おすすめVOD

バンダイチャンネルは無料期間なし!特撮やアニメに強いVOD

バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、株式会社バンダイナムコライツマーケティングが運営するVODサービス。

このページではバンダイチャンネルの特徴やおすすめポイント、デメリットについて詳しく解説します。

無料でアニメを観るための注意点についてもわかりやすくご説明しますので、バンダイチャンネルが気になっている方は、ぜひご覧ください。

バンダイチャンネルの基本情報

まずはバンダイチャンネルの基本情報を以下の表に整理しました。

バンダイチャンネルの基本情報
利用者数 非公開
コンテンツ数 3,500本以上
サービス開始日 2011年8月
取扱いジャンル アニメ、特撮
月額費用 1,080円
支払方法 クレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
Yahoo!ウォレット
BIGLOBE決済
@nifty決済
キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済/au WALLET、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)
PayPal
iTunes決済
WebMoney
BitCash
NET CASH
楽天Edy
楽天Edy おサイフケータイ
バナコイン
無料期間 なし(無料会員制度あり)
付帯サービス 特になし
視聴方法 テレビ:可(アクトビラ対応機器、Chromecast、AppleTV)
パソコン:可
スマホ:可(iOS、Android)
ダウンロード 不可

バンダイチャンネルは、アニメ・特撮専門のVODサービスです。

有料会員の利用料は月額1,080円ですが無料会員制度もあり、無料会員は3.500本ほどの作品のうち約1,000作品が見放題となります。

他のアニメ専門VODサービスと比べると、子供向け作品が充実したラインナップが特徴的です。

バンダイチャンネルの運営会社

バンダイチャンネルの運営会社
社名 株式会社バンダイナムコライツマーケティング
設立 2002年3月1日
本社 東京都千代田区神田鍛冶町3-5-2
資本金 3,000万円
代表者 竹野史哉
従業員数 非公開

バンダイチャンネルの運営は、株式会社バンダイナムコライツマーケティングです。

バンダイナムコグループの一社で、2002年3月の設立以来バンダイチャンネルの運営を行なっています。

発足時はサイト名と同じ「株式会社バンダイチャンネル」という社名でしたが、2015年3月31日に現在の社名に変更されました。

バンダイチャンネルの他に、ガンダムファンクラブ、東映特撮ファンクラブなどの運営を行なっています。

バンダイチャンネルの主な特徴

タブレットでアニメを見ている若い男性

おすすめポイント

  • アニメだけではなく特撮作品も配信
  • ユーザー同士の交流機能が充実
  • 有料会員にならなくても楽しめる無料作品も沢山

バンダイチャンネルが他のアニメ専門VODサービスと違う点は、アニメだけではなく特撮作品が充実していることです。

「仮面ライダー」や「ゴジラ」「ウルトラマン」など人気シリーズも、古い作品から最新作まで配信しています。

特撮は他社のサービスでは手薄になりがちなジャンルなので、特撮好きがVODサービスを選ぶならバンダイチャンネルがおすすめです。

ユーザー同士の交流機能が充実

ユーザー同士の交流に重点を置いているところも、バンダイチャンネルの特徴です。

まず、バンダイチャンネルでは自分の好みの作品をリスト化することができ、それを他のユーザーに公開することもできます。

また、各作品にはコメント欄があり感想や考察を書き込めるので、多くの人と感想を共有しながら楽しむことができます。

さらにライブ配信機能を使い、決まった時間に無料アニメが配信される「みんなでストリーム」もあります。

ツイッターの専用ハッシュタグを使って同時に感想を書き込みながら見られるので、大人数でワイワイ楽しんでいるような感覚で視聴できます。

有料会員にならなくても楽しめる無料作品も沢山

バンダイチャンネルで配信されている作品には、3種類があります。

1つ目は、無料の会員登録をすれば誰でも無料で見られる動画。

各アニメの1話目は基本無料で、本編全話が期間限定で無料公開されることもあります。

2つ目は、月額1,080円の有料会員になると見放題になる動画。

無料会員の倍ほどの数の作品が見放題になります。

3つ目は、無料会員・有料会員共に都度購入するPPV作品。

人気アニメや最新作、長編映画などがこれに当たります。

無料公開されているコンテンツが常に1,000作品ほどあり、有料会員にならなくても十分楽しめるのがバンダイチャンネルの魅力です。

まずは無料でバンダイチャンネルを試し、気に入ったら有料会員に移行するのもおすすめです。

注意点・デメリット

  • 月額料金が高い
  • 有料会員のメリットが少ない
  • 画質の種類・字幕の有無が作品によりバラバラ

バンダイチャンネルのデメリットの1つ目は、月額料金が高いということです。

他のアニメ専門VODサービスには月額400〜500円のものもあることを考えるとバンダイチャンネルの1,080円は少し高めだと言えるでしょう。

また、バンダイチャンネルは無料作品が充実している分、有料会員のメリットが見えにくいところがあります。

PPV作品にはさらに課金をしなければいけないことを考えると、月額料金に加えての出費がネックになるという人も多いでしょう。

有料会員の見放題作品にあまり魅力を感じないという方は、無料会員+PPVで都度課金(有料会員が見放題の作品も1話ごとの購入が可能)という方法も検討してみてはいかがでしょうか。

画質の種類・字幕の有無が作品によりバラバラ

バンダイチャンネルは、HD画質までの映像に対応しています。

ただし全ての動画がHD画質というわけではなく、作品ごとにデフォルトの画質や画質の選択幅が異なります。

バンダイチャンネルは、画質に重点を置いてVODサービスを選びたい方には向かないでしょう。

また、字幕も対応しているものと未対応のものがあるため、耳の聞こえない方や語学学習目的でアニメを見る方など、字幕が必要な方にもおすすめできません。

バンダイチャンネルの申込方法

バンダイチャンネルの申し込みは、トップページの「登録はこちら」から始めます。

バンダイチャンネルの申し込み画面

次にログインを求められます。

ログイン画面

すでにバンダイナムコIDを持っている場合か、LINE、Facebook、Twitterいずれかのアカウントでバンダイナムコのサービスに連携したことがあれば、ログインするだけで登録が完了します。

新規登録はこちら

上記のアカウントでログインしない場合は、下部の「新規登録はこちら」を押しましょう。

小さい文字で少しわかりづらいので要注意です。

次のページで各SNSのアカウントと連携して登録、またはメールアドレスとパスワードを指定して登録します。

メールアドレスの登録画面

登録したメールアドレスにこのようなメールが届くので、認証コードを入力、またはメール下部のURLにアクセスします。

バンダイチャンネルから届くメール

次に利用規約に同意して、バンダイナムコIDの登録は完了です。

利用規約の確認画面

ここから、バンダイチャンネルを利用するための手順が続きます。

バンダイチャンネルを利用するために必要な追加情報は、生年月日と性別です。

生年月日と性別の入力画面

ここまででバンダイチャンネルの無料ユーザー登録が完了します。

追加情報の入力完了画面

有料会員になるためには、さらに支払い方法を登録します。

「会員コース」から「有料会員コース」を選び登録ボタンを押しましょう。

有料会員コースの選択画面

次に支払い方法を選択し「お支払い手続きに進む」で進みます。

支払い方法の選択画面

必要なクレジット情報等を入力し、「購入」ボタンを押して有料会員手続きが完了です。

購入内容の確認画面

無料期間についての注意点

パソコンの前でがっかりしている女性

バンダイチャンネルには、無料期間はありません。

有料会員登録をしない限りは、月額料金はかからないので安心して無料動画を見ることができます。

有料会員の特典に魅力を感じたら、ぜひ登録手続きをして月額1,080円で見放題作品を楽しみましょう。

解約に必要な手続き

バンダイチャンネルの解約は、バンダイチャンネル公式サイトのマイページから始めます。

マイページ内にある「登録内容の変更・退会」を選択しましょう。

個人認証が必要となるため、ログインパスワードを入力します。

変更内容を選ぶ画面に移るため、一番下の「退会」を押します。

次のページで「有料会員を解約する」「バンダイチャンネル会員を解約する」の2項目が提示されます。

有料会員をやめて無料会員になるなら前者、バンダイチャンネルのアカウント自体を削除するなら後者を選びましょう。

次にアンケートと注意事項が表示されます。

このアンケートに答えないと解約できません。

また、有料期間中に解約すると、解約したすぐ後から有料会員サービスは利用できなくなるため注意しましょう。

ちなみに発生している月額料金は途中で解約しても日割りにはなりません。

最後に内容を確認するページに移るので、確認して「解約」を押しましょう。

これで解約手続きは完了です。

バンダイチャンネルはこんな人におすすめ

スマホでガンダムを見ている男性

バンダイチャンネルは、アニメ・特撮両方が好きな人におすすめのVODサービスです。

少し月額料金は高めですが、無料動画も充実しているので有料会員にならなくても十分楽しめるでしょう。

また、VODサービスとしては珍しくユーザー同士の交流が重視されているのがバンダイチャンネルの特徴です。

同じ趣味の仲間と盛り上がりながらアニメを見たい方にも、バンダイチャンネルはおすすめです。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。