人気声優の魅力

声優・浪川大輔の魅力!過去の出演アニメを無料で見る方法を解説

浪川大輔

人気声優、浪川大輔の代表作と言えば、あなたはどんな作品が思い浮かびますか?

クールな二枚目役を演じることが多く、本人も甘いルックスで多くの女性ファンを虜にしている浪川大輔。

こちらではそんな浪川大輔のプロフィールや魅力、出演した代表作についてご紹介します。

彼の出演したアニメを無料で見る方法も併せてお伝えしますので、ぜひ最後までチェックしてください。

浪川大輔のプロフィール

浪川大輔は1976年4月2日生まれで、東京都出身の声優。

小学生時代から子役として活動を開始し、多くの有名な洋画で吹き替えを担当しています。

一時は芸能活動から離れた彼ですが、大学在学中に活動を再開。

年齢の割りに芸歴が長く、同年代の声優と比較すればトップクラスの経歴を持っていると言えるでしょう。

そんな浪川大輔ですが、長い経歴と比例して所属事務所も転々としています。

当初は劇団こまどりに所属し、その後東京俳優生活協同組合、アクロスエンタテインメントを経て2014年に独立。

株式会社ステイラックを立ち上げ、代表取締役として現在も活動を継続しています。

公式ブログもTwitterも定期的に更新しているようで、特に使い勝手がいいのかTwitterへの投稿頻度は人気声優のなかでも多い部類に入るのではないでしょうか。

彼の声優としての活動内容や、日常が垣間見えるシーンも少なくはありませんので、浪川大輔をより深く知りたいという方は一度覗いてみてください。

巧みに声を使い分け幅広い男性役を演じ切る

そんな浪川大輔の魅力と言えば、男性役を中心に幅広い役柄を演じ切るその自在なテクニックにあると言えるのではないでしょうか。

基本的に彼の声質は音域が狭く、男性声優のなかでも声の高低差が非常に少ない特徴が挙げられますが、声の出し方と演技を工夫することによって高低差を出しています。

本人曰く20歳を過ぎた頃から、子どもの頃のように高い声が出なくなってしまったそうですが、声優としての活動に真摯に取り組み工夫した結果、今の人気声優としての地位を確立したと言えるでしょう。

巧みなテクニックと演技力で、様々な特徴を持っているキャラクターを自在に演じていますので、ぜひ技巧派声優としての実力にも注目してみてください。

浪川大輔が出演した代表作

それではここから、浪川大輔が出演した代表作についてお伝えしていきます。

クールな二枚目役から独特の感性を持つ悪役、果てには誰もが知っている人気作品まで数多くのアニメに出演している浪川大輔。

ピックアップするのにも一苦労な印象がありますが、ぜひチェックしていただきたい作品を厳選しました。

見たことがないアニメがありましたらぜひ見てみてください。

BLEACH

BLEACHは2004年から放送されたアニメで、オシャレな世界観と白熱したバトルシーンが魅力的な人気作品。

死神としての能力を授かった主人公・黒崎一護が、護りたい人を護るために力を磨きながら、相対する敵との戦闘を繰り広げていきます。

クールな悪役・ウルキオラ

当作品では十刃の1人、第4十刃ウルキオラ・シファーのCVを浪川大輔が担当。

初登場シーンは第113話で、その後一護との死闘を熱演。

初登場から圧倒的な実力を見せ、絶望的なまでの強さで一護やその仲間たちに立ちはだかります。

一時は一護の攻撃に対し無傷で済ませ、十刃のなかでも唯一ウルキオラだけが可能としている刀剣第二解放までを披露。

実力的に十刃のなかでは4番目とされていますが、隠されたその能力を含めれば十刃最強と称されていてもおかしくはない人物です。

クールな役柄で口数は決して多くはありませんが、十刃と愛染が死神たちと敵対し、尸魂界に侵攻してくる章では中心人物として活躍します。

特におすすめしたいシーンが2つ。

第113話の初登場シーンはその後の展開を予想させた

1つは上記の初登場シーンである第113話。

一護の剣の師匠でもある浦原喜助の攻撃を素手で跳ね返したり、圧倒的な霊力から抜群の戦闘能力を誇示するウルキオラ。

その絶対的な存在感を、浪川大輔がクールに演じています。

初登場シーンでの戦闘はほぼありませんが、間違いなくこの先一護の前に立ちはだかる強敵だと視聴者すべてが感じ取った瞬間だと言えるのではないでしょうか。

一護VSウルキオラは名バトルの1つ

そしてもう1つおすすめのシーンが第266話以降。

一護とウルキオラが戦闘を開始し、決着をつけるまでのシーンがほぼ原作に忠実な形で再現されています。

それまで絶対的な実力を誇っていたウルキオラが十刃で最強だと考えていた一護ですが、再度相対した際に上から数えて4番目の実力だと知らされたときの絶望感は必見。

さらに、刀剣第二解放も行い完全虚化した一護と激戦を繰り広げるシーンは、思わず画面に釘付けになってしまう魅力的なシーンだと思います。

絶望的なまでの強さと繊細な心理を見事に表現

結果として正気の一護と戦い、決着をつけることができなかったことから、主人公の一護が唯一勝てなかった相手とも称されるウルキオラ。

その絶望的なまでの強さと、最期に人間の心に対する憧れを抱いている様子は、原作ファンでも大満足の演技力で浪川大輔が表現していると言えるでしょう。

破面軍勢が登場し、その章の終盤までという限られた期間しか出番のないウルキオラですが、敵役のなかでも高い人気を集めている点も頷ける魅力的なキャラクターだと思います。

浪川大輔が見事に表現しているキャラクター性と、主人公や主要人物を上回るほどの実力を備えているウルキオラの活躍は、浪川大輔のファンではなかったとしても必見です。

ぜひその敵キャラクターとしての見どころを存分に押さえている、かっこ良いウルキオラをアニメで堪能してみてください。

あわせて読みたい
BLEACH
BLEACHのアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説このページはアニメ「BLEACH」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャスト、アニメを無料で見るための方法もご説明。「BLEACH」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

君に届け

君に届けは2009年から放送されたアニメで、恋愛ストーリーの王道を突き進むような少女漫画が原作。

様々なキャラクターがそれぞれの恋愛模様を繰り広げ、思春期の純情な気持ちが繊細に描かれている人気作品です。

当作品で浪川大輔は、主人公・爽子の恋人となる風早翔太を演じています。

胸キュン展開の二期は必見

特に女性に人気のある、胸がキュンキュンしてしまうような展開が魅力的な当作品ですが、その魅力は風早の言動によって大部分が成り立っていると言っても過言ではないでしょう。

胸キュンストーリーが好きな方なら、二期の終盤は絶対に見逃せない展開ではないでしょうか。

二年生になり文化祭を迎えた風早と爽子は、それぞれが相手に対する恋心を抱いていることを自覚します。

偶然にもお互いに、入学式の日にちょっとした関わりを持ったことがきっかけとなり、相手に一目惚れをしていました。

噂や憶測が飛び交いそれらの情報が2人の距離を縮める上での障害となっていましたが、風早は自分の気持ちをはっきりとさせ、その上で周囲にも告げるために文化祭で告白を決意。

学校内の生徒、大勢の前で自分の気持ちを口にし、爽子に付き合ってほしい旨を伝えます。

かっこ良い風早と浪川大輔の声質がマッチ

そうして2人の気持ちは通じ合い、晴れて恋人同士としての生活をスタートさせるところで結末を迎える君に届け。

原作ではまだまだ周囲の友人たちが織り成す恋愛模様が描かれた展開が続くのですが、アニメでは風早と爽子が恋人同士となるシーンまでしか描かれていません。

浪川大輔が純粋で爽やかな印象を持つ風早の特徴を掴み、爽子ではなくともかっこ良いと思ってしまうほどの魅力を再現していますので、ぜひ恋愛アニメが好きな方はチェックしてみてください。

きっとその胸キュンストーリーに影響され、ドキドキするような恋がしたくなってしまいますよ。

HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTERは2011年から放送されたアニメで、プロのハンターとして世界中を旅し、成長していく少年の姿を描いた物語。

原作が超人気作品でありながら、度々休載してしまう点も話題に上がることが多いですよね。

そんな色んな意味で話題作と言える当作品で、浪川大輔はヒソカを演じています。

変態戦闘狂・ヒソカ

ヒソカと主人公・ゴンたちが初めて出会うのは、プロのハンターとなるために受ける試験の会場。

ピエロを彷彿とさせる特徴的な外見で妖しい雰囲気を醸し出すヒソカは、初登場の瞬間からその実力を匂わせる言動が目立ちます。

ハンター試験の最中にゴンの将来性を見込み、その成長を想像するだけで性的な興奮を覚えるような変態的な側面も持ち合わせているヒソカ。

成長したゴンたちと戦い、死闘を繰り広げた上で殺害することを楽しみにしている、狂人と言えるのではないでしょうか。

底が見えないミステリアスな面が魅力的

しかし、そんな特徴だけを羅列するとあまり人気が出そうにもない変人ですが、原作でもアニメでも非常に多くの人気を集めています。

人を食ったようなおどけた言動や、整ったルックスが理由と言えるでしょう。

また、作中における登場人物のなかでも間違いなくトップクラスの実力を持っていて、その底が見えないミステリアスな面も魅力的に感じられるのではないでしょうか。

アニメ序盤から登場シーンが多く、二期になっても不可解な言動や不透明に感じる目的を抱えた状態で登場するヒソカ。

そのミステリアスかつ変態的な特徴を、浪川大輔が熱演していますので、ぜひ一風変わった彼の役どころにも注目してみてください。

原作を知らない方が見ても、原作が高い人気を誇っている理由が分かると思いますし、ヒソカの魅力にも惹き込まれてしまうと思いますよ。

東京喰種トーキョーグール

東京喰種トーキョーグールは2014年から放送されたアニメで、人間を食料とするグールという存在になってしまった主人公の活躍と苦悩を描いた作品。

当作品で浪川大輔は、グールと敵対する組織で最強の存在と揶揄される特等捜査官・有馬貴将のCVを担当。

バトル作品において強大な力を誇るキャラクターを演じることが多い浪川大輔ですが、こちらでも他に類を見ないほどの実力を誇るキャラクターを演じています。

最強の特等捜査官・有馬貴将

BLEACHのウルキオラ同様にこちらも口数が少ないキャラクターですが、主人公の金木がグールとなってしまったことにより、最強の敵として圧倒的な存在感を発揮。

特に彼がメインとなって活躍するのは、二期の第11話。

捜査官として適していないと思われても仕方がないほどの異常性が目立つ新米捜査官の鈴屋什造は、自分の面倒を親身になって見てくれた篠原特等のあられもない姿を目にします。

篠原特等は全グールのなかでも最凶悪の存在とされる、本物の隻眼の梟と対峙し、戦闘不能に陥っていました。

人が死ぬことに対して無頓着だった什造が感情を揺らしながら梟に襲い掛かりますが、力はまったく及ばず、片足を斬り落とされてしまうことに。

そこで登場するのが有馬貴将。

誰もが絶望的な気持ちで隻眼の梟と対峙していたなか、表情を動かすこともなく梟と対峙して、見事その撃退に成功します。

さらに二期の最終話では強くなった金木と対面。

三期に入るとその金木と戦って無事に勝利を収めていることが分かり、何てことはない顔で特等捜査官としての責務に励みます。

四期の放送が待ちきれない!

クールで絶対的な実力を誇る有馬貴将ですが、口数が少ないながらも彼の魅力的なシーンを浪川大輔が熱演。

2018年の10月には四期の放送も確定していますし、原作の内容から考えてもまた白熱する有馬のバトルシーンが見られることはほぼ決定的だと言えるでしょう。

これまで以上に熱を帯びてくるストーリー展開を、タイムリーに楽しむために、ぜひまだ東京喰種のアニメを見たことがないという方は、一期から見始めてみてください。

きっと有馬貴将のかっこ良さに惹かれて、四期の放送が待ちきれなくなってしまいますよ。

あわせて読みたい
東京喰種
東京喰種のアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説このページはアニメ「東京喰種」のあらすじや見どころについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャストの声優、アニメを無料で見るための方法も説明します。「東京喰種」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

ルパン三世

ルパン三世は1971年にテレビアニメシリーズ第一話が放送されたアニメで、その高い知名度からルパン三世を知らない方はそうそういないのではないでしょうか。

そんな国民的アニメに登場する主要人物、石川五エ門を浪川大輔が演じています。

2011年から四人目の石川五エ門となる

とはいえ、1971年の第一部放送から彼が五エ門のCVを担当していたわけではなく、そもそもその頃は浪川大輔自身が生まれていません。

彼が五エ門を演じるようになったのは、2011年になってから。

五エ門のCVを担当した声優は浪川大輔を含め4人いますが、長期間もの間五エ門の声優と言えば井上真樹夫でした。

途中に塩沢兼人が演じている期間もありますが、約30年もの間井上真樹夫が演じ続けてきています。

しかし、2011年にルパンと次元以外の主要人物を担当する声優が一新。

峰不二子は沢城みゆきに、銭型警部は山寺宏一に、そして石川五エ門は浪川大輔にキャスティングが決まります。

そうして彼は国民的人気アニメの主要人物を演じることとなり、彼の代表作の1つとして恥じない名作に出演していると言えるでしょう。

もっともおすすめしたい作品

個人的に浪川大輔が出演している作品のなかで、もっともおすすめしたいのがこちらのルパン三世です。

というのも、長らく井上真樹夫がCVを担当してきたことから、五エ門のイメージは固まっておりその大役を引き継ぐということは並大抵の声優ができることではありません。

そういった重責を乗り越えて、自然で魅力的な石川五エ門を表現できている点が、まず声優:浪川大輔の素晴らしいところと言えるのではないでしょうか。

かっこ良くも面白い五エ門は新鮮

加えて、ルパンシリーズにおける何かしらのアニメを一度でも見ていれば分かると思いますが、ルパンは作中でぷっと笑ってしまうようなコメディシーンも少なくはありません。

主人公のルパン自身がおどけたスタイルでいる関係から、シリアスなシーンはかっこ良く、コメディシーンは面白くという二つの対照的な魅力が高い完成度を誇っていると言えるでしょう。

そんな作中で、シリアスなシーンは二枚目キャラクターを演じることも多い浪川大輔なら問題なく演じ切ることが予想できましたが、コメディシーンを面白くできるのか不安に感じた方も少なくはないでしょう。

しかしそんな疑問は杞憂に終わります。

テレビシリーズでもスペシャル版でもコメディシーンはしっかりと五エ門らしく表現されていて、むしろまた変わった五エ門の魅力が生まれていると言っても過言ではありません。

東方見聞録は必見の面白さ

特に面白かったのが2012年に放送された東方見聞録。

堅苦しく武士らしい日本語を使い続けて来た五エ門が、風呂場で女性キャラクターと鉢合わせになってしまい、風呂場から出ようとしますが扉が開かず

「戸がね、開かないの!」

とキャラクター崩壊の発言を口にするほどに焦ります。

ネット上でも大きな話題を集めたシーンでしたが、タイムリーに見ていた方も、後々見た方も思わず笑ってしまうシーンだったのではないでしょうか。

そういったシーンを目にすると、浪川大輔は五エ門をしっかりと表現していると思いますし、今までにない新しい一面も見せていると思います。

彼の代表作としてこれ以上ないほどの知名度を誇る作品ですので、ぜひ浪川大輔演じる新生・石川五エ門の魅力に触れてみてください。

きっと他のシリーズも見たくなってしまいますよ。

VODで浪川大輔の出演作を見よう

「今からグール見ればアニメ四期に間に合いそう!」

「五エ門って浪川大輔だったの?見てみようかな」

ご紹介しましたように、浪川大輔の出演作には魅力的な作品が勢ぞろい。

他にもまだまだ面白い作品がたくさんありますので、ぜひVODサービスを利用して彼が出演しているアニメを楽しんでみてください。

U-NEXTやAmazonプライムビデオを利用すれば、彼の出演作がいつでもどこでも見られます。

無料期間なら無料でアニメが見放題。

VODで浪川大輔の魅力をもっと深く知ってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
8110
8110
アニメやゲーム、ライトノベルが大好きなライター。将来は犬や猫をたくさん飼って、ペットと遊びまくる毎日を夢見ています。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。