな青年を演じることが多いので、彼の魅力的な声質と演技を耳にすれば、きっと多くの方が虜になってしまうと思いますよ。

置鮎龍太郎が出演した代表作

それではここから、置鮎龍太郎が出演した代表作に関してご紹介します。

前述しましたように、ジャンプアニメに出演している経歴が目立つ置鮎龍太郎。

彼自身のターニングポイントとなった作品もジャンプアニメですし、それ以外にも特徴的な声と演技力が目立つ作品が盛りだくさん。

シリアスな役柄の中でもギャグっぽさが見受けられるキャラクターもありますので、それらも踏まえて興味の湧いた作品をぜひ見てみてください。

地獄先生ぬ~べ~

地獄先生ぬ~べ~は1996年から放送されたアニメで、鬼の手を持っている学校の先生が妖怪や悪霊を退治するストーリー。

連載は1999年に終了しましたが、続編の連載が2014年からグランドジャンプにてスタートし、今現在は最強ジャンプにて連載を継続しています。

週刊少年ジャンプに掲載されていたことから若年層に向けられた作品と言えますが、大人の男性が主人公であることや、ホラーや都市伝説もふんだんに盛り込んでいる当作品。

子どものみならず幅広い年齢層が楽しめる作品だと言えるでしょう。

そんなジャンプ作品における代表作の1つである当作品において、置鮎龍太郎は主人公のぬ~べ~こと鵺野鳴介を演じています。

置鮎龍太郎のターニングポイント

ぬ~べ~が置鮎龍太郎の初主演作品となりましたが、当時の彼とぬ~べ~は年齢も近く、本人も自身にとっての集大成の役になったと口にするほどのターニングポイントとなりました。

まだ20代後半ではありましたが、当時の置鮎龍太郎の目一杯の演技が楽しめる、唯一の作品と言えるのではないでしょうか。

そんな当作品の見どころは、幅広い年齢層から支持を集める理由となった、様々な要素が織り込まれたストーリー展開。

様々なジャンルの魅力がぬ~べ~で楽しめる

ぬ~べ~は基本的に妖怪や悪霊を対峙していくストーリーであることから、バトル作品として認識されている方も多いと思います。

しかし、各話を紐解いていくと都市伝説とホラーに加えて、教育やラブコメ、ギャグやお色気シーンなど、とにかく幅広いジャンルの要素が詰め込まれているのです。

その関係から、アニメファンでも特にラブコメ作品が好きな方や、バトル作品が好きな方、人間関係の緻密さが好きな方など含め、すべての方に受け入れられる特徴があると言えるでしょう。

原作のお色気シーンなど過激な内容は多少テレビアニメでは自粛されている部分もありますが、それでもラブコメやサービスショットが好きな人にも好まれる面は多く見受けられます。

対照的に、妖怪や悪霊と対峙するぬ~べ~の活躍も非常に見応えがありますし、小学校の教員であることから生徒たちの成長も楽しめるのではないでしょうか。

特定のジャンルに縛られることなく、様々な面白い要素をふんだんに兼ね備えている点こそが地獄先生ぬ~べ~の魅力だと思います。

OP曲も長い年月が経過しても親しまれているジャパニーズメタルの最先端とも言える激しさがありますし、ED曲も日本を代表するアーティストであるB`z初のアニソン。

置鮎龍太郎の声質や演技も含め、注目すべき点が多くある作品ですので、きっと全48話もあっという間に見終わってしまいますよ。

テニスの王子様

テニスの王子様は2001年から放送されたアニメで、テニスを題材にした独創的な試合展開で話題に事欠かない作品。

物語序盤と中盤以降を見比べてみると、その試合展開の違いに驚愕する方も多いのではないでしょうか。

そんな当作品で置鮎龍太郎は、主人公:越前リョーマが所属する青春学園中等部のテニス部部長を務める、手塚国光のCVを担当。

中学生ながら圧倒的なテニスの実力を誇り、全国区のプレイヤーであり高校テニス界でも名前が知られている選手です。

役柄と声質がマッチ

「油断せずに行こう」

この口癖が特徴的なキャラクターですが、原作ファンなら置鮎龍太郎の声でこのセリフが聞けると、悶絶するほどのインパクトが味わえるのではないでしょうか。

それほどまでに彼の声質と手塚というキャラクターは非常にマッチしていて、彼以上に手塚を表現できる声優は他にいないと思わせるほど。

とある出来事から肘に爆弾を抱えていて、試合をする回数が他の登場人物と比べると少ないキャラクターですが、折り紙付きの実力から試合に臨むと圧倒的な強さを見せます。

そんな頻出しないながらも実力者である点も、手塚の魅力と言えるのではないでしょうか。

おすすめは序盤のプレーシーン

個人的な意見ではありますが、序盤に手塚がプレーをするシーンは特におすすめです。

バウンドしないドロップショットを超絶技巧で披露する辺りまでは、有り得ないながらもある程度本格的なテニス漫画として注目されていたと思いますし、アニメで見ていても純粋に楽しめます。

手塚のかっこ良さが光る数少ない試合シーンですので、原作ファン同様に置鮎龍太郎ファンなら見逃せない展開だと言えるでしょう。

対照的に、手塚が試合中にブラックホールを生み出す辺りからだいぶテニス漫画なのか怪しくなってきていますので、それ以降は好みが分かれるのではないでしょうか。

ぜひまったくアニメを見たことがないという方も、序盤の手塚が試合をするシーンをチェックしてみてください。

きっと手塚のかっこ良さに感化されて、思わずテニスがしたくなりますよ。

BLEACH

BLEACHは2004年から放送されたアニメで、オシャレな世界観と白熱するバトルが魅力的な人気作品。

とあるストーリーから人気が下降気味になってしまったように感じますが、それでも根強いファンは多いのではないでしょうか。

置鮎龍太郎は当作品において、作中有数の人気キャラクターである朽木白哉を演じています。

圧倒的な実力とかっこ良さを兼ね備えた朽木白哉

当作品は死神である朽木ルキアから死神の力を譲渡された黒崎一護が、その力を行使して虚と呼ばれる化け物と対峙していくストーリー。

最序盤は現世に現れた虚を退治していく流れになりますが、途中から物語が一気に加速。

ルキアは現世の人間に死神の力を譲渡することが、死神の世界で禁じられている行為とみなされ処刑されることに。

ルキアの処刑を止めようとする一護ですが、現世にいるルキアを回収しに来た実兄、白哉に太刀打ちができません。

その後死神の世界:尸魂界に向かい力を付けた一護は再び白哉と対峙。

白熱したバトルが展開され、作中でもっとも盛り上がりを見せるシーンと言えるのではないでしょうか。

そしてアニメでも原作同様にこちらのシーンがおすすめしたい見どころの1つ。

恋次との熱戦から一護との死闘がおすすめ

第52話で一護が対峙する前に、ルキアの処刑を止めようと考える死神:阿散井恋次が白哉と対峙しますが、そこから一護と対峙するまでの展開がとにかくかっこ良いの一言に尽きます。

恋次との死闘で白哉は死神の奥の手と言える卍解を披露し、健闘虚しく恋次は破れてしまいますが、その卍解を今度は一護が圧倒。

それでも白哉にはまだ隠している必殺技が2つあり、それぞれの必殺技を使って一護と死闘を演じます。

特に決着をつける第59話の激闘は画面に釘付けになってしまう魅力がありますので、バトル作品に興味がない方でも楽しんでいただけるのではないでしょうか。

尸魂界でも指折りの実力者であり、常に冷静な言動が特徴的な朽木白哉。

そんな彼のクールで魅力的な存在感を置鮎龍太郎が見事に表現していますので、ぜひ彼の熱演を堪能してみてください。

「卍解:千本桜景厳」

この言葉が発せられた瞬間、そのかっこ良さに魅了されてしまうこと間違いなしですよ。

あわせて読みたい
BLEACH
BLEACHのアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説このページはアニメ「BLEACH」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャスト、アニメを無料で見るための方法もご説明。「BLEACH」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

僕は友達が少ない

僕は友達が少ないは2011年から放送されたアニメで、こちらでおすすめしている作品の中では唯一ジャンプ作品ではありません。

人気ライトノベルが原作で美麗なイラストも特徴的なアニメ。

そんな当作品で置鮎龍太郎は、主人公たちが通う学校の理事長である柏崎天馬を演じています。

名前がとにかく残念なキャラクター

この柏崎天馬、理事長でありメインヒロインの1人である柏崎星奈の父親でもありますが、名前をどう読むかご存知ですか?

恐らく多くの方が「かしわざきてんま」と読んだのではないでしょうか。

正解は「かしわざきぺがさす」です。

非常に厳かな人間で交友関係が狭い特徴がありますが、それ以上に名前のインパクトが何よりも抜群。

初登場シーンでは自身の名前を名乗らず、ぺがさすと呼ばれると見た目にそぐわず「ぺがさすと呼ぶんじゃない!!」とうろたえる程に自身の名前を嫌っています。

ただ、名前が特徴的なだけで顔立ちは非常に整っていて、和服が似合うかっこ良い大人の男性。

当作品では何かしら残念な面が目立つキャラクターばかりが登場しますが、天馬は明らかに名前だけが残念な存在だと言えるでしょう。

置鮎龍太郎のうろたえる演技が笑いを誘う

冷静な立ち居振る舞いから置鮎龍太郎の艶のある声質は非常にマッチしていますが、彼の聞く人を魅了する声で上記のうろたえたセリフを聞くと、思わず吹き出してしまう破壊力があります。

クールで二枚目な役柄が多く、それでいてシリアスなシーンで映える声質の置鮎龍太郎ですが、数少ないギャグアニメでの演技もファンならぜひ押さえておきたいところではないでしょうか。

登場回数はあまり多くはありませんが、主人公の羽瀬川小鷹と実の娘である星奈が婚約していると勘違いしている部分もあり、登場シーンは印象深く残ると思います。

ぜひ置鮎龍太郎の声とのギャップが楽しめる当作品で、彼の面白い演技に注目してみてください。

あわせて読みたい
僕は友達が少ない
僕は友達が少ないのアニメを無料で見る方法!あらすじを解説このページはアニメ「僕は友達が少ない」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャスト、アニメを無料で見るための方法もご説明。「僕は友達が少ない」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

VODで置鮎龍太郎の出演作を見よう

「ぬ~べ~とか懐かしい!アニメ見たくなってきた!」

「やっぱり置鮎龍太郎は白哉だよね!」

置鮎龍太郎のプロフィールから代表作までご紹介しましたが、彼の出演作が見たくなりましたらぜひ動画配信サービスを利用してみてください。

AmazonプライムビデオやFODプレミアムを利用すれば、置鮎龍太郎の出演作がいつでもどこでも楽しめます。

無料期間なら見たいアニメが無料で見放題。

ぜひ便利なVODを活用して置鮎龍太郎のかっこ良い声と演技に酔いしれてください。

きっと彼の出演作を網羅したくなりますよ。

ABOUT ME
8110
8110
アニメやゲーム、ライトノベルが大好きなライター。将来は犬や猫をたくさん飼って、ペットと遊びまくる毎日を夢見ています。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。