おすすめVOD

Amazonプライム・ビデオの無料お試し期間や申込方法を徹底解説

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは、Amazonの有料会員の特典で利用できるVODサービスです。

このページではAmazonプライム・ビデオの特徴やおすすめポイント、デメリットについて詳しく解説します。

無料でアニメを観るための注意点についてもわかりやすくご説明しますので、Amazonプライム・ビデオが気になっている方は、ぜひご覧ください。

Amazonプライム・ビデオの基本情報

まずはAmazonプライム・ビデオの基本情報を以下の表に整理しました。

Amazonプライム・ビデオの基本情報
利用者数 1億人以上(全世界のAmazonプライム利用者)
コンテンツ数 26,590本
サービス開始日 2015年9月
取扱いジャンル 海外映画・ドラマ、国内映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、バラエティ など
月額費用 400円(年会費3,900円)
支払方法 クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)
キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済)
無料期間 30日間
付帯サービス Amazonのお急ぎ便・日時指定便が使い放題
Prime Musicで音楽聴き放題
Amazonパントリー、プライムナウ など
視聴方法 テレビ:可(Amazon Fire TV、Fire TV Stick、スマートテレビ)
パソコン:可
スマホ:可(iPad、iPhone、iPod touch、Android、Fireタブレット、Kindle Fire)
ダウンロード 可(スマホのみ:対象タイトルのみ)

Amazonプライムの利用者数は全世界で1億人以上いて、これは全Amazon会員の3割ほどにも及びます。

AmazonプライムはVODサービスというよりもAmazonをより便利に利用できる有料会員システムという面が強く、Amazonが提供している様々なサービスを使うことができます。

アニメが視聴できるのは、Amazonプライム会員が利用可能な「Amazonプライム・ビデオ」というサービスです。

Amazonプライム・ビデオの運営会社

Amazonプライム・ビデオの運営会社
社名 アマゾンジャパン合同会社
設立 1998年9月
本社 東京都目黒区下目黒1-8-1 ARCO TOWER ANNEX
資本金 非公開
代表者 ジャスパー・チャン
従業員数 341,400人

Amazonプライムの日本での運営会社は、アマゾンジャパン合同会社です。

Amazonプライム・ビデオをはじめPrime Music、Amazon Drive、Androidアプリストアなど、 Amazonが提供する全てのサービスを運営しています。

2000年にAmazon.comの日本語版が公開されて以来運営を担っていて、ECサイトの運営会社として日本では最大手の企業です。

Amazonプライム・ビデオの主な特徴

パソコンでアニメを見ている男性

おすすめポイント

  • VODサービス以外にもメリットが沢山
  • 月額料金が安い
  • 見放題作品が豊富
  • PPV作品は購入もでき、DVDを買うより割安

先にもご紹介した通り、VODサービスの「Amazonプライムビデオ」はAmazonの有料会員サービスの一部です。

年会費3,900円のプライム会員に登録すると、Amazonのお急ぎ便や日時指定便が追加料金なしで使い放題になるなど、特典が沢山あります。

Amazonで買い物をすることが多い人がVODサービスを選ぶなら、Amazonプライムがオススメです。

月額料金が安い

Amazonプライムビデオの利用料は、月額400円か年会費3,900円から選択することができます。

他のVODサービスの利用料金は月額1,000円前後のものが多く、またAmazonプライムはVODサービス以外の特典があることも考えると、非常にお得な値段と言えるでしょう。

見放題作品が豊富

Amazonプライムビデオで配信されている作品には、見放題作品とPPV作品があります。

最新作や人気作はPPV作品になっていることが多いですが、見放題作品の数も豊富なため追加料金なしでも十分楽しむことができます。

また、AmazonプライムではPPV作品も「購入」と「レンタル」を選ぶことができます。

「レンタル」では300円〜500円ほど視聴開始から48時間見ることが可能、「購入」は2,000円〜4,000円ほどで作品をいつまででも、何回でも見ることができます。

お気に入りの作品は購入していつでも見られるようにしておくと、DVDを買うよりも割安に楽しむことができるのでオススメです。

公式ページはこちら

注意点・デメリット

  • 学生はPrime Studentの方がお得
  • 新作アニメの配信が少し遅い
  • 画質は他のサービスよりも劣る

Amazonでは、Amazonプライムの他にPrime Studentというサービスも提供しています。

Amazonプライムの学生版とも言えるPrime Studentは、年会費1,900円でAmazonプライムと同等以上の特典が受けられるサービスです。

Prime StudentでもAmazonプライム・ビデオの視聴は可能なため、現役の学生の場合はAmazonプライムよりPrime Studentに登録した方がお得なことを覚えておいた方がいいでしょう。

配信スピードや画質では他のサービスに劣る

AmazonプライムビデオはAmazonプライムのおまけ的な側面が強く、他のVOD専門のサービスより劣る側面もあります。

新作の配信スピードは他社よりも半月〜1ヶ月ほど遅れる場合が多く、画質も特別優れているとは言えません。

Amazonプライムは利用料の安さや他の特典に魅力を感じている場合には優れたサービスですが、VOD単体で優れたサービスを利用したい場合は他社を検討した方がいいでしょう。

Amazonプライム・ビデオの申込方法

Amazonプライムに申し込む時は、「プライム会員サインイン」または「30日間無料トライアル」から行います。

Amazonプライム・ビデオの申込画面

このボタンを押すと、ログインまたは新規アカウント作成画面に進みます。

Amazonプライムのアカウント作成画面

Amazonのアカウントを持っていない場合は新規アカウント作成に進み、名前、メールアドレス、パスワードを入力します。

次の画面で、支払い方法を選択します。

Amazonプライム・ビデオの支払い方法選択画面

「次へ進む」を押すと、住所の登録画面へ進みます。

Amazonプライム・ビデオの個人情報入力画面

住所を入力したあと確認画面へ進み、「プライム会員に登録する」ボタンを押すと登録完了です。

Amazonプライム・ビデオの申込内容確認画面

ちなみに、すでにAmazonのアカウントを持っている場合には、今までに使ったことのあるクレジットカードや住所の情報をそのまま流用できるため入力は不要です。

公式ページはこちら

無料期間についての注意点

タブレットを見ながら考え込んでいる女性

Amazonプライムは、無料期間である30日以内に解約手続きを行わないと自動で有料期間に移行するため注意が必要です。

また、Amazonで買い物をする際に決済画面でさりげなく「Amazonプライムに登録して購入」というボタンが出る場合があるため、誤登録にも注意しましょう。

誤って登録したことにすら気づいていなかった場合も、無料期間が終わると年会費が発生します。

ただし、有料期間に入ってからプライム会員向けサービスを一度も利用していなければ、この年会費は払い戻しを受けることが可能です。

年会費払い戻しの資格を満たしていれば、解約手続き後に自動で払い戻しがされるため、特別な手続きは不要です。

解約に必要な手続き

Amazonプライムの解約は、Amazonトップページの「ヘルプ」から行います。

ヘルプページに「Amazonプライムのキャンセル方法」という項目があるため、そちらを選択します。

項目のトップに「Amazonプライム会員登録のキャンセル」というボタンがあるため、それを押しましょう。

次の画面に出る「会員資格を終了する」を押して解約完了です。

Amazonプライムはこんな人におすすめ

ノートパソコンでアニメを検索している女性

Amazonプライムは、Amazonの利用頻度が高く、VODサービス以外の特典も利用したいという方にオススメです。

VODサービスとしては他社に劣る部分もありますが、格安の料金で豊富な特典を受けられるため、総合的にとてもお得なサービスです。

学生向けにはよりお得な「Prime Student」も用意されているため、学生さんはこちらを利用するのもオススメです。

公式ページはこちら

ABOUT ME
編集部
編集部
VODアニメ.net 編集部です。アニメの魅力を伝えて、アニメをもっと好きになれるメディアを目指して日々頑張っています。アニメって、ほんとうに素晴らしいですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。