人気声優の魅力

久保ユリカの出演作品を無料で見る方法!シカコの魅力を解説

久保ユリカ

久保ユリカの代表作といえば、どんな作品が最初に浮かびますか?

『ラブライブ!』で声優デビューを果たしてから様々な作品に出演し、数多くのメインキャラクターを演じています。

このページでは声優として活躍する久保ユリカのプロフィールや魅力、出演した代表作について、詳しく紹介していきます。

また最後には、久保ユリカが出演している作品を無料で見る方法も紹介!

久保ユリカの大ファンという方や、演技や声に魅了されている方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

久保ユリカのプロフィール

久保ユリカは奈良県出身の1989年5月19日生まれで、フリーランスで活動している声優。

『ラブライブ!』小泉 花陽役で声優デビューを果たしている久保ユリカは、それまでグラビアモデルとして活動していた経歴を持っています。

2002年に第6回二コラモデルオーディションでグランプリを受賞すると、「久保由利香」や「楢原ゆりか」といった名前でファッションモデルやグラビアアイドルとして活動。

しかし子供のころからアニメが好きだったこと、モデル専業だった中学校時代から声優に対する強い憧れを持っていたため、事務所移籍をきっかけに声優を本格的に目指すようになるのでした。

2010年にJMOへ移籍すると『ラブライブ!』小泉 花陽役で初めて声優の仕事に携わることができ、ファッションモデルとしての活動を再開させながら、様々な作品に出演するようになります。

『ラブライブ!』は言わずもがなアニメファン以外にも広く知られたアニメで、声優ユニット「μ’s」の一員としても、紅白歌合戦出演といった活躍ぶりを披露。

その後もソロアーティストとしての活動を展開させながら、声優としてもメインキャラクターを多く務めるようになり、近年活躍が目立っている声優の1人となっています。

歌手活動からファッションモデルなどマルチに活動

声優を本業としている久保ユリカですが、音楽活動にも精を出しています。

『ラブライブ!』に見られるように、声優ユニットのメンバーとして活動する様子があれば、2015年からはソロアーティストとしての展開も見せるようになります。

2016年に1枚目のシングルをリリースしたことでソロ歌手デビューを果たし、単独ライブも成功させるなど、ラブライブ声優から1人の人気声優へと大きく成長していくのでした。

また一方でモデル経験がある久保ユリカは、2012年からファッションモデル活動も再開しており、ファッションサイト「ZOZOタウン」でのレギュラーモデルとしても活躍。

声優でありながらファッションモデルを務めるという、過去に例を見ないマルチな活動を見せては、これからも声優アーティストとして第一線での活躍が期待されています。

久保ユリカが出演した代表作

それでは具体的に、久保ユリカが出演した代表作を紹介していきましょう。

多くの人が『ラブライブ!』小泉 花陽のイメージを強く持っていると思われますが、久保ユリカは同作品以外にも様々なアニメで活躍しています。

そのため「この作品に出演していたの!?」と、意外と感じてしまう作品があるかもしれませんので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

ラブライブ!

『ラブライブ!』は第1期が2013年1月~3月まで、第2期が2014年4月~6月まで放送されたアニメで、メディアミックスプロジェクトから誕生した作品。

廃校の危機に瀕した母校を救うため、スクールアイドル活動で盛り上げようとする9人の少女たちの奮闘と成長を描いた物語で、2015年には劇場版アニメも公開されました。

久保ユリカはその中で1年生メンバーの小泉 花陽役を務めており、気弱な性格ながらもアイドルへの情熱が人一倍強い少女を熱演しています。

デビュー作から大役を演じ切った久保ユリカ

もはや国民的アニメと言って差支えがない『ラブライブ!』ですが、久保ユリカ本人にとって初めて声優として演じたのが、他ならぬ小泉 花陽でした。

とても大人しく気弱な部分を持っている花陽は、通っている音ノ木坂学院にスクールアイドルが誕生したことを誰よりも喜んだ1人で、アイドルに対する強い情熱を持っています。

しかし自分もアイドルになりたいという想いを抱えており、なかなか一歩を踏み出せずにいたところ、親友の星空 凛に背中を押されて、μ’sへの加入を果たすのでした。

背中を押されるまでは勇気を出せずにいて、μ’sに加入してからも遠慮している様子が描かれていますが、時間が流れるにつれて自分らしさを出せるようになります。

また自分が背中を押してもらった感謝をそのまま返すため、親友である星空 凛が思い悩んでいる時は、自身が積極的に行動して彼女に自信を与える様子も。

どこか頼りない雰囲気がにじみ出ていますが、親友のために行動できる仲間想いのところがあり、それら一つ一つは勇気を出しながら行動している様子が窺えます。

そんな自分に自信がない様子が感じられるよう、久保ユリカはしっかりと演技で表現していて、とてもデビュー作でとは感じられないパフォーマンスを見せています。

ライブでも見事な歌とダンスを披露

『ラブライブ!』といえば、スクリーンではキャラクターたちが踊っている映像が流され、ステージ上ではそれぞれの担当声優が歌って踊るという形式のパフォーマンスがおこなわれていることで話題になりました。

もちろん口パクではなく、しっかりとレッスンからトレーニングを積み重ね、本番のステージではリアルの小泉 花陽を演じている姿を確認できます。

中には激しいダンスが要求されるシーンもあり、そのパフォーマンスのクオリティはとても声優とは感じられないでしょう。

また楽曲に関しても、小泉 花陽が歌っている様子を見事に表現しており、関連楽曲と『ラブライブ!』本編をセットで視聴すれば、彼女たちの凄みに気づけるはずです。

あわせて読みたい
ラブライブ!
アニメラブライブ!を無料で見る方法!登場人物やあらすじを解説このページはアニメ「ラブライブ」の見どころについてまとめています。作者のプロフィールやメインキャストの声優まで詳しく解説。パソコンやスマホで無料で見るための方法もご説明。「ラブライブ」のことが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

ハイスクール・フリート

『ハイスクール・フリート』は2016年4月~6月まで放送されたアニメで、漫画・アニメ・ゲームといったメディアミックス展開がされている作品です。

久保ユリカは知床 鈴(しれとこ りん)役を担当していて、航洋直接教育艦「晴風」の操縦を担当するも、方向音痴で小心者という少女を演じています。

自分を変えようと頑張る少女を熱演

航洋直接教育艦「晴風」の操縦を担当している知床 鈴ですが、実は方向音痴で小心者という部分を持っており、何かあるとすぐに涙を浮かべるか弱い少女。

幼いころから嫌なことや怖いことから逃げてばかりの人生を送ってきており、その人生は本人も「逃げ逃げ人生」と形容するほどで、あまり良くは思っていない様子があります。

そのため、大好きな海で船に乗ることにより、どこにも逃げられない状況を作れば自分を変えられるかもしれないと考えて、ブルーマーメイドを目指すようになるのでした。

しかし晴風の操縦を担うことで、結果的に船ごと逃げているのではないかと落ち込むこともあり、それでも仲間の支えを受けて機器や困難に立ち向かっていきます。

久保ユリカは自分を通うと頑張る少女を演じており、嫌なことなどから逃げようとする悪癖を持ちながらも、前を向こうとする姿勢を見せています。

どちらかと言えば大人しい性格のキャラクターですが、それでも意思を曲げずに真っすぐ行動している様子があり、そんな小さな熱意を抱えているところを表現。

やがては仲間を慕って支えようとする姿も描かれ、だんだん強くなっていく様子が手に取るように分かり、そういった細かな演技をおこなっていることをも窺えるでしょう。

あわせて読みたい
ハイスクール・フリート
ハイスクール・フリートを無料で見る方法!登場人物の魅力を解説このページはアニメ「ハイスクール・フリート」の見どころについてまとめています。メインキャストの特徴や声優、パソコンやスマホで無料で見るための方法もご説明します。「ハイスクール・フリート」のことが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。...

ようこそ実力至上主義の教室へ

『ようこそ実力至上主義の教室へ』は2017年7月~9月まで放送されたアニメで、衣笠彰梧によるライトノベルを原作とする作品。

2015年から刊行されている作品でもあり、累計発行部数が200万部を突破するなど、数多くあるライトノベルの中で注目度の高い作品ともなっています。

久保ユリカはヒロインの1人である櫛田 桔梗(くしだ ききょう)を担当しており、男女問わず絶大な人気を誇る美少女を演じています。

2面性を持つキャラクターを演じ分ける

櫛田 桔梗は男女ともに絶大な人気を誇る美少女で、「学園中のみんなの友達になりたい」という目標を掲げては、綾小路 清隆や堀北 鈴音と交流していきます。

しかし本当の性格は極度の承認欲求の持ち主であり、さらに傲慢かつ利己的な性格で、裏ではクラスメイトをはじめとした周りの人間を嘲笑している姿があります。

幼いころから文武両道で優れた成績を残しており、特に能力面で上回っている堀北に関しては、嫉妬している様子も描かれています。

久保ユリカは自身の欲求を満たすために行動する腹黒い部分を表現しており、表の顔と裏の顔という2面性のある難しい役柄を演じてきっています。

クラスではアイドル的存在として人あたりよく接しており、対して裏ではストレスを口に出して発散させるという様子は、久保ユリカの熱演ぶりが見られる部分に。

櫛田 桔梗の表情も相まって久保ユリカの演技には迫力を感じるばかりですが、それからも様々な策略を張り巡らしていくところなど、随所で本気を感じられるでしょう。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は2015年4月から6月まで放送されたアニメで、スピンオフ作品となる『ソード・オラトリア』も2017年4月から7月まで放送された作品。

久保ユリカはヒロインの1人であるアイズ・ヴァレンシュタインが所属するファミリアの神・ロキ役を務めており、『ソード・オラトリア』で数多くの登場が描かれています。

エセ関西弁を話す神で女好きの様子も

ロキ・ファミリアの主神でありながら、団員たちからはあまり敬われていない様子が描かれているものの、他の神々からは高い評価を受けているのがロキ。

無類の酒好きであり、さらには美女・美少年が大好きというおっさんのような性格をしていますが、『ソード・オラトリア』では様々な行動を起こしている姿もあり、決して振る舞いだけでは判断できない神となっています。

また天界にいたころは退屈しのぎに神同士の殺し合いを先導させていた物騒な神だったとされていますが、その様子は下界に降りてからはあまり見られません。

久保ユリカは奈良県出身ということもあり、関西弁を話すことには問題がありませんが、ロキはエセ関西弁をしゃべるため、微妙なニュアンスの変化に苦戦していたことでしょう。

しかし本物の関西弁と感じさせない演技を披露しており、さらには「おっさん」のような役柄をしっかりと演じ切っています。

ことあるごとに団員にボディタッチを目論むロキですが、その時の様子はいやらしさがにじみ出ているため、熱のこもった演技を行っていることが窺えるでしょう。

少女終末旅行

『少女終末旅行』は2017年10月~12月まで放送されたアニメで、原作漫画はWEB漫画サイト「くらげバンチ」で連載されていた作品。

文明が崩壊した終末世界を2人の少女が当てもなく旅をしている様子が描かれており、久保ユリカは冷静沈着でしっかり者のチトを演じています。

冷静で淡々と話す少女を演じる久保ユリカ

『少女終末旅行』における主人公の1人であるチトは、黒髪の二つ結びをした小柄な少女で、ケッテンクラートの運転を担当。

読書好きでもあり、行く先々で見つけた文献などから古代人が残した知識を得ることを趣味としていて、日々のできごとを日記に記しています。

相棒であるユーリの元号にはいつも悩まされていますが、基本的には友人で大切に思っているところもあり、どこか放っておけないとも感じています。

旅をしている最中は基本的に淡々としているため、ユーリが自由奔放に振る舞っていようが構ってほしそうにしていようが、華麗にスルーしているチト。

言葉数も少ないほうですが、発せられるセリフはどこかメッセージ性がとても強く、力がこもっている雰囲気が感じられるでしょう。

他の人類が生きているのか分からない終末世界ですが、その中で決して弱い部分を見せまいと振る舞っている姿もあり、小柄ながらもしっかりしている様子が見て取れます。

いずれも彼女の発せられる言葉から伝わってくるため、久保ユリカの声優としての演技力に磨きがかかっていることが感じられる作品と言えるでしょう。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』は2018年10月から放送されたアニメで、原作ライトノベルは溝口ケージが手掛けている作品。

「思春期症候群」と呼ばれるオカルトにも似たできごとにまつわる話が展開されていき、久保ユリカは主人公の妹で思春期症候群を抱える少女の梓川 かえで役を務めています。

極度のブラコンぶりをみせる妹

主人公・梓川 咲太の妹である梓川 かえでは、中学時代にクラスメイトからSNSで虐めに遭ってしまい、「書き込みを見るたびに身体に傷が刻まれる」という思春期症候群を患っている少女。

兄である咲太はその瞬間を目撃してしまい、大人たちに事情を説明するものの誰も取り合ってもらえず、自傷行為という言葉で片付けられてしまうのでした。

また両親ですら真剣に取り合ってもらえず、2人は兄妹だけで性格することを選択し、かえでは家の外に一歩も出ることなく毎日を送っています。

ただストレスによる発熱や、思春期症候群による「家から出ようとすると身体中に痣や傷ができる」という問題を抱えていますが、それでも本人は前を向こうと頑張っている様子も。

梓川 かえでは度々兄のベッドに潜りこんで一緒に寝るというブラコンっぷりを見せており、これまでにない役柄を久保ユリカは担当しています。

また中学時代にいじめを受けていた事実、それから家の外から出ない生活を送るようになっているため、兄以外の人と接触することを強度に恐れている様子も。

そんなビクビクしている様子や、兄に対して溺愛している様子など、現代社会に通ずるようなキャラクターを熱演しているため、どのように表現しているのかに注目が集まるばかりです。

VODで久保ユリカの出演する作品を見よう

「かよちんの可愛らしさがたまらない!」

「ラブライブ!以外にもけっこう出演しているんだ!」

紹介した作品でこのような感想を持った方、懐かしく感じてもう一度見てみたいという方は、VOD(ビデオ・オン・デマンド)の利用がおすすめ!

U-NEXTやdアニメストアを使えば、いつでも久保ユリカの出演作品を視聴することができ、さらに利用するVODによっては、スマホにダウンロードしてどこでも見ることができます。

お試し期間を設けているVODは多いですので、実質的にアニメを無料で見放題に!

ぜひVODを利用して、久保ユリカの出演作品を楽しみましょう。

ABOUT ME
みつお
みつお
コーラとポテチうすしお味は最強の組み合わせ!中学時代からアニメ・ゲームの魅力に溺れてしまい、今や2次元に触れなければ禁断症状が出てしまうように。近所のコンビニで一番くじが一瞬で無くなったら、きっとそれは私の仕業です。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。