アニメ見どころ

NO.6を無料で見る方法!あらすじやメインキャラクターを解説

NO.6

NO.6は2011年7月〜9月までフジテレビのノイタミナで放送されたアニメです。

作者は児童向けの小説を中心に、青春の物語や時代小説などを刊行されているあさのあつこさんです。

講談社より2011年6月に最終巻が発売され全9巻で、文庫本とコミックも全9巻が発売されています。

このページでは、NO.6のアニメのあらすじや見どころ、メインキャラクターについてネタバレなしで紹介していきます!

最後にテレビ放送を見逃してしまった方に向けて、無料で見る方法もご紹介します。

NO.6が好きな方や気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

NO.6のあらすじ

理想都市「NO.6」は、聖都市とも呼ばれるほどに医療や教育などが発展しており、自然環境は常に管理されている。

NO.6にはクロノスという場所があり、最先端の生活設備、例えば住居に一定の環境が常に保たれる環境システムが備わった高級住宅街である。

幼いころに知能が最高ランクとして認定された紫苑は、母親の火藍とともにクロノスに住んでいる。

紫苑の12回目の誕生日は台風が接近中、そんななか何か心の奥から感じる衝動に動かされた紫苑はベランダの窓を開けてしまった。

ベランダから戻る紫苑の背後には、ずぶ濡れの謎の少年ネズミが立っている。

矯正施設から抜け出し怪我を負っていたネズミは、紫苑に治療してもらい食事や服まで与えてもらった。

後日、治安局にネズミを匿ったことが発覚し、最高ランクの権利を失いクロノスから準市民が住むロストタウンへと移り住むことになる。

4年後、紫苑は仕事中に髪が真っ白で老人と思われる不審な遺体を目撃する。

そして紫苑の同僚までも老人のようになり死亡、そして首筋から一匹のハチが這い出してきた。

その犯人として治安局に連れて行かれそうになっているところを久しぶりに出会ったネズミに助けられる。

NO.6に居場所が無くなった紫苑は、NO.6でのすべてを捨てて、ネズミと西ブロックで過ごしはじめる。

NO.6に隠された秘密、理想都市とは何を意味するのか、紫苑はネズミとともにその運命に立ち向かっていく。

原作者はあさのあつこさん

作者は児童文学で有名な作家のあさのあつこさんです。

岡山県出身で中学生のときに書物に触れて文学への楽しさを知り、作家の夢を志しますが、その夢は心のなかにひっそりとしまったまま大学を卒業されます。

その後は小学校の臨時教諭を務め、結婚後は夫の歯科医院の受付と事務を務めながら、子育てをされていました。

作家デビューのきっかけは、36歳で子育ての合間の自由時間ができたときです。

日本同人協会「季節風」に連載した『ほたる館物語』が認められ出版、37歳で作家デビューをされました。

著者見本が自宅に届いたときは、嬉しさのあまり本を持ちながら部屋中を飛び回り「これで死んでもいい」と思われたそうです。

代表作は『バッテリー』で、幅広い世代のファンから支持され児童文学としては異例の1,000万部ベストセラーにもなりました。

また『バッテリー』で野間児童文学賞や小学館児童出版文化賞などを受賞されています。

他にも繊細で共感できる青春の物語やほんのり不思議な時代小説など執筆されているので気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

メインキャラクター

紫苑(シオン)

CV:梶裕貴

正義感が強く、好奇心旺盛な性格の主人公。

ネズミからはよくお人よしの甘ちゃんと言われ、他の人からも天然と認識されている。

ネズミと出会い匿ったことでクロノスからロストタウンへ移り住む。

4年後、無実の罪で治安局に連行されそうになるところをネズミに助けられ、NO.6を捨てて西ブロックへ逃亡。

西ブロックのネズミの住居で落ち着こうとするが、紫苑の首筋に黒い水疱があらわれ激痛におそわれる。

ネズミの素早い処置により一命を取り留めた紫苑だったが、身体には異変が起きていた。

茶色の髪は色素が抜け白髪に、皮膚には紅い筋が左の足首から首にまで伸びており、紅い蛇行跡が現れた。

あわせて読みたい
梶裕貴
人気声優・梶裕貴の魅力!代表的な出演作を無料で見る方法このページでは人気声優・梶裕貴の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、梶裕貴ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

ネズミ

CV:細谷佳正・西墻由香(幼少期)

嵐の夜に紫苑の前に現れたずぶぬれで血だらけの少年。

NO.6に深い憎悪を持っており基本的には人を信用していない。

いつも超繊維布を身に付けている。

紫苑に匿ってもらった後は、西ブロックで優れた頭脳と体力、危機察知能力でうまく生き延びてきた。

紫苑と再会し西ブロックで同居していくうちに、紫苑の純粋で真っ直ぐな部分に惹かれていき、自分のなかで紫苑の存在が大きくなり困惑していく。

あわせて読みたい
細谷佳正
声優・細谷佳正の魅力を解説!代表的な出演作を無料で見る方法このページでは人気声優・細谷佳正の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、細谷佳正ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

沙布(サフ)

CV:安野希世乃

紫苑と同じく最高ランクに認定されており、紫苑に強く惹かれる幼馴染の少女。

交換留学としてNO.6を離れるが、祖母が亡くなったと聞きNO.6へと帰る。

そこで、火藍から紫苑は無事に生きていると聞かされ、会いに行こうとするが、治安局の人間によって沙布はどこかへと連れて行かれる。

火藍(カラン)

CV:佐久間レイ

紫苑の母親でロストタウンに移り住んだ後は、パン屋を営んでいる。

NO.6に壁が出来ていなかったころに力河と出会っている。

息子が矯正施設に連れて行かれふさぎ込んでいたが、ネズミから「再会を必ず」というメモをもらい、紫苑の無事を知る。

イヌカシ

CV:真堂圭

西ブロックに住む年齢や本名、性別までも不明の人物。

ホテルの経営と犬を貸す仕事、情報屋など生きるために様々なことをおこなって日々を生きている。

赤ん坊のころに犬に育てられ、犬の言葉や気持ちがわかる。

紫苑とネズミと関わりで心境に大きな変化が起きていく。

力河(リキガ)

CV:てらそままさき

西ブロックに住む元新聞記者。

かつてはNO.6の謎について調査していたが、現在はアルコール中毒者である。

NO.6の高官に女を斡旋して金を稼ぐ生活を送っていた。

火藍の息子と知り、紫苑のことを心配したり可愛がるなど気にかけている。

NO.6の見どころ

紫苑とネズミの関係性

NO.6の見どころのひとつは、未来の理想都市「NO.6」に隠された謎や歴史によって紫苑とネズミの運命が変わっていくところです。

NO.6ではエリートの子供として穏やかに育った純粋な紫苑。

常に冷静に動き、優秀な頭脳と目的のために手段を選ばなかったネズミ。

交わることがなかった2人が出会い、それぞれ環境や考え、感じ方が変化していく場面には、驚きや感動という感情があふれてきました。

また、紫苑とネズミは正反対な性格で衝突することが多々あります。

しかし、お互いが大切な存在として惹かれあい、物語の終盤では2人のつながりがとても深くなりました。

友情も愛情も超えた2人の関係性にぜひ注目してみてくださいね。

声優の演技力

アニメの見どころのひとつは紫苑やネズミを演じる声優の演技力です。

原作が小説なのでファンはそれぞれキャラクターのイメージがあるでしょう。

しかしアニメでは、紫苑の真っ直ぐで興味があればすぐに好奇心を抱く純粋さを、イメージのまま表現されています。

また、ネズミのストイックな性格や何気ない相槌には、まさに魂を吹き込まれたかのように動いていました。

原作の丁寧な心理描写を、繊細にかつ熱く声に乗せて演技をされています。

よりNO.6の世界に惹きこまれますので、ぜひ声優の名演技にも注目しながら視聴してみてください。

NO.6を無料で見る方法

NO.6のテレビ放送は残念ながら2011年9月に終了してしまいました。

それでもNO.6のアニメが見たいというときは、VODがおすすめです!

一部の動画サイトでアニメを観ることもできますが、違法アップロードされた動画は絶対に見ないようにしましょう。

dアニメストアは無料期間が31日あるため無料で見ることができ、その後は月額400円(税抜)で多くのアニメが楽しめます。

FODプレミアムではAmazonアカウントを利用して登録すれば、1ヶ月間は無料で見ることができます。

NO.6がお好きな方や気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。