アニメ見どころ

ヨルムンガンドのアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説

ヨルムンガンド

『ヨルムンガンド』はアニメ第1期が2012年4月~6月、第2期が2012年10月~12月まで放送されたアニメです。

原作漫画は小学館から発売されている「月刊サンデージェネックス」で、2006年4月から2012年1月までの期間で連載されていました。

このページでは、『ヨルムンガンド』のアニメのあらすじやみどころ、登場するキャラクターについて、ネタバレを含みながら紹介します。

また最後には『ヨルムンガンド』のアニメを無料で見る方法も紹介!

『ヨルムンガンド』が好きな方や派手なガンアクションが描かれるアニメが好きな方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ヨルムンガンドのあらすじ

アニメ第1期

少年兵として戦場を歩いていた少年ヨナは、ある日にココ・ヘクマティアルを護衛するプロとして彼女が率いる分隊に入隊。

彼女は世界トップを走る武器商HTCL社の人間で、彼女を護衛する私兵たちには一癖も二癖もある個性派が揃っており、各々が様々な過去や境遇を体験してきた人物ばかり。

神様のいたずらなのか、兵器や武器の一切を憎んでいる元少年兵のヨナは武器商人たちと世界中を旅することとなり、様々な景色を見ていくことになります。

アニメ第2期

武器商人ココ・ヘクマティアルの行動はCIAにマークされており、何やら不穏な空気を感じるとして観察を続けられていました。

世界中の戦場に赴いては武器を売ることを繰り返しては、その裏で物理学者や量子工学の権威を誘拐するといった指示を出し、私兵たちは疑問を感じながらも任務を遂行。

CIAも何をしているのか全く察知することができませんでしたが、やがてココ・ヘクマティアルは私兵たちに「ヨルムンガンド」なる計画を打ち明けます。

ヨルムンガンド計画の全貌とはなにか、そして計画を聞かされたヨナは何を思うのか、世界が大きく変革していく瞬間が描かれていきます。

ヨルムンガンドの作者

『ヨルムンガンド』の原作漫画を描いているのは高橋 慶太郎さん。

1999年に投稿した作品「Ordinary±」が講談社アフタヌーン四季賞に準入選し、そのまま掲載されてデビューしています。

「Ordinary±」は連載されますが雑誌休刊に伴って中断することとなり、その後「月刊アフタヌーン」に読み切りとして登場したものの、未完で終了してしまうのでした。

2006年からは月刊サンデージェネックスで『ヨルムンガンド』が連載スタート。

それまでの空白期間は東京ポンポンの名義で同人活動や小説の挿絵を手掛けていた過去を持っています。

高橋慶一郎さんの作品の特徴は鋭角的な曲線やベタを多く使用している点にあり、作中には銃器や兵器といった武器類が多く描かれている部分も挙げられます。

ヨルムンガンドのメインキャスト

ココ・ヘクマティアル

CV:伊藤静

本作の主人公であるココ・ヘクマティアルは、海運の巨人と呼ばれるHTCL社CEOのフロイド・ヘクマティアルの娘。

会社ではヨーロッパ・アフリカにおける兵器運搬部門を担当しています。

幼いころから武器商人としての仕事をおこなっており、20歳前半となった物語作中ではカリスマ性を備えていますが、お酒を飲むと動くものに対してプロレス技をかけるという酒癖の悪い一面を見せます。

学校に通ったことがないと語るココ・ヘクマティアルですが、高い教養とビジネスマナーを身に付けており、相手が無礼な対応を見せた際は容赦なく攻撃に移ります。

ヨナ

CV:田村睦心

もう1人の主人公であるヨナは、本名をジョナサン・マルと言い、西アジアで山岳部隊に所属する少年兵として戦場を渡り歩いていた過去を持っています。

基地で育ってきたヨナは教育をまともに受けていなかった女、ココ・ヘクマティアル率いる部隊に所属することになると、他の隊員から授業を受けるようになります。

私兵として彼女の警護を担当しますが、守るために使用する武器を忌み嫌っている一方、武器がなければ生きていけないというジレンマを抱えながら、世界中を旅していきます。

レーム

CV:石塚運昇

私兵集団PMCの社長を務めるレームは、本名をレーム・ブリックと名乗っており、過去にデルタフォースに所属していた経歴を持っています。

幼いころからココ・ヘクマティアルの警護を担当しており、実戦においては分隊員たちに指示を出す立場に回りながら、最前線で対象の撃滅をおこないます。

ひょうひょうとした性格を持っていながら、分隊のトップに立つだけの実力を備えており、狙撃技術だけでなく相手に反撃する暇を与えないような殺しを理想として活動しています。

バルメ

CV:大原さやか

右目には過去の戦いで負った傷を隠すために眼帯を着用しているのがバルメで、本名をソフィア・ヴェルマーと言います。

ココ・ヘクマティアルの部隊では唯一の女性隊員ということもあり、彼女の身辺警護を担当しますが、強い愛情から彼女と接すると鼻血を出すことがしばしば。

またココ・ヘクマティアルのありとあらゆる考え・行動に対して肯定的な立場に立っており、反対や批判をした者は仲間であっても敵視して圧力をかけます。

ルツ

CV:波多野渉

部隊では遠距離からの狙撃を担当しているのがルツ。

900mの長距離狙撃だけでなく、不安定な船上でも相手の銃器のみを破壊するといった腕前を持っています。

ルツは警察出身という経歴を持っているため野戦を得意としておらず、また技術も狙撃の腕のみに特化されているため、訓練などではヨナに打ち負かされてしまうことも。

また部隊の中で敵であっても女子供を打つことに躊躇する様子もあり、『ヨルムンガンド』に登場するキャラクターの中で一番と言って過言ではない青臭さが描かれています。

マオ

CV:四宮豪

マオはアジア某国の砲兵部隊に所属していましたが、事故で部隊が解散することとなってしまい、クビになってしまったところにココ・ヘクマティアルと出会います。

自身を普通の兵士と称するほど戦闘において突出した能力を披露している様子はありませんが、砲兵部隊出身ということで高精度の砲撃技術を持っています。

他にも戦闘終了後の「後片付け」でレームはマオを連れていく様子があり、十分な信頼を得て活躍している様子が窺えます。

ウゴ

CV:勝沼紀義

かつてイタリアンマフィアの下で運転手を担当していたウゴ。

グループがココ・ヘクマティアルの怒りを買ってしまったことで皆殺しにされますが、運転手としてスカウトされます。

戦闘要員というよりも移動時における場面で活躍しており、カーチェイスの場面では卓越した運転技術で危機を脱することが多くなっています。

またボディーガードとしての仕事もしっかりとこなしており、機関銃で火力支援を行うだけでなく、デザートイーグルを片手で扱うといった様子が描かれています。

アール

CV:小西克幸

アールは本名をレナート・ソッチといい、元イタリア陸軍情報担当として活動していただけでなく、狙撃兵としても活躍していた経歴を持っています。

部隊の中でも女好きである様子が描かれています。

バルメにちょっかいを出されては蹴り飛ばされているだけでなく、ココ・ヘクマティアルの舞台に参加した理由も美人という理由のためでした。

また明るい笑顔と爽やかなイケメンキャラクターはムードメーカーとして分隊を盛り上げる存在であり、分隊員を笑顔にすることもしばしばあります。

あわせて読みたい
小西克幸
声優・小西克幸の魅力を解説!代表的な出演作を無料で見る方法このページでは人気声優・小西克幸の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、小西克幸ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

トージョ

CV:箭内仁

メガネを着用していていかにも日本人らしい真面目な雰囲気が漂っているトージョですが、アールと一緒にバルメにちょっかいを出す様子があります。

日本で秘密諜報組織SR班には東條秋彦として所属していましたが、部隊の武闘路線にうんざりしてしまったことで辞職し、その後ココ・ヘクマティアルの兄キャスパーと出会って私兵となります。

気分が乗らなければ辞めるという気質があるトージョ。

ココ・ヘクマティアルの日々は振り回されるのは楽しくて仕方ないという様子があり、居心地の良さを感じている様子が窺えます。

ワイリ

CV:乃村健次

ココ・ヘクマティアル率いる分隊ではレームと並んで最古参のワイリは、元々大学で建築学を学んでいたものの、米軍に所属すると建築爆破を担当するのでした。

その腕を見込まれてデルタフォース時代のレームから作戦参加の要請を受け、作戦終了後は憧れの存在となったレームを追っているうちに、ココ・ヘクマティアルと出会います。

ワイリは分隊員の中で唯一FBIのブラックリストに載っており、爆弾を目の前にすると遊んでしまう癖を見せてしまうことから、ヨナから恐れられている人物でもあります。

ヨルムンガンドの見どころ

統率の取れたココ・ヘクマティアルの私兵たち

武器商人として世界中を旅するココ・ヘクマティアルは、その仕事の性質上から厄介ごとに巻き込まれしまうことは珍しくありません。

所属するHTCL社は武器商界でもトップクラスのシェアを誇っており、そのため彼女を守る要人警護の人物たちはいずれもプロフェッショナル。

レームをトップとして分隊員は個々の能力が高いだけでなく、訓練を忠実にこなしては実戦で結果を残しており、ココ・ヘクマティアルの指示にも従順に従っています。

また互いに雇用関係にありますが、上司部下といった関係ではなくフレンドリーに接している様子もあります。

いずれもココ・ヘクマティアルの持つカリスマ性に惹かれている様子が分かります。

武器を嫌いながらも武器を手に取るしかない少年ヨナ

『ヨルムンガンド』の主人公のひとりであるヨナは、少年兵として戦場を渡り歩いてきた過去を持っており、幼いながらも卓越した嗅覚や能力を披露。

彼の過去について触れると、山岳部隊に所属する傍らで基地内の孤児を世話する係も務め、彼らを守るために武器を手に取っていた様子が描かれています。

しかし部隊の副司令官が孤児のひとりマルカを殺したことでヨナは激しい怒りを覚え、所属部隊をたったひとりで壊滅させるのでした。

そこにココ・ヘクマティアルの兄であるキャスパーが現れ、彼と取引を行ったのち、要人警護のプロとして部隊に参加した経緯を持っています。

彼が大切にしていた仲間だけでなく両親も銃器や兵器によって殺されており、武器とそれらを使用する人間を強く憎んでいるヨナ。

一方で武器がなければ生きていけないことも自覚しています。

世界中に武器を売りさばいているココ・ヘクマティアルは嫌うべき存在ではありますが、彼女と旅をしているうちに毎日が楽しいと感じている節もあり、複雑な心境を抱きながら物語は進んでいきます。

世界平和のために武器を売るという矛盾

ココ・ヘクマティアルは武器商人として世界中を渡り歩いており、武器商人の仕事を続けているのは家業のためではなく、世界平和のためだと語っています。

しかし一方で武器を携えて人が殺されていく世界を嫌っており、それらを扱う人間に対しても絶望しているという様子も描かれています。

ヨナを部隊に引き入れたのにはココ・ヘクマティアルが理性を保ち続けるという目的があり、彼がそばにいるからこそ過剰な行動を取ることはありません。

またヨナは武器で人間同士が殺し合う世の中ではあるものの、それでも世界は美しいと語りますが、ココ・ヘクマティアルは汚れきっていると言い張ります。

だからこそアニメ第2期ではヨルムンガンド計画を推し進めており、彼女が目指す理想の世界を作り上げるために行動していくのでした。

ヨルムンガンドを無料で見る方法

『ヨルムンガンド』は2012年4月~6月、10月~12月の期間で放送されました。

「武器商人たちの物語をもう一度みたい!」

そんなときはVODがおすすめ。

『ヨルムンガンド』全24話をいつでも好きなときに見られますよ。

Amazonプライム・ビデオなら『ヨルムンガンド』の物語が視聴できるだけでなく、他のアニメ作品を楽しむことができておすすめです。

Netflixでも全話見放題となっており、さらに登録してから1ヶ月の期間が無料体験となるため、実質的に無料で視聴可能。

ぜひおすすめのVODをチェックして、『ヨルムンガンド』を楽しんでくださいね。

ABOUT ME
みつお
みつお
コーラとポテチうすしお味は最強の組み合わせ!中学時代からアニメ・ゲームの魅力に溺れてしまい、今や2次元に触れなければ禁断症状が出てしまうように。近所のコンビニで一番くじが一瞬で無くなったら、きっとそれは私の仕業です。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。