人気声優の魅力

森久保祥太郎の魅力を解説!出演したアニメを無料で見る方法

森久保祥太郎

声優:森久保祥太郎が出演した代表作と言えば、あなたはどんな作品が思い浮かびますか?

長期的に声優業界の第一線で活躍し続けていることから、代表作を絞るのも一苦労の印象がありますよね。

こちらではそんな人気声優である森久保祥太郎のプロフィールや魅力、出演した代表作を詳しくご紹介。

彼が出演したアニメを無料で見る方法も併せてお伝えしますので、ぜひ最後までお見逃しなく!

森久保祥太郎のプロフィール

森久保祥太郎は1974年2月25日生まれで、東京都出身の声優。

本格的に声優活動を開始する前はタレント事務所に所属していた経歴を持ち、主にバラエティ番組の再現VTRなどに出演していました。

大学中退とほぼ同時期に声優としての活動を開始し、声優デビューは1996年。

シグマ・セブンに所属した後に、株式会社ヴィムスに移籍。

現在は株式会社アドナインスの代表取締役として独立されています。

そんな森久保祥太郎ですが、最初は声優としての仕事に非常に戸惑い、恥をかくことも少なくはなかったそうです。

舞台で見てもらう演技をしてきた彼が、アニメに登場するキャラクターの口パクに合わせて言葉を発しないといけない点に違和感を覚え、まともな演技もできない状態に。

結局舞台で演じるのと同様に身体を使って表現しながら演じたそうですが、手に持っている台本のペーパーノイズがひどく撮り直しになってしまったそう。

その上、ペーパーノイズという言葉の意味が分からず、注意されて取りあえず返事をして、また同じことで撮り直しになるという恥ずかしいエピソードを披露してくれています。

ベテランの域に入る人気声優ですが、駆け出しの頃の失敗エピソードを耳にすると、なんだか親しみが湧いてきますよね。

メディアへの露出にも抵抗がない彼は、Twitterでも頻繁に近況報告をしてくれますので、親しみやすい彼の人間性に触れてみてはいかがでしょうか?

クールもコメディも演じ切る高い演技力が魅力

そして森久保祥太郎の魅力と言えば、クールな役柄もコメディなシーンも巧みに演じ切る、その高い演技力にあると言えるのではないでしょうか。

特に個人的な好みになりますが、同じ作品内でシリアスシーンもコメディシーンも演じ分ける必要のある役柄が、森久保祥太郎の実力が発揮される最大のポイントだと思います。

声質も独特でありながら聞き入りやすく、ガソリンスタンドでアルバイトをしていた頃に培ったと本人が口にする発声方法も安定感抜群。

彼以上に高い安定感で、様々な役柄を巧みに演じ切る声優もそうそういないのではないでしょうか。

森久保祥太郎が出演した代表作

それではここから具体的に、森久保祥太郎が出演した代表作についてご紹介します。

ライトノベル業界の金字塔的作品から、若年層を中心に多くのファンが生まれた人気作品、さらに女性ファンの獲得にも繋がった人気アニメまで彼の代表作は盛りだくさん。

耳にしたことがある作品ばかりですので、ぜひ未視聴のアニメがありましたらチェックしてみてください。

魔術士オーフェン

魔術士オーフェンは1998年に放送されたアニメで、ライトノベルの金字塔と呼ばれる作品の1つ。

魔術を行使したバトル作品として当時高い人気を集め、現在のライトノベル人気の地盤を作るのに多大なる影響を及ぼした作品と言えるでしょう。

当作品で森久保祥太郎は主人公のオーフェンを演じました。

魔術士として高い実力を持つオーフェン

オーフェンはもぐりの金貸し業を展開している、いわゆる裏の人間風な雰囲気を醸し出す青年で、全身黒づくめの中肉中背。

比較的整った顔立ちをしていますが、それほど外見的特徴に特筆すべき点があるというわけではありません。

しかし、彼はキエサルヒマ大陸で名門とされる魔術士養成機関・牙の塔出身の魔術士。

オーフェンは金貸し業を行いながら大陸内を旅し、5年前に魔術の実験に失敗して身体がドラゴンに変形して姿を消してしまった姉のアザリーを探していました。

そんななか知り合った金髪の美少女クリーオウと、オーフェンの弟子となるマジクを交えた三人で織りなすバトルストーリーです。

原作の内容を踏襲している部分もありますが、二期の放送内容は完全にアニメオリジナルとなりますので、原作ファンでもまた違ったオーフェンの物語が楽しめるのではないでしょうか。

そんな当作品で見どころと言えるのが、原作第一巻の内容を踏まえたストーリー展開と、かっこ良い魔術の詠唱です。

姉・アザリーのどんでん返しに衝撃

あらすじは上記の通りですが、アザリーを助けたいと考えるオーフェンと、彼女の存在を消そうと考えている牙の塔の魔術士が対立する形になります。

そのなかにはオーフェンの師であるチャイルドマンと、オーフェンの同期であるハーティアの姿もありました。

かつての師と友人に敵対してまで彼女のことを助けようとするオーフェンですが、実はアザリーは既に自身の失敗に対して策を講じていて、その内容が非常に衝撃的。

天魔の魔女と称されるアザリーが起こした行動による、騒動の結末におけるどんでん返しが必見の内容ですので、ぜひアニメで実際に楽しんでみてください。

かっこ良い魔術詠唱も魅力的

そしてもう1つおすすめなのが、オーフェンが唱える魔術の詠唱方法。

魔術士オーフェンの舞台設定として、人間が使える技は魔術と称され、ドラゴンや神など人外の存在が扱う技は魔法と区別されています。

魔術は基本的に魔法の劣化版で、魔法を唱えるドラゴンなどに対して、人間の唱える魔術で対抗することはできないと言えるでしょう。

そしてさらに区別される内容として、魔法は無詠唱で扱えるのに対して、魔術は何かしらの言葉を口にしないと発動しません。

その口にする言葉は人により様々なのですが、牙の塔出身や所属の魔術師は基本的に淡白な内容を口にします。

炎を出したいのなら「炎よ!」と口にしますし、風を起こしたいのなら「風よ!」と口にすれば、イメージされた事象が具現化されることになるのです。

それに対してオーフェンの魅力的な点が、本人のこだわりなのか少し長くて厨二心をくすぐる詠唱をするところ。

光の刃で敵を攻撃したいと考えたら「我は放つ、光の白刃!」と詠唱して敵を攻撃。

爆発を起こしたいと考えたら「我は呼ぶ、破裂の姉妹!」と詠唱します。

その他にも非常に多様な言葉を口にして魔術を行使するオーフェンは、主人公として魅力的な要素を備えていると言えるのではないでしょうか。

森久保祥太郎の活動初期における演技は要チェック

そしてこの魔術の詠唱、森久保祥太郎がオーフェンの魅力をしっかりと表していて、原作ファンでも大満足の出来栄えになっているのです。

彼の安定感ある演技力と聞き入りやすい声質で発せられる詠唱内容は、作品の完成度を高めるのに一役も二役も買っていると思います。

原作のコメディシーンが大幅にカットされていることから、シリアスな展開が多いアニメ版魔術士オーフェン。

原作のシリアスな展開が好きな方には特におすすめですし、森久保祥太郎の声優としての活動初期における演技力を堪能したい方にもおすすめの一作ですよ。

メジャー

メジャーは2004年から放送されたアニメで、2018年8月執筆現在において、続編であるメジャーセカンドも放送されている人気作品。

野球を題材とした本格的なサクセスストーリーと、白熱した試合展開が魅力的なアニメです。

当作品で森久保祥太郎は主人公・茂野吾郎を熱演。

野球を通して成長する茂野吾郎

見どころとして挙げられるのが、ここまで野球を通して成長していく1人の人間を綿密に描いている作品が珍しい点ではないでしょうか。

多くのスポーツ作品でも主人公の人間としての成長から、スポーツ選手としての活躍が描かれていると思います。

しかし、メジャーほど主人公がとにかく活躍する作品は、昨今のスポーツ作品においては珍しいのではないでしょうか。

必ずと言って良いほど主人公よりも実力が上のライバルや先輩が登場しますし、そういったキャラクターの活躍がメインとなり人気を集める作品も少なくはありません。

対照的に当作品は、森久保祥太郎が演じる吾郎のストーリーがメインとなっており、幼少期から最終的にメジャーリーグに挑戦するまでに至る経緯が描かれています。

森久保祥太郎の出演シーンが盛りだくさん

原作漫画は全78巻に及ぶ長大作となっていますが、その大部分が吾郎にスポットが充てられていますので、アニメでも吾郎の活躍ばかりが目に留まります。

当然、森久保祥太郎が演じるシーンも多くなり、ファンなら必見の作品と言えるのではないでしょうか。

ぜひ主人公・茂野吾郎の野球を通した成長と、その活躍を演じる森久保祥太郎の演技力に注目してみてください。

あわせて読みたい
アニメMAJOR
MAJOR(メジャー)のアニメを無料で見る方法!あらすじを解説このページはアニメ「MAJOR」の見どころ・あらすじについてまとめています。原作者のプロフィールやメインキャストの声優、アニメを無料で見るための方法も詳しくご説明します。「MAJOR」のアニメが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

Persona 4 the ANIMATION

Persona 4 the ANIMATIONは2011年から放送されたアニメで、原作ゲームもファンから多くの支持を集めている人気作品。

2018年にはナンバリング最新作、Persona 5 the ANIMATIONが放送を開始したことも大きな話題を集めました。

そんな人気作品において、森久保祥太郎は主人公の相方・花村陽介を演じています。

ハマり役の花村陽介

こちらの作品、上記二作品とはまた違った形で非常におすすめで、個人的には森久保祥太郎が演じているキャラクターのなかではもっとも魅力的でハマり役の人物だと言えるでしょう。

というのも、原作ゲームのペルソナ4は主人公がほとんど喋りません。

一応ではありますが、人気声優である浪川大輔が主人公のCVを担当してはいるのですが、基本的に戦闘シーンで少し口を開いたり、重要なシーンで頷く程度の声を発する程度。

その代わり、物語の進行において重要な役回りを果たすのが森久保祥太郎演じる花村陽介なのです。

その特徴はアニメでもある程度再現されていて、原作よりは主人公が口を開くシーンが多くはなっているのですが、それでもアニメの登場人物にしては違和感を覚えるほどに口数は少なめ。

対照的に陽介はポップでキャッチ―な、非常に親しみやすいキャラクター。

作品の雰囲気が明るい印象を覚えるのも、陽介の巧みなボケとツッコミによる影響が強いのではないでしょうか。

シリアスもギャグも自由自在の演技力

さらに、物語が佳境に近づくにつれ、シリアスなシーンも多くなってきますが、そのシリアスなシーンでも陽介の言動がとにかく光ります。

主人公たちが追っていた事件の犯人に辿り着いたとき、法で裁けないその犯人を野放しにするべきか否か、真剣に仲間たちに問いかける陽介。

それまでギャグ要員として見られる部分も少なくはなかった陽介ですが、シリアスなシーンでも多大なる存在感を発揮しています。

そんな色んなシーンで活躍をする陽介を、森久保祥太郎が熱演。

コメディシーンは思わず笑いがこみ上げてくるほど巧みにおどけて見せますし、シリアスなシーンは緊張感たっぷりに迫真の演技を披露します。

作中でもっとも活躍するキャラクター

原作ゲームの完全版をアニメ化したPersona 4 the Golden ANIMATIONでは、追加要素を中心に描いていることから、あまり陽介の出番はありません。

その代わり、Persona 4 the ANIMATIONでは作中の登場人物においてもっとも活躍するキャラクターと言っても過言ではありませんので、ぜひその活躍を目にしてみてください。

思わずゲームに興味がない方でも、魅力的なストーリーと森久保祥太郎の演技に触発されて、原作ゲームがプレイしたくなるほどだと思いますよ。

うたの☆プリンスさまっ♪

うたの☆プリンスさまっ♪は2011年から放送されたアニメで、多くの女性ファンが生まれた男性アイドル作品の先駆けとも言える作品。

登場するキャラクターの大半がアイドル志望で、実際にアイドルグループの一員として活動するストーリーが描かれています。

森久保祥太郎は当作品において、QUARTET NIGHTというグループのリーダーである、寿嶺二のCVを担当。

アイドルにしては異色の三枚目なキャラクター

アイドルの活躍を描いていることから、キラキラとしたキャラクターが多いなかで、嶺二は少し異色の登場人物と言えるのではないでしょうか。

というのも、嶺二は少し古風な話し方が特徴的なキャラクターで、得意楽器もマラカスという三枚目なイメージが先行するアイドル。

メンバーからもいじられるシーンが多く、まとめ役でありながらグループを明るい雰囲気に誘導する能力に長けていると言えるでしょう。

嶺二メインの三期第9話がおすすめ

そんな嶺二ですが、彼の魅力がもっとも表現されているメイン回と言ってもいいのが三期の第9話。

嶺二のソロ曲が作られることが決まり、その事実を出演したラジオ番組で公表する嶺二。

曲を作るのは主人公である春歌で、実はこの段階ではまだ曲自体はできあがっていません。

そんな状態にもかかわらずラジオで公表してしまう辺りが現実味がなく、嶺二という人物の特徴を表しているとも言えるのではないでしょうか。

そして作曲を担当してくれる春歌と同じ時間を過ごしながら、春歌にとって自分がどう見えているのか、どんな人間だと思うのかという質問をしたり、何かと伏線が張られます。

そして9話後半には、ファンが発狂したのではないかと思える春歌への告白シーンが。

戸惑う春歌に対して、指先を向けウィンクしながら「なーんてね」の一言。

普段おどけているキャラクターであることから、告白シーンも結果としておどけて見せる点は非常に魅力的で、そんなかっこ良く面白い役柄を森久保祥太郎が見事に表現していると思います。

女性向けでありながら男性も楽しめる作品

女性だけでなく、男性でも思わず憧れてしまうようなかっこ良さが嶺二にはあると思いますので、女性向けのアニメだからという理由でうたプリを見ないのは非常にもったいないです。

男性でも楽しめるストーリー展開と、魅力的な登場人物たちが多く見受けられますので、ぜひ男女問わずうたプリの魅力に触れてみてください。

あわせて読みたい
うたの☆プリンスさまっ♪
うたの☆プリンスさまっ♪の魅力を解説!アニメを無料で見る方法このページはアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」のあらすじや見どころについてまとめています。メインキャストやアニメを無料で見るための方法もご説明。「うたの☆プリンスさまっ♪」が気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

VODで森久保祥太郎の出演作を見よう

「魔術士オーフェンって聞いたことあるかも?」

「うたプリって実は面白い?見てみようかな」

森久保祥太郎が出演した作品に興味が湧きましたら、ぜひVODサービスを利用して彼の演技を堪能してみてください。

Amazonプライムビデオやビデオパスを利用すれば、いつでもどこでも気軽に見たいアニメが楽しめます。

また、無料期間なら無料でアニメが見放題。

VODで森久保祥太郎の出演作を見て、日々の生活に元気をもらってみてはいかがでしょうか?

底抜けに明るいキャラクターを演じることも少なくはありませんので、きっと彼の演技に活力をもらえると思いますよ。

ABOUT ME
8110
8110
アニメやゲーム、ライトノベルが大好きなライター。将来は犬や猫をたくさん飼って、ペットと遊びまくる毎日を夢見ています。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。