人気声優の魅力

ベテラン声優・中田譲治の魅力を解説!出演作を無料で見る方法

中田譲治

ベテラン声優、中田譲治の代表作と言えば、あなたはどんな作品が連想されますか?

30年以上もの期間、声優業界の第一線で活躍し続けている彼だからこそ、代表作も多く見受けられるのではないでしょうか。

こちらではそんな声優:中田譲治のプロフィールや魅力、出演した代表作についてご紹介します。

ベテラン声優が歩んできた軌跡を知りたい方はぜひチェックしてみてください。

彼の出演作を無料で見る方法も必見ですよ!

中田譲治のプロフィール

中田譲治は1954年4月22日生まれで、東京都出身の声優。

本名は中田均志で声優としてデビューする前に、俳優として多くのテレビドラマや時代劇に出演していました。

当初はエヌ・エー・シーに所属していましたが、声優としての活動に重点を置き始めた1980年代後半からは賢プロダクションに移籍、その後大沢事務所へ移籍して現在に至ります。

数々の出演作において貫禄のある役柄を演じることも多い中田譲治ですが、お茶目な人間性を覗かせることも少なくはありません。

リツイートが多く見受けられますが、公式Twitterからもそのお茶目ぶりは時折覗けますので、興味のある方は一度見てみてはいかがでしょうか?

低音ボイスと高い演技力で役柄を自在に表現

そんな中田譲治ですが、彼の魅力と言えばやはり渋く響き渡る低音ボイスと言えるのではないでしょうか。

俳優時代から培ってきた高い演技力を活用し、低音ボイスで自在に役柄を表現する様子は見る者を惹きつけて止まない魅力があると言えるでしょう。

シリアスな役柄が似合うイメージを持っている方も多くいらっしゃいますが、コメディ作品で面白おかしくキャラクターを演じたり、情けない演技を見せることも少なくありません。

役柄と声質にギャップが見受けられるとそれはそれで面白くも思えますので、根強いファンがいる要因の一つと言えるのではないでしょうか。

中田譲治が出演した代表作

それではここから具体的に、声優:中田譲治が出演した代表作についてご紹介します。

シリアスでかっこ良いキャラクターから、思わず吹き出してしまう面白いキャラクターまで幅広くこなしていますので、きっと好みのキャラクターも見つかると思いますよ。

ぜひ見たことがない作品がありましたらチェックしてみてください。

魔術士オーフェン

魔術士オーフェンは1998年に放送されたアニメで、ライトノベルの金字塔的作品の1つ。

当時はライトノベルからアニメ化する作品があまり見受けられませんでしたが、スレイヤーズと当作品の台頭によりその概念が覆されたと言えるのではないでしょうか。

そんな当作品において、中田譲治はチャイルドマンのCVを担当。

大陸最強の魔術師を熱演

作品を見たことがない方からすると、名前のイメージからあまり年齢が想像できない印象を持つ方もいるかもしれませんが、チャイルドマンは中年の男性。

当作品の世界における、魔術士養成機関「牙の塔」における講師で、大陸最強の魔術師と称されるほどの実力を誇っています。

しかし、そんな大陸最強の魔術師も、主要人物の画策により早期に命を落とすことに。

序盤にしか登場シーンがないことから、あまり中田譲治の代表作として思い浮かぶ方は少ないかもしれません。

ただ、それでも当作品をおすすめした理由は2つあります。

当時の数少ないメインキャラクター

1つはそれまで、主要人物を演じる機会が中田譲治には少なかったことから、数少ないメインキャラクターを演じている様子が伺える点。

中田譲治が声優としてテレビアニメに出演し始めたのは1985年で、当作品の放送は1998年ですので既に経験は積んでいると言っても間違いはありません。

しかし、テレビアニメへの露出が増えたのはあくまで1996年前後からと言えますので、まだそこまで声優としての中田譲治を知らないという方も多かったのではないでしょうか。

1996年にとある作品でアニメの主要人物を演じていますが、その次に主要人物を演じたのは当作品となります。

声優としての知名度を徐々に高めていっているなかでのキャスティングですので、ファンの方はその頃の中田譲治がどんな演技をしているのか、興味を惹かれるのではないでしょうか。

中田譲治を知るきっかけにおすすめ

そしてもう1つの理由ですが、非常に個人的な理由となりますが、中田譲治の名前を知ったきっかけとなった作品が当作品だったからです。

有名ライトノベルのアニメ化作品ということもあり、当時非常に多くの注目を集めていたといえる魔術士オーフェン。

そのなかでも、主要人物であるチャイルドマンの声を聞いた時は衝撃を受けました。

「なんだこの渋い声は!?」

既に中田譲治の声質を知っている方もそうではない方も、ぜひ当時の衝撃を体感してもらいたいと考え、当作品をおすすめさせてもらいます。

ストーリー展開自体も非常に魅力的な作品ですので、アニメファンなら楽しめる要素は多く散りばめられていると言えるでしょう。

中田譲治演じるチャイルドマンに降りかかる悲劇と、魅力的なストーリー展開をぜひ楽しんでみてください。

鉄のラインバレル

鉄のラインバレルは2008年から放送されたアニメで、ロボットアニメでありながらどこかクールな印象やキャラクターが多い印象を与える作品。

原作は漫画であり、ロボット作品が漫画で連載されていたことに物珍しさを感じる方もいる傾向にあります。

そんな当作品において、中田譲治は石神邦生のCVを担当。

ユニークであり作中の重要人物

石神は見た目年齢が50歳程度の男性ですが、子どもっぽい言動や人をからかう行動が多く見受けられる、ユニークなキャラクター。

主人公である早瀬浩一にもそのキャラクターからか下手に出て切実なお願いをするシーンも多くあり、どこか憎めない印象を抱く方も多いのではないでしょうか。

しかし、物語が佳境に差し掛かるにつれて、石神がその本性を露わにします。

ストーリー展開も登場するキャラクターも非常に魅力的であることから、ロボットアニメに抵抗がある方でも充分に楽しめる作品だと言える当作品。

石神の本心をぜひアニメで見て衝撃を受けてもらいたいと思いますので、ネタバレは控えさせていただきますが、作中における重要人物であることだけはお伝えしておきます。

お茶目な中田譲治の演技はファン必見

石神の本心も作中における見どころと言えますが、中田譲治ファンなら少し弱々しく、それでいてフレンドリーな演技をする様子も押さえておきたい点ではないでしょうか。

浩一からすると父親のような存在に思える大人の男性ですが、年齢を重ねていてもお茶目な発言やいたずらをする石神を見ていると、中田譲治本人もそんな人間なのではないかと思えてくるでしょう。

実際に中田譲治は「お譲さん」などのあだ名があり、それらから推測するとお茶目な人間性が想像できますが、当作品の演技を聞くとその推測にも信憑性が備わってくるように思えます。

渋い声をしたどこか憎めないキャラクターを好演している当作品を、ストーリー展開と併せて楽しんでみてください。

WORKING!!

WORKING!!は2010年から放送されたアニメで、とある架空のファミリーレストランで働く面白おかしい従業員たちの日常を描いたコメディ作品。

作品のクオリティ自体も非常に高評価を集めていて、アニメファンのなかでも随一に面白いと口にする方も多いのではないでしょうか。

そんな人気作品において、中田譲治は音尾兵吾を演じています。

偉いのに弱々しいマネージャー

音尾は作中の舞台となっているファミリーレストラン、ワグナリアのマネージャーで、全キャラクターのなかでもっとも偉い立場にいる男性だと言えるでしょう。

しかし、気弱な性格で腰が低く、口調も柔らかすぎるほどに柔らかいことから、その立場を感じさせる要素が一切ありません。

また、行方不明で帰ってこない妻を探して日本全国を転々としていることから、ワグナリアのマネージャーでありながらほとんどお店にいない始末。

それらの行動が原因となり、スタッフから嫌われてはいないものの空気扱いされているかわいそうなキャラクターと言えるでしょう。

時折帰ってきてお店で仕事をしていても、いることに周囲のスタッフが気付かないほどに存在感がなく、ステルス要素を完備しているとまで揶揄されます。

稀に現れては情けない姿をさらす役柄を好演している

情けない中年男性というイメージが先行する役柄ですので、中田譲治のそういった演技を聞いてみたい方にはピッタリの作品と言えるのではないでしょうか。

物語後半になると行方不明だった妻がひょんなことから見つかり、お店に駐在することになりますが、それでも影の薄さからか登場回数はあまり多くはありません。

変人揃いの作中においては多少なりとも常識人な側面が強いキャラクターですので、周囲のスタッフに振り回されるような描写が多く見受けられるのではないでしょうか。

ただ、作品自体は非常に見どころ満載で、良い意味で中田譲治のファンでは無かったとしても楽しめるアニメと言えます。

時折現れる中田譲治演じる音尾の登場を楽しみにしながら、気軽に面白おかしいワグナリアスタッフの日常を覗いてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
WORKING!!
WORKING!!のアニメを無料で見る方法!あらすじを解説このページはアニメ「WORKING!!」の見どころ・あらすじについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャスト、アニメを無料で見るための方法もご説明します。「WORKING!!」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

SKET DANCE

SKET DANCEは2011年から放送されたアニメで、稀にシリアスシーンもありますが基本的には高校生たちの面白い日常が描かれたコメディ作品。

スケット団と呼ばれる、困っている人を助ける部活を立ち上げた主人公:ボッスンが、団員であるヒメコとスイッチの力を借りながらトラブルを解決していくストーリー。

そんな当作品において、中田譲治は先生である中馬鉄治を演じています。

作中を面白くしてくれるキーパーソン

「チュウさん」という愛称で親しまれている化学教師の中馬ですが、脇役でありながら非常に作品を面白くしてくれる要素を投げかけてくる、重要人物だと言えるでしょう。

中馬は教師ではなく研究者になりたかったという願望を教師になってからも抱き続けている背景があり、その証拠にスケット団の元に自身が開発した怪しげな薬を次々と持ってきます。

若返りの薬から始まり、性格が変わる薬、中身が入れ替わる薬、惚れ薬など実際に開発したことを発表すれば多くの話題を集めそうな薬ばかり。

コメディ作品の登場人物としては、特にネタを持ちこみやすい特徴があるのではないでしょうか。

また、秀逸な点が必ずと言って良いほど、主人公のボッスンが中馬が持ち込んだ薬を飲んだ後に、その薬の効能を明かすのです。

そのせいでスケット団の面々は面倒ごとに巻き込まれてしまうのですが、ドタバタコメディとして高い完成度を誇っていると言えるでしょう。

中馬を中田譲治が魅力的に表現

性格は非常にめんどくさがり屋でダメな大人の側面が目立つ中馬を、中田譲治が時に面白く、時に頼りがいのある大人として熱演しています。

多くの登場人物がいるなかで登場回数も多い部類に入るキャラクターと言えますので、同じコメディ作品でもWORKING!!に出演している中田譲治とはまた違った面白さを体感できるでしょう。

高い完成度を誇るコメディ作品の真髄を、SKET DANCEから感じ取ってみてください。

VODで中田譲治の出演作を見よう

「鉄のラインバレル面白そう!見てみようかな?」

「スケ団漫画読んでたわ!アニメも見たくなってきた!」

中田譲治が出演している作品で、見てみたい作品が見つかりましたらぜひVODサービスを利用して楽しんでみてください。

Amazonプライムビデオやdアニメストアを利用すれば、中田譲治の出演作をいつでもどこでも気軽に楽しめます。

無料期間なら見たいアニメが見放題。

スマホやタブレットで彼の数え切れないほどの出演作を網羅することも不可能ではありませんので、ぜひ便利なVODで彼の活躍を追いかけてみてください。

きっと知らなかった中田譲治の一面が知れると思いますよ。

ABOUT ME
8110
8110
アニメやゲーム、ライトノベルが大好きなライター。将来は犬や猫をたくさん飼って、ペットと遊びまくる毎日を夢見ています。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。