アニメ見どころ

バクマン。のアニメを無料で見る方法!あらすじや見どころを解説

バクマン。

バクマンは2010年10月~3月まで第1期、2011年10月~3月まで第2期、2012年10月~3月まで第3期がNHK他で放送されたアニメ作品です。

原作は大場つぐみさんで、作画に小畑健さんとのタッグで週刊少年ジャンプに2008年~2012年まで連載されていました。

このページではバクマンのあらすじや見どころなどを多少のネタバレ有りでご紹介します。

まだ見たこと無い方のためにバクマンを見ることが出来るVODもご紹介。

王道の努力や友情、勝利が好きな方、漫画家に興味がある方、純愛が好きな方にはおすすめですので是非チェックしてくださいね。

バクマン。のあらすじ

主人公のひとり、真城最高は画力はとても高いが、それを生かすような将来の夢などなくただ無気力な毎日を過ごしていた。

そんな真城の絵を偶然見てしまったもうひとりの主人公、高木秋人と出会ったことで二人の夢が始まることとなる。

物語を考えることがうまい秋人、そして、絵が上手い真城、二人でタッグを組んで漫画家になろう秋人から誘われた真城は、最初はその誘いをきっぱりと断ってしまう。

真城には漫画家だった叔父さんがいて、一度はヒット作は出したものの、その後は花咲くこと無く、最後には過労死してしまったという伯父さんがいて、そのことから真城は漫画家に対してはあまりいい印象が無かったから。

しかし、真城の片思いの相手の亜豆美保に、自分の漫画がアニメ化したら結婚しようと勢いで告白してしまい、小豆がそれに対してOKしたことで二人は漫画家として組むこととなる。

そんな二人が、厳しい漫画家の世界で戦いながら連載やアンケート1位を目指し、そして真城と小豆の恋の成就を目指して奮闘していく様を描いた作品です。

バクマン。の原作者

バクマンの原作は大場つぐみさん、作画は小畑健さんです。

二人はバクマンの前にもあの大ヒットしたDEATH NOTEでもタッグを組んでいました。

作画を務める小畑健さんは過去にあやつり左近やヒカルの碁の作画も務められていましたので、ジャンプでは有名な方ですよね。

現在はまたしてもこの二人の最強タッグにより、集英社発行のジャンプスクエアでプラチナエンドを連載されています。

メインキャラ(亜城木夢叶関係)

亜城木夢叶(あしろぎむと)は真城と高木のペンネームで、二人の作品の場合はこのペンネームで表記されます。

お互いが個人でなにか作品を出した場合は個人名で表記されることも。

意味は、亜豆と真城と高木の夢を叶える。

真城 最高(ましろ もりたか)

CV:阿部敦

本作の主人公のひとりで、亜城木夢叶の作画担当。

高木からは主にサイコーというあだ名で呼ばれる。

画力が非常に高く、幼少期はコンクールで賞をもらうなどしていて、漫画家の叔父の影響で漫画家を目指していたが、その夢は諦めていた。

亜豆との夢のためにと何かと頑張り過ぎな面が目立ち、度々周囲に迷惑をかけてしまうなどトラブルメーカーと呼ばれることもあるが熱い心の持ち主。

高木 秋人(たかぎ あきと)

CV:日野聡

本作のもうひとりの主人公で、亜城木夢叶の原作担当。

真城からは主にシュージンというあだ名で呼ばれる。

文才が非常に高く、幼少期から感想文などで賞を受賞していた反面で絵が下手である。

頭が非常によく、売れるように計算して書けるタイプであり、いわゆる王道系である作品ではなく、邪道系の作品の時にその力を大きく発揮する。

亜豆 美保(あずき みほ)

CV:早見沙織

本作のメインヒロインで、真城の想い人。

真面目な性格ゆえに多少地味な見た目ではあるが、綺麗な顔立ちをした美人。

将来の夢は声優であり、亜城木夢叶の作品がアニメ化した際にはヒロインを務めると約束している。

あわせて読みたい
早見沙織
早見沙織の出演作を無料で見る方法!はやみんの魅力を解説このページでは人気声優・早見沙織の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、早見沙織ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

見吉 香耶(みよし かや)

CV:矢作紗友里

本作のもうひとりのヒロインであり、高木の恋人。

亜豆の唯一無二の親友であり、いつもお互い悩み相談などをしている。

亜豆関係から真城と高木とも面識があり、学生時代から高木に少なからず好意を抱いていて、高木の停学など色々な要因が重なり半ば強引に交際をはじめた。

亜城木夢叶のことをいつもそばでサポートし続けた影の功労者。

メインキャラクター(編集関係)

服部 哲(はっとり あきら)

CV:利根健太朗

亜城木夢叶が持ち込みした際に見てくれた編集者。

漫画家の成功するかしないかは編集の腕次第というポリシーを持っていて、アドバイスなど非常に真面目で的確な優秀な編集者。

亜城木に対して非常に思い入れがあり、必ず売れると持ち込み段階から感じていた。

亜城木からも厚い信頼を得ていて、一度は担当から外れるものの、再度担当として戻っている。

港浦 吾郎(みうら ごろう)

CV:桐井大介

服部から受け継いだ亜城木の二代目担当。

亜城木の長所を無視した作品を書かせたり、これと言ったいいアドバイスもできないなど序盤はかなり無能なポジションの編集として描かれていた。

しかし、物語が進むに連れて亜城木とともに成長していき、編集として何作か担当させてもらえるほどになる。

亜城木とは実質組んだのは1作品のみである。

服部 雄二郎(はっとり ゆうじろう)

CV:野島裕史

一番人気作家、新妻エイジの担当編集。

同じ姓である哲とは仲がよく、良いライバル関係である。

問題が多い作家を多く担当していて、何かとトラブルを起こされるが、建前上は立場的に苦言を呈すものの、賛同できる意見にはきちんと聞いてあげるなど親身になって考えれる編集者。

メインキャラ(その他の作家)

新妻 エイジ(にいづま えいじ)

CV:岡本信彦

本作の重要な人物で、集英社の看板作家。

亜城木夢叶のライバルであり、目標でもある作家。

新妻エイジ本人も亜城木の才能は感じており、ライバルとして認めている。

若くして連載をスタートさせた10年に一人と言われる天才であり奇才の持ち主で、計算して考えて作る高木とは反対に勢いで書くタイプであり、得意ジャンルは王道のバトル物。

天才ではあるが恋愛経験は疎く、読み切り用に書いた恋愛漫画は酷評だった。

あわせて読みたい
岡本信彦
声優・岡本信彦の魅力を解説!出演アニメを今すぐ無料で見る方法このページでは人気声優・岡本信彦の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、岡本信彦ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

福田 真太(ふくだ しんた)

CV:諏訪部順一

亜城木夢叶のライバルであり、良き仲間の漫画家。

見た目はヤンキー風の男性で言葉遣いもかなり粗暴な面が目立ちます。

しかし、情などには熱い面もあり、福田組と称して結成した漫画家連合の有事の際には先人を切って行動していた。

新妻エイジのアシスタントをしていたことから、数少ない新妻とまともに接することが出来る人物である。

新妻よりも年上ではあるが、才能を認めていて、先生や師匠と呼んで慕っている。

あわせて読みたい
諏訪部順一
人気声優・諏訪部順一の魅力を解説!出演アニメを無料で見る方法このページでは人気声優・諏訪部順一の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、諏訪部順一ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

中井 巧朗(なかい たくろう)

CV:志村知幸

福田組のメンバーで、肥満体と無精髭が特徴の男性。

漫画家デビューを夢見るものの、話やキャラを作る才能が無くほぼ不可能とされていた、その反面、絵を書く才能は高く手先も起用で真城に対して絵のアドバイスが出来るほど。

上記のことから、アシスタントとしてはとてもレベルが高く信頼されている。

惚れっぽい性格で、作中でも色々な女性に好意を示していたがその度に難色を示され、その逆恨みから暴挙に出ることも合った。

蒼樹 紅(あおき こう)

CV:川澄綾子

福田組のメンバーで、大学院に通う頭のいい綺麗な女性漫画家。

元々は少女漫画雑誌で掲載を目指していたが、作風的に少年誌のほうが向いているというアドバイスによってジャンプへ異動した。

話を作るのはうまいが作画があまり少年誌向きではないため、中井を作画として連載デビューした。

初期は一切感情は出さずにクールできついイメージであったが、単純に人と接するのが苦手なだけで、根は優しい女性である。

岩瀬 愛子(いわせ あいこ)

CV:藤村歩

亜城木二人と中学が同じで、元は小説家をやっていた女性。

高木のことを一方的にライバル視していて、高木が漫画家をやっていることに対して侮辱的な発言をしていた。

漫画は小説より劣っているという考えの持ち主であり、高木の文才は認めているものの、高木のせっかくの能力を漫画に使っていることに対して半ば嫉妬のような形で敵視していた。

容姿端麗の才色兼備ではあるが、非常にプライドが高く上から物を言うので敬遠されている。

バクマンの見どころ

原作はコミックスで全20巻、アニメは全部で3シーズンということで、決して長すぎずに読みやすい、見やすいペースで見ることができます。

DEATH NOTEから一変してリアリティある設定が舞台となったバクマンですが、その人気の理由をご紹介いたします。

シャンプの王道

シャンプだけではなく少年漫画の王道とも言える、努力・友情・勝利がうまく描かれています。

決して設定は王道のバトル物ではないのですが、それでいてそれらを表現できている事が本当に魅せ方がうまいと感心させられます。

次々と立ちはだかる難題に対して、それらに立ち向かっていく二人、そして沢山のライバルや仲間の登場と熱い展開の連続も惹きつけられるところ。

主人公二人も最初は高校生であり若い部分も目立ちましたが、物語とともに成長していくのも感情移入してしまうポイントとなってます。

全体を通して、決して淡々と進むだけじゃないそのストーリーは必見です。

大場・小畑のタッグ

やはり、前作のDEATH NOTEという大ヒット作を生み出した二人というのが気になるところですよね。

前回はSFやサスペンスに心理戦をふんだんに組み込んだジャンプとしてはまさに邪道な作品でしたが、その二人が次は逆に現実的な作品を作ったということで話題性もとても高かったです。

大場さんの作る話と小畑さんの書く絵は本当にうまくマッチされていて、原作は勿論ですがアニメでもしっかりと描かれています。

漫画家の勉強になる

あまり表に出ることは無かった漫画家の実態が細かく表現されていて、漫画家のいいところは勿論のこと、悪いところも惜しみなく暴露されています。

発表前は編集からさすがに暴露しすぎと言われたりしていたそうですが、それすらも黙らせてしまうほどの人気を博したために公開することができました。

漫画家を目指している方や編集を目指している方に対してのアドバイスにもなると思うので、そういう方は必見だと思います。

それぞれの青春模様

漫画家として連載やアニメ化を目指していくのが本作の本筋ではありますが、それと並行して進んでいくもう一つの題材とも言える恋愛もとてもうまく描かれています。

真城と亜豆のような時間をかけて育んでいく純愛、高木と見吉のように軽い感じから始まった恋愛、はたまた、全く別のとこで発展していた予想外の恋愛など、作中には様々な恋愛模様が描かれています。

そのどれもが形は違えど素晴らしい恋愛であり、見ている側としては胸がトキメクような描写がとても多いです。

なので、女性の方でも楽しく見れるのではないでしょうか?

亜豆と真城に関しては結構とんでも展開も多いので、もしかしたら見る方によってはなんとも言えない時もあるかも知れませんが・・・

バクマン。のアニメを無料で見る方法

バクマン。は残念ながら2012年の3月でアニメの放送は終了してしまっているのですが、それでもバクマン。を見てみたいと思った方にはVODがおすすめです。

バクマン。を見るなら下記二つのVODがおすすめです。

dアニメストアではお試し期間中の30日間でしたら全話無料で見られますが、期間終了後は月額400円で見放題となっています。

U-NEXTでも同様にお試し期間中でしたら無料で見られますが、期間終了後は月額1990円で見放題となっています。

是非チェックしてくださいね。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。