アニメ見どころ

アクセル・ワールドのアニメを無料で見る方法!あらすじを解説

アクセル・ワールド

『アクセル・ワールド』は2012年4月~9月まで放送されたアニメで、原作ライトノベルは2009年2月から刊行が始まり、23巻までが既刊となっています。

また2006年7月には原作者である川原礫が続編制作を望んでいた背景もあり、劇場アニメ『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST』が公開されました。

このページでは、『アクセル・ワールド』のアニメのあらすじやみどころ、登場するキャラクターの詳細について、ネタバレを含みながら紹介していきます。

また最後には、『アクセル・ワールド』を無料で見る方法を紹介!

『アクセル・ワールド』をもう一度みたいという方や、黒雪姫の美貌を再度拝みたいという方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

アクセル・ワールドのあらすじ

2046年、ニューロリンカーと呼ばれるウェアラブルデバイスが普及した社会では、仮装ネットワーク上で様々なやり取りが行われるようになった時代。

東京都杉並区にある私立中学校に通う少年・ハルユキは、小柄で肥満体型、さらに内向的な性格も相まって、幼いころからいじめの対象にされる日々を過ごしていました。

毎日ビクビクしながら生活する毎日に現実を直視できないハルユキでしたが、唯一の楽しみとなっていたのが学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームでした。

ことスカッシュゲームにおいてはハルユキが上位を占有しており、記録も伸び続けているばかりで、ハルユキにとっての日常がそこにあります。

しかしある日、学校の副生徒会長を務めては、周囲から羨望の眼差しを集める上級生の黒雪姫から、謎めいた言葉を告げられることに。

その言葉に戸惑いながらも、ハルユキは黒雪姫に誘われるがまま謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされます。

かくしてハルユキは「バーストリンカー」となり、デュエルアバター「シルバー・クロウ」というもう一つの姿を手に入れ、「加速世界」の戦いに身を投じていくことになるのでした。

原作者はSAOを手がけた川原礫

『アクセル・ワールド』の作者は川原礫で、多くのアニメファンを虜にしている人気作品『ソードアート・オンライン』を手掛けているライトノベル作家です。

2002年から九里史生のペンネームでオンライン小説を投稿し始めると、自身のウェブサイトで公開していた『ソードアート・オンライン』が人気を博することになり、こちらは2009年2月から電撃文庫より刊行がスタート。

それ以前に、川原礫は2008年に『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞を受賞しており、2011年には10月に両作品のアニメ化が発表されるなど、鮮烈なデビューを飾っています。

『アクセル・ワールド』も2008年に小説投稿サイト「Arcadia」で攻打引(せめだいん)の名義で発表した『超絶加速バースト・リンカー』を改題したもの。

川原礫の原点はオンライン上での小説サイトとなっていて、現在も『ソードアート・オンライン』の執筆を中心としながら、ウェブ上や同人誌での作品発表を展開しています。

アクセル・ワールドの主な登場人物

有田 春雪(ありた はるゆき)

CV:梶裕貴

小柄で肥満の体系、そして内向的な性格を持っているのが有田 春雪で、小学生のときからいじめの標的にされる日々を送っていました。

毎日をいじめの恐怖に怯えながら過ごしていますが、そんな彼が唯一ストレスを発散できる場だったのが、学内ローカルネット内に接続されたスカッシュゲームです。

ゲームによって驚異的な反応速度が培われ、スコアも驚異的な数字をたたき出すほどでしたが、それがきっかけに黒雪姫から興味を持たれるきっかけとなることに。

しかしいじめを受けてきた過去から、好意的に接する黒雪姫だけでなく、幼馴染のチユリやタクムにも猜疑心を向けてしまうこともしばしば。

ただ本来は誰にでも気遣いができ、敬意を絶やさない心優しい性格を持っており、また何よりゲームを明るく楽しむという前向きな心を持っています。

黒雪姫から優先直結によって「ブレイン・バースト」をインストールされると、手に入れたのは銀色のデュエルアバターで、ゲーム世界では「シルバー・クロウ」と名乗り、様々な敵と対峙していきます。

あわせて読みたい
梶裕貴
人気声優・梶裕貴の魅力!代表的な出演作を無料で見る方法このページでは人気声優・梶裕貴の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、梶裕貴ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

黒雪姫(くろゆきひめ)

CV:三澤紗千香

「ブレイン・バースト」の世界では「ネガ・ネビュラス」を率いる黒の王、そしてハルユキたちの先輩でもあるのが黒雪姫です。

本名は明らかにされていませんが、黒雪姫と親しい間柄の人たちは「サッちん」「サッチ」などと呼ばれており、物語内でもハルユキに打ち明けている様子が描かれています。

ハルユキには興味を持つだけでなく好意を抱いており、自身が知らない女子生徒やレギオンの女子メンバーと親しくしているだけで不機嫌そうになるなど、そのヤキモチぶりはすさまじい様子が多々あります。

リアルでは微笑みで威圧するにとどまるものの、加速世界では建物やオブジェクトを腹いせに破壊するほどで、さらには独占欲も強い様子が窺えます。

使用しているアバターは黒のデュエルアバターで「ブラック・ロータス」と呼ばれており、加速世界の中にも数人しかいないレベル9のプレイヤー。

両手足が剣でできているため、防御すら攻撃になるほどの近接攻撃のスペシャリストであり、「絶対切断属性」によってどんな破壊不能オブジェクトですら破壊可能な攻撃力を持っています。

倉嶋 千百合(くらしま ちゆり)

CV:豊崎愛生

ハルユキの幼馴染で、いじめを受けている彼を心配していることから、色々と世話をやいて面倒を見ているのが倉嶋 千百合です。

ハルユキと黒雪姫が親しくすることを好ましく思っていませんでしたが、それ以上に幼馴染2人が何か秘密をつくっていることを怪しんでいました。

タクムと小学5年生のころから付き合っていますが、チユリ本人は幼い頃の分け隔てない関係に戻りたいと臨んでおり、2年生の進級を機に再び対等な関係に戻ることに。

加速世界でのデュエルアバターは彩度の高い緑色を持ち、さらには極めて希少な「時間遡行」の能力を持つ「ライム・ベル」を使用します。

またゲームに疎いながらも、様々な思索を巡らせて行動に移る策士として活躍することが多々あり、戦闘でもアバター性能から後方支援を担当することが多くなっています。

あわせて読みたい
豊崎愛生
声優・豊崎愛生の出演作を無料で見る方法!あきちゃんの魅力を解説このページでは人気声優・豊崎愛生の詳しいプロフィールや魅力、代表的な出演作をご紹介いたします。また、出演した作品を今すぐ見ることが出来るVODもご紹介いたしますので、豊崎愛生ファンの方や気になっている方は是非チェックしてみてください。...

黛 拓武(まゆずみ たくむ)

CV:浅沼晋太郎

ハルユキの幼馴染で、小学生のころから始めた剣道をこよなく愛する少年が黛 拓武です。

幼馴染2人とは別の中学校に進学しており、そこで1年生ながらと剣道大会優勝かつ成績優秀という突出した能力を見せて付けますが、これは全て「加速」を利用したもの。

しかしポイントが枯渇寸前となり、その打開策としてブラック・ロータスを買って膨大なポイントを稼ごうと画策すると、幼馴染であるチユリを踏み台にして不正アクセスを繰り返すようになります。

ハルユキはタクムの正体に気づくと、それまで心に堪った劣等感や負の感情を爆発させて叩きのめし、その後に彼の勧誘もあってレギオン「ネガ・ネビュラス」へと加入します。

使用するデュエルアバターは近接型で耐久力にも優れている緑よりの青色を持つ「シアン・パイル」で、右腕にパイルバンカーが装着されているのが大きな特徴になります。

アクセル・ワールドの見どころ

舞台設定は『SAO』から約20年後の世界

『アクセル・ワールド』の作者は川原礫となっており、彼の代表作といえば、誰もが口をそろえて『ソードアート・オンライン』と応えるでしょう。

VR・AR技術がまだ黎明期だった『ソードアート・オンライン』の物語から約20年後、技術が大きく発展した2046年以降の東京都23区で『アクセル・ワールド』が展開されています。

ただ作者からは明確に同一世界線に存在していることが明言されておらず、それでも『ソードアート・オンライン』との共通点・関連性は随所に存在しています。

それら共通点を探してみるのも一興で、本当に同一世界線に存在している物語なのかどうかを確かめてみるも面白いかもしれません。

黒雪姫と出会ったハルユキの人間的成長

主人公のハルユキは、それまでいじめを受けて続ける毎日を送ってきましたが、黒雪姫との出会いで日々が一変することに。

ハルユキは特に小柄で肥満体型である自分の外見を強く嫌っており、好意的に接してくる黒雪姫に対しても、最初は猜疑心を持って接します。

しかし直結優先で「ブレイン・バースト」をインストールされると、彼女の心は本物であることに気づき、何より新しい世界に導いてくれたことに恩を感じるほどでした。

そのことから、加速世界ではブラック・ロータスに仕える忠実な戦士として振る舞い、黒雪姫だけでなくネガ・ネビュラスに敵意を向ける相手には、容赦なく攻撃を仕掛ける様子が描かれています。

また一方で、チユリとタクムの幼馴染2人と黒雪姫からは、人間性を高く評価されており、加速世界全体を見渡しても好感を得ています。

同時にバーストリンカーとして経験したできごとを通して成長していく様子もあり、仲間たちが傷つけられると激しい怒りを見せることがあります。

幼馴染3人の関係が悪化・修復されていく

TVアニメ『アクセル・ワールド』では、ハルユキ・チユリ・タクム3人の幼馴染の関係がこじれている様子、そして修復されている様子が描かれています。

最初の場面では強い猜疑心から誰も信じることができないハルユキの人間的様子が描かれて、その中で徐々に前向きな成長を見せていきます。

やがてハルユキとタクムは対峙することになり、戦いの中で和解するようになっては、以降信頼できる関係へと元通りになるのでした。

しかし自分の知らないところで物ごとが進んでいることが気に入らないチユリが、2人を問い詰めたことにより、幼馴染3人は全員バーストリンカーになります。

新しく「ネガ・ネビュラス」のメンバーとなったチユリでしたが、能美の狙いに気づいてわざと従うふりを選びながら行動するようになり、再び3人の関係は険悪なものに。

しかし最終的にチユリの行動が全て演技だったことが明らかになると、幼馴染3人は幼いころの仲睦まじい関係を取り戻すこととなり、ようやく関係も平穏なものとなります。

ハルユキの成長を促す黒雪姫の存在

「ブレイン・バースト」をインストールした者、インストールされた者の間柄は「親と子」という表現が用いられており、基本的に両者は強い絆で結ばれていることが多くなっています。

黒雪姫はハルユキに興味を持ち、加速世界へ誘うことになりますが、両者の間でもインストールされて新しい世界に感動したハルユキは、黒雪姫に対して忠実な態度を示すだけでなく、何より感謝の気持ちを持って振る舞っています。

その後も2人の関係は親密に発展していきますが、黒雪姫は随所でバーストリンカーとして成長を促すため、ハルユキに様々な言葉をかけています。

黒雪姫は最初からハルユキの人間性の高さを評価していますが、戦いの中で成長していく彼の姿に感心している様子も。

その様子はまさしく本物の親子のようなものになっていますが、やがて恋仲へと発展していく2人の関係も注目しがいのある部分となっているため、必見です。

アクセル・ワールドを無料で見る方法

『アクセル・ワールド』のアニメ放送は終了してしまいましたが、原作ライトノベルは現在も刊行が続いており、続きの物語が気になるばかりです。

「黒雪姫先輩の美貌に酔いしれたい!」

そんな時にはVODがおすすめで、いつでも好きなタイミングで『アクセル・ワールド』を視聴することができます。

dアニメストアなら『アクセル・ワールド』のTVアニメシリーズだけでなく、劇場版アニメも配信されているため、作品をとことんまで楽しむことができます。

またAmazonプライムでも同様で、『アクセル・ワールド』を始めとした様々なアニメを視聴することができるだけでなく、お得な買い物サービスが付帯しているためおすすめに。

ぜひおすすめのVODをチェックしてもらって、ハルユキの成長ぶりを楽しみながら、黒雪姫の美しさに酔いしれてみてくださいね。

ABOUT ME
みつお
みつお
コーラとポテチうすしお味は最強の組み合わせ!中学時代からアニメ・ゲームの魅力に溺れてしまい、今や2次元に触れなければ禁断症状が出てしまうように。近所のコンビニで一番くじが一瞬で無くなったら、きっとそれは私の仕業です。
アニメ好きにおすすめのVOD第1位とは
最新ランキング

今はスマホさえあれば、いつでもどこでも最新アニメを見られる時代。とはいえ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はどれも似たようなサービスばかり・・・

そこで、年間500本以上のアニメを見ている管理人がおすすめVODベスト3を選抜! あなたにぴったりなVODがきっと見つかりますよ。

最新のランキングはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。