アニメ見どころ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のあらすじと見どころを解説

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は2011年4月から同年6月までフジテレビ、ノイタミナ枠にて全11話構成でテレビ放送されました。

この作品は、A-1 Picturesによるオリジナルアニメで2012年にマンガ化、2013年8月31日に劇場版が公開、2015年9月21日には実写ドラマが放送されました。

今回はそんなアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のあらすじや見どころについて紹介していきます。

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が気になっている方は是非チェックしてみてください。

「あの花」の主なあらすじ

小学生の頃、「じんたん」と「めんま」「あなる」「ゆきあつ」「つるこ」「ぽっぽ」らは何でも平和にすることを目的としたグループ「超平和バスターズ」を結成。

日々秘密基地に集まり遊んでいた。

こんな平和な日常がずっと続くかと思われた。

その矢先、ある日突然めんまが川の事故にて命を落としてしまう。

それをきっかけにじんたんたち「超平和バスターズ」はバラバラになり、皆次第に疎遠になってしまう。

それから5年の月日がたち、「超平和バスターズ」の面々は高校生になっていた。

同じ進学校へと進学したゆきあつとつるこ、ギャルになったあなる、バイトでお金を貯めながら世界中を旅して周るぽっぽ。

しかしじんたんはと言えば、受験に失敗してしすべり止めの高校には受かったものの、高校生活にうまく馴染めず、家に引きこもり自堕落な毎日を送っていた。

そんなある日、じんたんに目の前に死んだはずのめんまが現れる。

驚くべきことに、彼の目の前に現れためんまは皆と同じように成長していたのだった。

生前の願い事を叶えることができれば成仏できるというめんま。

しかし、その願い事はめんま自身にも分からないという。

最初は、目の前の現実を受け入れることができなかったじんたんであったが、徐々にめんまを受け入れはじめる。

めんまの願いごとを叶えるために、再び「超平和バスターズ」の面々に呼び掛けるじんたん。

しかし、そう簡単にはめんまが現れたなど信じてもらえるはずもなかった。

それでも、諦めずに行動するじんたんとめんま。

それをきっかに、5年前のあの日止まったそれぞれの時間が再び徐々に動き始める。

ばらばらになってしまった彼らの友情が再び再生されていく。

そして、最後に明らかになるめんまの心からの願い。

そんな高校生の少年少女の葛藤、友情を描いた青春群像劇。

原作者は岡田麿里さん

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」はアニメオリジナルの作品です。

原作を手がけたのは岡田麿里さんで、成人向けVシネマのシナリオ募集に応募してシナリオライターとしてデビューされた方。

その後フリーで漫画原作、ゲームシナリオ、CDドラマなどの脚本に携わり始め、1998年には「DTエイトロン」の第9話「FANG OF THE TANK-CEMETERY」からアニメの脚本にも携わりはじめることに。

その後、2001年に「おとぎストーリー天使のしっぽ」の脚本を担当しています。

この作品をきっかけにアニメのライターを志しはじめたそうです。

2011年には「フラクタル」、「放浪息子」、「GOSICK-ゴシック-」、「花咲くいろは」、そして今作品「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」など6クール分のシリーズ構成を担当。

2015年9月19日公開の劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」でも脚本を担当しています。

2017年以降には、実写映画化・ドラマの脚本も執筆し始め、同年4月には自身の経験を綴った自伝、「学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで」を文藝春秋より刊行。

さらに、2018年2月24日公開の劇場アニメ「サヨナラの朝に約束の花をかざろう」では、初監督を務めています。

今回ご紹介している「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、企画コンペに岡田さんが応募したことでスタート。

本当に書きたいものを書いてほしい、というリクエストに「登校拒否児は魅力的なキャラクターとして成立するか」という自身の思いから、主人公であるじんたんが、不登校キャラという設定になったようです。

「あの花」の主な登場人物

宿海 仁太(やどみ じんた)

CV:入野自由/田村睦心(幼少期)

今作の主人公にして超平和バスターズのリーダー的存在。

メンバーからはじんたんの愛称で呼ばれていました。

進学校である王大付属への高校受験を失敗し、すべり止めの秩父市立緑が丘高校に受かりますが、学校生活に上手く馴染めず不登校になってしまいます。

引きこもり生活では、家でゲームをしたりといった自堕落な生活を送っていました。

学校に行かず、家に引きこもっていることへの後ろめたさもあって、外出の際は周囲の目を気にしてニット帽を被ったり、眼鏡をかけたりして変装しています。

幼少の頃の仲良しグループ超平和バスターズでは、明るく元気いっぱいの行動派で皆を引っ張る存在でした。

ある日、秘密基地で遊んでいるときにめんまと恋仲にあることを超平和バスターズの面々に問い詰められます。

それに対してじんたんは、恥ずかしさから心無い一言を思わずめんまに対して言い放ってしまいます。

その直後に、めんまが不慮の事故でこの世を去ってしまい、自分が行ってしまったことをずっと後悔していました。

そしてある夏の日に、目の前に再びめんまが現れたことで彼女の願いを叶えるべく奔走し始めます。

地底人といった言葉が書かれているTシャツであったり、普段から少し変わったTシャツを着ていることが多いです。

あわせて読みたい
入野自由
声優・入野自由の魅力を解説!代表的な出演アニメを無料で見る方法このページでは人気声優・入野自由の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、入野自由ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

本間 芽衣子(ほんま めいこ)

CV:茅野愛衣

じんたんたち超平和バスターズの一員。

メンバーからはめんまの愛称で呼ばれていました。

天真爛漫でどこか天然なところを持っています。

ロシアのクォーターということもあり、色白銀髪の美少女です。

そのため幼少期のあなるやつるこは彼女のことを、心の中でうらやんでいました。

しかし、不慮の事故がきっかけで命を落としてしまいます。

その後ある夏の日に、幽霊として再びじんたんの前に姿を現します。

子供っぽいところがあり、わがままをいうこともしばしば。

溶き卵を入れかき混ぜた、かきたま塩ラーメンが好物で、じんたんにつくってくれるように要求をすることもあります。

幽霊となって現れためんまの姿は、じんたん以外には見えません。

しかし幽霊でありながらも、特定の物体に干渉することは可能なようで、何かを食べたり、文字を書いたりといったことはできます。

あわせて読みたい
茅野愛衣
茅野愛衣の出演アニメを無料で見る方法!かやのんの魅力を解説このページでは人気声優・茅野愛衣の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、茅野愛衣ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

安城 鳴子(あんじょう なるこ)

CV:戸松遥

じんたんたち超平和バスターズの一員。

メンバーからはあなると呼ばれていました。。

幼少の頃はゲームの好きな大人しい女の子でしたが、その後高校デビューして派手なギャルの風貌に変化しています。

見た目に反して性格はまじめで几帳面ですが、成績はあまり芳しくありません。

じんたんとは同じ高校で、めんまの事故以来じんたんが自らの殻の閉じこもったことが原因で互いに希薄な関係性になりながらも、心の中では彼の事を気にかけていました。

幼いころは自身のメガネとくせ毛にコンプレックスを抱いており、可愛いめんまに対して憧れを抱いていました。

また、じんたんに対しては心の中で好意を抱いていました。

じんたんの目の前にめんまが現れた事がきっかけで、再びあなると呼ばれるようになりますが、その単語の別の意味を知ってしまった現在はその名で呼ばれると必死に否定します。

あわせて読みたい
戸松遥
戸松遥の出演アニメを無料で見る方法!ハルカスの魅力を解説このページでは人気声優・戸松遥の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、戸松遥ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

松雪 集(まつゆき あつむ)

CV:櫻井孝宏

じんたんたち超平和バスターズの一員。

メンバーからはゆきあつの愛称で呼ばれていました。

容姿端麗、成績優秀な優等生。

じんたんの第一志望だった高校に見事合格しており、そこでも学年2位の成績を誇っています。

幼少期は何でも皆の先頭にたつリーダーだったじんたんに対して、ライバル心を持ち常に対抗しようとしていました。

現在は落ちこぼれてしまった彼に対して様々な感情を抱き、冷たい態度を取りながら、過去に捕らわれたままの自分を自覚しています。

めんまの事が好きで忘れられないということも、彼が過去に強く固執する原因の一つになっています。

事故の直前にめんまに告白し大きな動揺を与えてしまい、そのことが間接的に彼女の死に繋がってしまったのではないかという罪悪感を抱いています。

そのため、もういないはずのめんまが現れたというじんたんに向かって怒り衝突します。

あわせて読みたい
櫻井孝宏
声優・櫻井孝宏の魅力を解説!出演アニメを無料で見る方法このページでは人気声優・櫻井孝宏の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、櫻井孝宏ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

鶴見 知利子(つるみ ちりこ)

CV:早見沙織

じんたんたち超平和バスターズの一員。

メンバーからはつるこの愛称で呼ばれていました。

大人っぽく物静かな性格で読書が趣味。

ゆきあつと同じ進学校に通っています。

じんたんたちに対してそっけない態度を見せながらも、内心では皆のことを気にかけています。

ゆきあつに対して幼いころから想いを寄せていながらも、今も昔もめんまのことを思い続けている彼に対してその胸の内を明けていません。

幼少の頃から絵を描くのが得意で、今でも時折絵を描いています。

めんまのことを忘れられず、おかしな行動を度々起こすようになったゆきあつの異変をいち早く察知し、じんたんに協力を求めます。

あわせて読みたい
早見沙織
早見沙織の出演作を無料で見る方法!はやみんの魅力を解説このページでは人気声優・早見沙織の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、早見沙織ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

久川 鉄道(ひさかわ てつどう)

CV:近藤孝行/豊崎愛生(幼少期)

じんたんたち超平和バスターズの一員で、メンバーからはぽっぽの愛称で呼ばれていました。

幼いころは小柄な少年であったことから、クラス内で仲間外れにされることが多くありました。

じんたんたちと一緒に遊び超平和バスターズの一員となってからは、メンバーの弟的ポジションとなり自らの居場所を見つけました。

現在は成長し、立派な体格となっていますが高校には進学せず、アルバイトで稼いだお金で世界中を放浪しています。

日本に帰ってきたときは、かつて超平和バスターズが秘密基地として使っていた家屋で暮らしています。

無邪気で人懐こい性格は幼い頃から変わらず、皆のリーダー的存在であったじんたんに対して今でも憧れを抱いており、「じんたんつえー」と感心することが多いです。

そのため、めんまが見えるというじんたんに対しても当初から肯定的でした。

幼少の頃、めんまが川に落ち衰弱しているところを目撃するも恐怖心から逃走、心の底でそのことに対してずっと罪の意識を抱いており、その現実から逃避するために世界中を放浪しています。

あわせて読みたい
豊崎愛生
声優・豊崎愛生の出演作を無料で見る方法!あきちゃんの魅力を解説このページでは人気声優・豊崎愛生の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、豊崎愛生ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

「あの花」の見どころ

「あの花」は少年少女の悩みや葛藤、友情を描いた今作品ですが、ここではその見どころについて紹介していきます。

物語にマッチした主題歌

この作品の主題歌はOPがGalieo Galileiが歌う「青い栞」、EDはZONEの「secret base~君がくれたもの~」を今作の声優である茅野愛衣さん、戸松遥さん、早見沙織さんが歌うオリジナルバージョン。

オープニングの「青い栞」ではどこか懐かしい田舎の夏の始まりを告げるかのような歌詞で爽やかな曲になっており、これから物語が始まるということを感じさせてくれます。

エンディングの「secret base」は楽しくも儚い青春の日々を思い出させてくれるような歌詞となっており、この物語の切なさをより際立たせ視聴者にさらなる感動を与えてくれます。

これらの曲は、誰もが子供の頃待ち遠しく思っていた夏休みと、もう夏も終わり秋がこれからやってくる切なさのようなものを感じさせられ、どこか懐かしくノスタルジックな気分にさせてくれることでしょう。

特にエンディングへの入り方がよく、物語の展開とその入り方によって涙腺が揺さぶられること間違いありません。

どこか感じる懐かしさ

この作品は少年少女たちが自らの過去、友情と向き合い超平和バスターズのメンバーのひとりである、めんまのために行動をはじめる物語。

そんな作中では、見ている側もどこか懐かしい思い出を感じられるシーンが登場します。

それは、秘密基地や携帯ゲーム機、超平和バスターズの幼少の頃のやり取り、夜聞こえる虫の音、空に上がってくロケット花火。

こういったものは皆幼少の頃にどこかしらで見たり、聞いたり、遊んだり、触れたり、感じたりしていることがあるもの。

そういった要素のひとつひとつが作品の世界観に懐かしさを与え、それらに対して成長した高校生であるじんたんたちが関わることで、見ている側にまるで成長した自分たちが関わっているかのような気分を感じさせてくれます。

また、成長して大人になり皆バラバラになったじんたんたちを見ていると、見ている側も思うままに何でもやっていたあの頃より大きく変わってしまったことを実感させられます。

こういった見方ができるのも、成長したじんたんたちが懐かしくも、もう戻れないかけがえのない思い出に触れるからだと言えるでしょう。

大人になっても持っていたい大切な様々な気持ちの数々を思い出させてくれます。

こういったところも、見どころのひとつであります。

ヒロインめんまの可愛さ

今作ににおけるヒロインとも言える立ち位置の少女めんま。

彼女は、幼少の頃不慮の事故で命を落としてしまい、数年の月日を経て幽霊としてじんたんの目の前に姿を現します。

じんたんの目の前に現れた理由は、彼女自身の中にある願い事を叶えてもらうため。

ときに走ったり、シャワーを浴びたり、蒸しパンを作ったりとおよそ幽霊らしからぬ行動の数々を繰り広げ、そして豊かな表情を見せてくれます。

じんたんの前に初めて現れたときには、めんまを夏の幻想だと思い込み、相手をしないじんたんにむくれた表情で訴えかけます。

元気で明るく天真爛漫な彼女は見ていてとても可愛いです。

それぞれが抱える想い

この作中に登場するキャラクターたちは、一人ひとりがさまざまな思いを抱えています。

胸に抱えた想いに対して、それぞれが向かい合って前へと進んでいく。

この物語の非常に大きな見どころのひとつです。

高校生という時期には、現実世界においても皆誰しもが悩み葛藤します。

それらの時を経験して、皆未来へと進んで行くのです。

そういった若者の心理描写がこの作品では非常に上手く描かれています。

昔はうまく出来ていたのに、成長してしまった現在ではもう昔のようにはいかない。

そんなことは現実世界でもたくさんあります。

超平和バスターズのメンバーの間に生じてしまった、埋めがたい大きな溝。

そして、そこに向き合おうとし始める少年少女たち。

しかし、彼ら彼女たちが失ってしまったものというものは非常に大きく、そう簡単に元に戻すことは出来ません。

そんな想いの根底にあるのは、誰かに対する恋心や、後悔、対抗心であったりとさまざま。

見ているうちに、それら少年少女の想いの数々に自身の中の経験を重ねてしまうことも少なくありません。

これらには、共感させられるところがあり、見ている側がより深く物語に引きこまれていく要因のひとつにもなっております。

こういった部分にも注目してみてください。

涙なしに見られないラスト

このアニメ最大の見どころはラストのめんまと超平和バスターズのメンバーの別れのシーンです。

めんま自身にも分からない彼女の本当の願いに悩みながらも、皆で再び仲良くなることが願いかもしれないと考えたじんたんたちはロケット花火を打ち上げます。

しかし、これも違いました。

そこで皆めんまの成仏に対して自分なりの身勝手な理由を抱いてしまっていた胸の内を吐露します。

めんまの願いを真剣に考えてあげられていなかった。

それに気づいたメンバーは後悔します。

気持ちをすべてさらけ出して泣き始める、あなるをきっかけに互いにあだ名で呼びあい和やかなあの頃の雰囲気が再び戻ってきます。

そして秘密基地に再び集う超平和バスターズですが、めんまにはもうあまり時間が残されていませんでした。

めんまの願いは既に叶っていて消えかかっていたのです。

ついには、唯一姿が見えていたじんたんにまで見えなくなってしまいます。

「めんま!!」と呼びかけるじんたんに対して、悲しげな声でかくれんぼだよ答えるめんま。

その声に反応し、皆めんまを探すため山の中を駆け回ります。

その間にめんまは、最後の力を振り絞り5人のメンバーそれぞれへ手紙を書きます。

めんまを探すうちにその手紙を見つける5人。

「もういいかい?」と叫び続けるメンバーの前に、「もういいよ。」と答え初めて全員の前に姿を現すめんま。

最後に全員でめんまを見つけ朝日と共に消えていくその姿は、涙なくしてはとても語れません。

バラバラになっていた超平和バスターズがやっとひとつとなれたのに、めんまは消えてしまうのです。

それでも、最後まで皆に心配をかけまいとし涙を堪えて別れの手紙を書くめんま。

めんまの字で書かれた5人それぞれへの手紙のシーンでもう涙腺がやられます。

そして、めんまが再び現れるシーンでそれがピークに到達することでしょう。

ここでは、これまでのメンバーの想いというものが痛いほど伝わってきます。

それほどまで、めんまという存在は5人にとってかけがえのない存在だったのです。

このシーンは作中における一番の見どころです。

実在するアニメ聖地

この作品では埼玉県の秩父に実在する場所の数々が登場しています。

それらの舞台の数々は実際に訪れることもできます。

アニメ放送直後は町ぐるみでライブが行われたりしていました。

また、アニメに登場するロケット花火打ち上げのモデルになった龍勢祭りも実際に存在しています。

この祭りは毎年10月の第2日曜日に行われており、過去には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とのコラボ企画が行われていたりします。

こういったアニメの舞台が現実世界に存在し、その作品中のキャラクターと同じ場所を訪れることができるというのはファンにとってはとてもうれしいことです。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」をみて興味を持ったなら、一度訪れてみてはいかがですか?

オープニングに出てくるシーンの数々や、感動の名シーンの場所などでキャラクターと同じような行動をしてみるのも楽しいですよ。

コスプレをしている人が訪れることもあるようです。

こういった現実世界にリンクした要素が存在するというところも今作の見どころのひとつですね。

秩父観光協会 龍勢祭り

「あの花」を無料で見る方法

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のテレビ放送は残念ながら201
1年6月に終了しています。

「それでもあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のアニメが見たい!」というときは、VODがおすすめです。

一部の動画サイトでアニメを観ることもできますが、違法アップロードされた動画は絶対に見ないようにしましょう。

dアニメストアやU-NEXTなら無料期間が31日あるため無料で見ることができます。

さらにdアニメストアなら無料期間が終わった後も月額400円で2600作品以上のアニメが見放題です。

是非チェックしてみてください。

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。