人気声優の魅力

ベテラン声優・池田秀一の魅力!出演アニメを無料で見る方法

池田秀一

ベテラン声優、池田秀一の出演作と言えば、あなたはどのアニメが連想されますか?

特徴的な声で若年層からアニメを見なくなってしまった方まで、多くの方に知られているほどの人気声優。

こちらではそんな池田秀一のプロフィールから魅力、主な出演作まで詳しくご紹介します。

彼が出演した作品を無料で見る方法も併せてお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。

池田秀一のプロフィール

池田秀一は1949年12月2日生まれで、東京都出身の声優。

元々は声優として活動していたわけではなく、幼少期から子役として活動していました。

1958年から子役として芸能活動をスタートさせ、その後NHKのテレビドラマで主役を務めるなど、天才子役として一躍注目を浴びることに。

その勢いのままに多くのテレビドラマに出演し、人気俳優としての地位を若くして確立していった池田秀一ですが、俳優活動と並行して洋画の吹き替えも行うことに。

1970年には初めてテレビアニメで声優としてクレジットに名を刻みました。

本人は当初、声優業にはさして関心がなく、オーディションを受けることに対しても気が進まないことが多かったそうです。

しかし、そんな彼にも声優としての転機が訪れます。

それが機動戦士ガンダムとの出会い。

池田秀一とガンダムの深い繫がりに関しては後述しますが、ガンダムに出演して以降は声優としての活動も精力的に行うようになりました。

ベテラン声優ですので公式Twitterなどは開設していないようですが、公式サイトにて彼のサンプルボイスを楽しめますので、ぜひ一度覗いてみてください。

池田秀一:東京俳優生活協同組合

深いバリトンボイスが憧れの的

輝かしい経歴を持つ池田秀一ですが、声優として魅力的なのはなんと言っても、聞けば一発で池田秀一だと分かる深いバリトンボイス。

ベテラン声優は池田秀一以外にも数多く活躍していますが、彼ほど特徴的で多くの方が憧れを抱く声質の声優は他にいないのではないでしょうか。

年齢を重ねた今でも若いキャラクターを演じる機会も多く、いつ聞いてもかっこ良い声質に魅了されている方は多いでしょう。

きっと男性でも女性でもかっこ良いと思える、池田秀一ならではの魅力だと思いますよ。

池田秀一が出演した代表作

ここからは具体的に、池田秀一が出演した代表作に関してご紹介します。

過去に俳優として活動をしていたこともお伝えしましたが、こちらでは出演したテレビアニメに絞って、彼の代表作をピックアップ。

すべての作品が超有名作品であり、彼の特徴が色濃く出ているアニメですので、どなたでも楽しめること間違いなしですよ!

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダムは1979年から放送されたアニメで、ロボットアニメとしてもっとも有名なガンダムシリーズの記念すべき第1作です。

池田秀一と言えば、機動戦士ガンダムのシャア・アズナブルだと誰しもが口にするほどの代表作だと思います。

数多くの名言が生まれた池田秀一の代表作

恐らくガンダムをまったく見たことがない方でも、シャアの名言は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

「坊やだからさ」

「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」

「私にも敵が見える!」

その他にも数々の名言が生まれ、主人公のアムロ・レイと人気を二分したと言えるほどの名キャラクターが、赤い彗星ことシャア・アズナブルです。

池田秀一とシャア・アズナブルの出会い

しかし、意外にも池田秀一は当初、シャアのCVを担当する予定がありませんでした。

というのも、彼はシャア役のオーディションを受けに行ったのではなく、アムロ役のオーディションを受けに行っていたのです。

その時は前述しましたように、声優業に対してあまり乗り気ではなかった池田秀一。

アムロ役もその例から外れることなく、特に乗り気でオーディションに参加したわけではありませんでした。

ただ、そのオーディション会場には機動戦士ガンダムのキャラクターデザインを担当した安彦良和のイラストが置かれていて、本人がそれを目にし

「シャアに呼び止められた」

と口にするほど、インスピレーションを感じたそうです。

そうした経緯から池田秀一はアムロ役を演じるのでなく、シャア役を演じることになりました。

衝撃的な出会いから数多くのシリーズ作品に出演

機動戦士ガンダムでの出演が契機となり、その後も数々のガンダム作品に出演し続ける池田秀一。

機動戦士Zガンダム、機動戦士ガンダムZZ、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、機動戦士ガンダムUCなど。

機動戦士ガンダムに出演していた時には、子役時代の愛称から秀ちゃんと呼ばれていたそうですが、今ではなんと呼ばれているのか気になるところですね。

ガンダムシリーズを見たことがない方はたくさんいると思いますし、ロボットアニメ自体を敬遠している方も多いでしょう。

しかし、池田秀一を語るのならまず機動戦士ガンダムを見ていないと始まりませんので、彼が声優として本当の意味でスタートを切った当作品を、ぜひ一度は見てみてください。

放送から40年近く経っている今でも、変わらない魅力的なバリトンボイスを発揮している彼の演技に、きっと魅了されてしまいますよ。

るろうに剣心

るろうに剣心は1996年に放送されたアニメで、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた男が織りなすバトル作品。

主人公はかっこ良い必殺技と中性的な顔立ち、さらには特徴的な口調が魅力的な緋村剣心。

そして池田秀一ですが、その緋村剣心の師匠であり作中最強の男ではないかと推測される、比古清十郎を演じています。

池田秀一のバリトンボイスが、こちらの作品でもとにかく光っているのではないでしょうか。

第53話の比古清十郎がかっこ良すぎる!

おすすめしたいのは第53話。

剣心たちと敵対する志々雄一派の魔の手が剣心の仲間たちに忍び寄り、神谷活心流で剣の腕を磨きながら剣心たちに追いつきたいと思っている少年、弥彦が窮地に陥ります。

その弥彦が巨人である不二に巨大な剣に斬られそうになる瞬間、比古清十郎が軽々と受け止めて登場。

そして巨人対超人の戦いが幕を開けます。

剣心の師匠で飛天御剣流の正当な継承者である比古清十郎。

当然ですが、本気になれば剣心よりも強いのは明らか。

しかし比古はただ不二を叩き伏せようとするのではなく、力をセーブして操られている背景を見抜き、剣士として本気で来いと口にします。

巨大な体格からバケモノ扱いをされてきた不二は生まれて初めて剣士として扱われ、本気で戦える比古との出会いに涙。

着けていた兜の緒を口で引きちぎり、枷を外して本気で比古に挑みます。

それでも比古の余裕が曇ることはありません。

片手で持っていた大太刀を両手で構え、強大な膂力から渾身一擲の一撃を振り下ろす不二。

そこで比古清十郎が繰り出した必殺技は―――。

結末はぜひアニメで確かめてください。

惚れてしまうほどかっこ良い名セリフ3選

個人的に池田秀一が発する比古のセリフで、特にかっこ良いセリフが3つあります。

1つは不二に斬られそうになる弥彦を助けるシーン。

「いいぜ小僧、よく吠えた。この勝負、最後まで俺のバカ弟子を信じ抜いた、お前の勝ちだ」

弥彦の窮地に颯爽と駆けつけ口にするのですが、かっこ良すぎてたまりません!

2つ目が不二を剣士として評価し、本気で来るよう促すシーン。

巨大な体格であることから、正々堂々と戦ってもその体格だけで卑怯だと思われてしまい、まともに剣士として扱われなかった不二に

「だが今日は違う。お前が全力を出しても倒せない男が、今目の前にこうして立ってやっているんだぜ」

と自信満々に勝利宣言。

敵の弱みを突いたり、作戦勝ちを果たす作品も多い昨今において、ここまで清々しく強いキャラクターは他にいないでしょう。

そして3つ目が不二との戦いにおける最後のシーン。

不二渾身の一振りに対して、

「今の一撃、申し分なし!だが惜しかったな」

このセリフを口にした時の比古の離れ業と、その後の展開も必見ですので、ぜひ実際にアニメを見て池田秀一演じる比古清十郎の魅力に触れてみてください。

人によっては、主人公よりも比古のほうが好きになってしまうと思いますよ。

ONE PIECE

ONE PIECEは1999年から放送されているアニメで、2018年8月執筆現在まで、放送を続けている人気作品。

こちらでも池田秀一は主人公であるモンキー・D・ルフィを凌ぐほどの人気キャラクター、シャンクスを演じています。

飄々としながらミステリアスな面もあるシャンクス

上記2作品と比較するとシャンクスは少し飄々とした性格で、大きな声で笑ったりと人当たりの良いシャンクス。

数々のキャラクターを演じている池田秀一の中でも、また違った魅力を持つ人物です。

そんなシャンクスですが、多くの海賊団が海を渡る大海賊時代において一目置かれる、4皇と称されるほどの人物。

第4話から登場しますが、20年近くアニメが放送され続けている今現在に至るまで、その実力を明らかにしたことはありません。

ミステリアスな要素も兼ね備えているシャンクスですが、登場回数が少なめであるところが池田秀一ファンからすると残念なところではないでしょうか。

第488話の登場シーンに痺れる

しかし、もちろん彼が良い味を出しているストーリーもあります。

それが第488話。

シャンクスが中心となって話が進むのは次の回である第489話なのですが、また比古清十郎と同じくらいに登場シーンがかっこ良く見逃せません。

ルフィの友人でありながら海軍に属するコビィは、戦争において倒れていく海兵と海賊たちのありさまを見て、まるで無意味に死んでいくように感じ始めます。

そして身体を張り、海軍トップクラスの実力を誇る赤犬の前に立ちはだかり、戦争を止めるよう提言。

残念なことにその言葉が赤犬の耳に届くことはありませんでしたが、そこでシャンクスが登場。

赤犬の拳を剣で受け止め

「よくやった、若い海兵。お前が命を懸けて生み出した勇気ある数秒は、良くか悪くか、たった今世界の運命を大きく変えた」

目的を達したはずなのに止まらない戦争を、シャンクス率いる赤髪海賊団が介入することにより、終結に導こうとする最初のシーンでした。

ルフィとの直接対決が今から楽しみになる

その後も池田秀一のバリトンボイスで作品史上もっとも多いのではないかと思えるほどのセリフが聞けますので、こちらのシーンは必見だと思います。

原作ですらルフィとの直接対決はまだ果たされていませんが、彼の実力が露わになり、池田秀一がメインとなる回が今から楽しみになりますよ。

名探偵コナン

名探偵コナンは1996年から放送されたアニメで、ONE PIECEと同様に執筆現在まで放送は続いています。

時系列的にはONE PIECEよりも放送開始が早くなりますが、池田秀一が演じるキャラクターの初登場回が遅いことから、こちらの作品を後にお伝えすることにしました。

名探偵コナンでは作中のキーパーソン、赤井秀一を演じています。

ガンダムとの関連性が深い登場人物の数々

この赤井秀一ですが、名前が池田秀一と同じである点に少し意図的な面を感じる方も多いのではないでしょうか。

それもそのはずで、原作者である青山剛昌先生が、実際にこのキャラクターは池田秀一から名前をもらっていると明言しています。

それでは赤井はどこから来ているのか。

それも彼の代表作である機動戦士ガンダム、シャア・アズナブルの二つ名、赤い彗星から来ています。

アニメの初登場回は第230話となりますが、初登場時は事件の容疑者として扱われている赤井秀一。

他にも容疑者がいるのですが、その容疑者たちも総じて機動戦士ガンダムに関連した名前のキャラクターばかり。

代表的な制作陣からもじった富野、安彦、邦男などのキャラクターが登場します。

さらに、赤井と複雑な事情から対立関係にあるキャラクターで、安室透という人物がいるのですが、こちらもガンダム関係からの命名。

シャアの宿敵で機動戦士ガンダムの主人公であるアムロ・レイと、そのCVを担当している古谷徹から来ています。

もちろん池田秀一と同様にこちらのキャラクターも古谷徹がCVを担当。

青山先生は機動戦士ガンダムのファンなのかもしれませんね。

劇場版アニメ「純黒の悪夢」がおすすめ

一風変わったキャスティング背景を持つ赤井秀一ですが、窮地にはコナンの味方になってくれることもしばしば。

テレビアニメでも登場する回数が徐々に増えていきますが、赤井がもっとも魅力的に映るのは劇場版アニメではないでしょうか。

おすすめは2016年に公開された、劇場版アニメシリーズ第20作となる純黒の悪夢です。

安室と赤井の肉弾戦が繰り広げられるシーンも見どころ満載なのですが、特に注目していただきたいのが飛行機を撃ち落とすシーン。

池田秀一のバリトンボイスで「落ちろっ!!」と言ってスナイプライフルから弾丸を発射するシーンを見ると、思わず機動戦士Zガンダムで百式を操るクワトロ・バジーナが連想されてしまいます。

劇場版アニメを見てもガンダムが彷彿をさせる辺りは、池田秀一ファンなら注目せざるを得ない点と言えるのではないでしょうか。

その他にも劇場版アニメも含め、池田秀一演じる赤井秀一が登場するシーンはたくさんありますので、純粋なストーリー展開も併せて楽しんでみてください。

VODで池田秀一の出演作を見よう

「池田さんの出演作って有名なものばっかり!」

「どれから見ようか迷っちゃうくらいに見たい作品が多い!」

池田秀一の代表作を4つご紹介しましたが、他にも彼の名演技とバリトンボイスが光るアニメはたくさんあります。

数多くのアニメを楽しみたい方は、ぜひVODサービスを利用してみてください。

U-NEXTやdアニメストアを利用すれば、池田秀一の出演作がいつでもどこでも気軽に見られます。

無料期間ならアニメが無料で見放題。

名探偵コナンのテレビアニメ版や劇場公開作品は、配信されているVODサービスが限られていますが、U-NEXTでは配信が確認されています。

ぜひ各種サービスを利用して、池田秀一の特徴的な名演技を楽しんでみてください。

ABOUT ME
8110
8110
アニメやゲーム、ライトノベルが大好きなライター。将来は犬や猫をたくさん飼って、ペットと遊びまくる毎日を夢見ています。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。